【悲鳴】発売翌日すっからかん(泣)【3COINS】「購入制限してほしかった」「価格バグってる」限定節分グッズ2選

  • 2022年04月14日更新

こんにちは!100均巡りと素敵なインテリア写真を見るのが好きな、ヨムーノライターのmochiです。

3COINS(スリーコインズ)は、季節限定のアイテムが大人気!今回は節分グッズがたくさん発売されて、SNSでも話題沸騰中!

毎年争奪戦の節分グッズをなんとか手に入れたので、ご紹介したいと思います。

毎年一瞬で完売するスリコの節分グッズ

スリコの季節限定アイテムは可愛いデザインとプチプラ価格で、毎年大人気!今年の節分も、待ち望んだ人たちで争奪戦となっています。

私は発売翌日にスリコに足を運んだのですが、欲しいものは売り切れて、出遅れてしまいました(泣)。

SNSでも、お店に寄るも棚がすっからかんで、メルカリをチェックする方も...。購入制限していたら、もう少し出会いやすかったのかも!?

今回かろうじて入手できたのはタペストリーとブランケットの2点。どちらも節分がより楽しい行事になる工夫がされたアイテムでした♪

節分をゲーム感覚で楽しめる!大人も子どもも夢中になるタペストリー

「豆まきタペストリー 550円(税込)」は、大きなポケットが付いたタペストリーです。この大きなポケットに豆を投げ入れて、誰が一番多く豆を入れられるかを競い合って遊べます!

ゲーム感覚で豆まきができるのはもちろん、「家じゅうに豆が散らからない」という嬉しすぎるメリットも♪

  • 素材 ポリエステル60%、綿30%、レーヨン10%
  • サイズ 約高さ70×幅60cm
  • 洗濯不可

シンプルなのに可愛さがにじみ出たデザインは、スリコさんらしいですね。豆まきゲーム以外にも壁飾りにしてインテリアにしたり、撮影の背景として使ったりするのもおすすめです。

突っ張り棒でどこにでも取り付けられる

タペストリーの上にリングが2つ付いているので、突っ張り棒で壁に取り付けて使えます。我が家では引き戸の入り口部分に設置してみました。

豆がたっぷり入る大きなポケット

3つのポケットは広めのマチがあって、型崩れしにくい生地になっています。夢中で豆まきをしても安心ですね♪

各ポケットは、大人の手がまるまる入るビッグサイズ!子どもが投げても豆が入りやすいように考えられていました。

シンプルでかわいいイラスト付き

的のイラストは、こどもも喜んで豆を当ててくれそうなかわいいお顔です。豆を当てながら、節分がさらに盛り上がること間違いなしですね♪

出しっぱなし推奨!実用性も高い縁起物

節分といえば、恵方巻も縁起物として食べられていますね。「ぬいぐるみ?」と思うかもしれませんが、実は「恵方巻ブランケット 550円(税込)」なんです!

  • サイズ 全体:約縦70×横103cm 具材:約縦19×横9cm
  • 素材 ポリエステル100%
  • 洗濯機洗いは洗濯ネットを使用して、(弱)で洗ってください

のり巻きにしか見えないブランケットは、70×103cmのビッグサイズ!サイドはあえて白色を出して、のりとご飯をよりイメージできるようになっていました。

具材は小さめで、ブランケットに差し込んで使うだけ。あえてくっついていないので、好きなところに差し込んで楽しむことができます。

節分フォトに大活躍!

約35cmの赤ちゃん人形を入れてみました。おくるみとして使いながら具材をはさめば、恵方巻の完成です!ただし実際に乳幼児に使用する場合は、顔に布がかからないように使用してくださいね。

ブランケットとしての実力も◎

ブランケットの生地は、表も裏もふわふわ仕様です。節分が終わっても、ひざ掛けとしてヘビロテできます。シンプルなカラーなので、年齢性別を問わず使えるのもうれしいポイント。

節分に使うことにとどまらず、普段使いのことまで考えられていました!スリコさんのアイデアは本当にすごいですね。

スリコの節分グッズは争奪戦必須!早めに手に入れて

3COINSの「豆まきタペストリー」と「恵方巻ブランケット」をご紹介しました。どちらもいつもの節分が盛り上がるアイテムです。

私が購入したときも、たくさんの人が節分グッズを見ていました。争奪戦となっているので、ぜひ最寄りのスリコでチェックしてみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※掲載している内容は店舗により取り扱いがない場合や販売を終了している場合がございます。

【あわせて読みたい】節分 おすすめ記事

節分は豆まきなどを行って悪鬼を払い、無病息災を願う日本古来の行事です。節分の由来や歴史、豆をまく意味を解説します。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ