“キス職人”のコン・ユに釘付け!「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」のキスシーンまとめ!

  • 2022年04月19日更新

こんにちは、エンタメライターのタケダミツルです。

韓国で2016年12月より放送された「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」。

異例の高視聴率を獲得し、“韓国のゴールデングローブ賞”とも呼ばれている「百想芸術大賞」をはじめ数多くの賞を総ナメにした出来事が、まだ記憶に新しいという方も多いのではないでしょうか。

そんなトッケビに散りばめられた名シーンのなかで、いっそう注目したいのが「キスシーン」です。主演のコン・ユが、日本テレビ「今夜くらべてみました」で高畑充希さんに“キス職人” として絶賛されていた俳優ということもあって、トッケビには魅力的なキスシーンが詰め込まれています。

今回は、「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」よりキスシーンを抜粋して紹介します。これを読めば、「キスシーンだけを連続して観る」なんていう贅沢な観方もできるようになります!

“キス職人”として名高いコン・ユ

先にも述べたとおり、トッケビ主演のコン・ユは、キスシーンが魅力的な俳優としても知られています。

それは共演した女優にとっても例外ではないようで、かつて「コーヒープリンス1号店」でコン・ユとのキスシーンを経験したユン・ウネは「(8年が経った)今でもそのシーンを見ると、ワクワクするほど私の記憶に焼き付けている最高のキスシーンだ」と言っています。演者すら虜にしてしまうコン・ユのキスシーンは、もはや惹き込まれないほうが難しいのかもしれません…。

トッケビ以外にコン・ユのキスシーンが観たい方は、「コーヒープリンス1号店」「あなたの初恋探します」「男と女」といった作品がおすすめです!

見逃せない!トッケビのキスシーンは何話にある?

「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」には、コン・ユ演じるキム・シン(トッケビ)とキム・ゴウン演じるジウ・ウンタクをめぐるキスシーンが、第6話、第10話、第12話、第13話、第15話にあります。どれも魅力的なシーンなので、気になった方はじっくり確認してみてください。シーンの概要とともに紹介していきます!

※注意 ここからはネタバレを含みます

第6話 予想外の初キスシーン

最初のキスシーンは、ウンタクがシンの身体に刺さった剣を抜くシーンから。

剣に触れられない理由を考えていたウンタクが突然、「何が必要か分かった。呪われた王子と一緒なのよ」と言ってシンに口づけします。

シンはもちろん、視聴者も存分に不意をつかれる初キスシーンとなっています!

(冒頭)

第10話 イチャイチャからのキスシーン

成人したウンタクがシンにおねだりして連れて行ってもらった屋台でのシーン。

酔いがまわったウンタクは、いまのロマンチックな状況にキスだけが足りないとシンに迫ります。

シンは時間を止めて逃れようとしますが、トッケビの花嫁であるウンタクには効きません。最終的には「最初から諦めてる」と言ってシンのほうからキスします。イチャイチャからのキュンとするキスシーンですね。

キスの後に「完璧だわ」と笑うウンタクが可愛らしいです。結局、今回もウンタクの思い通りでした。

(1分30秒頃)

第12話 証明写真機でのあしらいキスシーン

狭い証明写真機でのキスシーンもあります。

ウンタクから証明写真機のなかに呼び出されたシンは、少しでもウンタクと長く話そうと、新しい話題を投げかけて粘ります。

しかしそれを優しくあしらうかのように、ウンタクからキス。颯爽と証明写真機から出るウンタクを、シンは名残惜しそうに見送ります。

突然のキスに動揺して、支離滅裂なことを口走ったり、ニヤニヤしながら「毎日来たいな」って言っちゃったりするシンに、キュンとした方も多いのではないでしょうか?今回のキスシーンもウンタクの独壇場でした。

第13話 戦いに向かう前の情熱的なキスシーン

第13話は、緊迫感のある屋上でのキスシーン。「今夜くらべてみました」で高畑充希さんも挙げていたシーンです。

因縁の相手パク・チュンホンとの戦いを決意したシンは、ウンタクを屋上に置いてから戦いの場所に向かおうとします。

しかしシンが去り際、というかもう去った後です。画面からフェードアウトしたにもかかわらず、戻ってきて半ば強引にウンタクへキスします。不意打ちに心の準備ができなかったという視聴者の方も少なくないはず。斬新なカメラワークが印象的なキスシーンです。

悲しい運命を予期したかのような情熱的なキスシーンは、ファンの心を鷲掴みにしました!

(3分10秒頃)

第15話 ふたりの気持ちが通じあう濃厚キスシーン

クライマックスが近づく第15話にはキスシーンが散りばめられています。

まずは、記憶を取り戻したウンタクがシンのことを思い出すシーン。

シンの呼び出し方も思い出したウンタクが、店先にあるロウソクの火を吹き消して「あなたに会いたい」と叫びます。そしてシンが現れ、ウンタクと待望のキスを交わすのです。遠い存在になっていたふたりが再び巡りあう、涙を誘うキスシーンです。

そして遮られるものがなくなったふたりは、キスの頻度も上がっていきます!

韓国に帰る前には軽いキスを、韓国で再会した後は甘くて濃厚なキスを交わします。最後のキスには、互いが互いを愛おしくてたまらないという気持ちが滲み出ています。

(3分50秒頃)

「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」には、魅力的なキスシーンが目白押しです。キスシーンだけでも十分楽しめますが、ストーリーと合わさるともっと心を揺さぶられるシーンになることでしょう!私たちの心を掴んで離さないキス職人コン・ユから、これからも目が離せません。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ