使ってみたら「アレ微妙かも!?」【ダイソー】画期的なアイデア風「ごちゃごちゃ解消」冷蔵庫収納

  • 2022年04月12日更新

こんにちは、ヨムーノライターの白石柊です。

冷蔵庫の中って意外と細々したものが多くて、気づいたら迷子になっていて、賞味期限切れだった……なんてことがありますよね。
そんな冷蔵庫のごちゃごちゃを整理するのにとっておきなのが冷蔵庫トレー。

ダイソーで購入したので早速使ってみました。

ダイソー 冷蔵庫収納トレー クリップ型

クリップのついたトレーになっているので、付け方は簡単です。
冷蔵庫の横板にクリップを挟めば設置完了です。

クリップの太さは割と大きめなので、比較的どんな冷蔵庫の横板にも付けられそうですね。 簡単に取り付けられて、また移動も手軽なので、いくつか買って並べて使ってもいいかもしれません。

容器が乳白色で中のものが見やすい

容器はシンプルな乳白色です。物を入れると透けて見えるので、自然と目に入りやすく使い忘れにくいですね。引き出しを開けなくてもどのぐらい内容量が入っているのかもわかるから、冷蔵庫を開けるたびに注目してしまいます。

難点もいくつか発見!

サイズはやや小さめ。入れるものを選ぶかも?

冷蔵庫に取り付けた感じはいいのですが、容器のサイズはやや小さめ。
ハムを入れたらそれでいっぱいになるぐらいです。

冷蔵庫のすきまを利用した引き出しなので、あまり大きすぎてもよくないのはわかるのですが、入れるものをけっこう選ぶかも?

ちなみに卵なら6個です。

引き出しを思いっきり引くと、中のものを落としてしまうかも?

クリップ型のトレーとはいえ、クリップは棚板に引っかかっている程度。トレーを引くとクリップ部分の支えが少なくなりすぐ落ちてしまいます。場合によってはトレーを引いた勢いで中のものを落としてしまうかもしれません。

クリップの上に物をのせると引き出しにくいかも?

クリップの上に物がのっていると、クリップ部分の動きが悪くなります。そうなると、引き出しにくい印象がありました。

ちなみに、クリップの上にトレーをのせて物を置いてもやっぱり干渉があり、引き出しにくい印象。あくまで簡易的なトレーといった感じです。

ただ、大きな冷蔵庫の中にこんな小さな引き出しがちょっとあるとやっぱり便利です。
細々したお菓子や個装されたバターなど、ちょっとしたものを入れておくと、知らないうちに奥の方に入ってしまって忘れていた、迷子になって見つからないなんてことはなさそうですね。細々したもの置き場にはおすすめです。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ