【小児歯科医に聞く】全国6万件以上ある歯科医院の中から子どもにとっていい歯医者さんを見つけ出すポイントってあるの?

  • 2022年01月29日更新

小児歯科専門のクリニック・キッズデンタルを運営する坂部潤先生に子どもの歯のケアについて聞く連載。

虫歯の多発時期なうえに、歯の生え変わりが起きる3〜6歳ごろはかかりつけの歯科医院を持っておきたい時期といいます。 でも、日本にある歯科医院は6万件以上。その数はなんとコンビニよりも多いって知っていましたか?

たくさんある歯科医院の中から、子どもに合った先生やクリニックにめぐり会うために、どんな視点でかかりつけ医を探せばよいのか、坂部先生に教えてもらいました。

小児歯科の専門医はかなり少ない

子どものかかりつけ歯科医を探すうえでまずポイントになるのは、小児歯科学会に認められた小児歯科専門医を取得している先生です。
でも小児歯科専門医は全国で約1200人しかいません。大学病院など、初診でかからない病院で働く人を除けば、1000人にも満たないのではないでしょうか。

歯科クリニックは通いやすい場所であることも重要ですから、小児歯科専門医をかかりつけ医にできる子どもは一部に限られてしまうのが現実です。

標榜する診療科をチェック

続いて気にしてほしいのは、そのクリニックの先生が標榜している診療科です。歯科医は「歯科・矯正歯科・小児歯科」など、標榜できる診療科が法律で決まっていますが、その中でどれを標榜するのかは各医師に委ねられています。

つまり標榜する診療科=その先生が診たいと思っている診療科なので、小児歯科をうたっている先生は、子どもを診る意思があると判断して良いと思います。

技術の良し悪しよりも分かりやすさ

実際のところ、良し悪しはあるとは思いますが、患者さんが見極めることは難しいですよね。ただ少なくとも一定の勉強を経て歯科医師免許を取得しているので、ある程度は同じだと考えても良いと思います。

それよりも子どもを診てもらう場合には、予防や治療について分かりやすく説明してくれるのか、歯医者を嫌いにならないように対応できているか…などを判断するほうが良いでしょう。

虫歯の有無などの医学的判断は、法律上歯科医がすることになっています。歯磨き指導など、診療以外のことであれば問題ありませんが、最後のチェックは歯科医がするというのを知っておくといいかもしれません。

診察のあとのご褒美には意味があった!

治療や検診のあとにガチャガチャが回せたり、くじがひけたりとご褒美をあげる歯科医院は多いですね。 マーケティング的な意味合いももちろんありますが、実はご褒美をあげるのは「トークンエコノミー法」といって、心理学の行動療法としても有効なんです。

頑張ったら良いこと(=ご褒美)があるという体験が積み重なり、子どもが「また通いたい」と思ってくれるので、スムーズな処置が行えたり虫歯予防にも有効です。この方法は歯科医の教科書にも出ているぐらいなんですよ。

口コミも大切だけど自分の目で確かめて!

歯科医院は、地域に根差していることがほとんどなので口コミは重要です。ただ、個々のニーズは違うということを忘れないでほしいと思います。例えば「予約が取りやすい」というニーズを満たすクリニックであっても、違う目でみれば「人気がない」ということもいえます。

個室がいいのか見通しがいい環境がいいのか…というのも歯科医によって考えはさまざまです。
個室で人に見られたくないとか、矯正などお金の話をするのにプライバシーが守られるという患者さんは多いですが、見通しがいいほうが安全性は高いですよね。

また3歳以上になると子ども1人で治療を受けるのか、親も一緒に診療室に入るのか、というのも大きなポイントです。子どもの自立のために1人で入らせるというパターンもありますが、診療後に「どんなことをしたの?」と聞いても答えられないとか、麻酔の有無もわからないのはNGです。

合わなければ変えてもOK

矯正の途中などよほどの事情がない限りは通っていた前のクリニックからの情報は不要です。また歯科医院の間でカルテを共有するシステムなどはないので、以前にどこのクリニックに通っていたかという情報も共有されません。

少なくとも私の場合は、転院してしまう患者さんもいればほかのクリニックから来る患者さんもいますし、よくあることなので合わなければ転院を考えていいと思います。

虫歯で治療が必要になると変えにくいですから、そうなる前に子どもに合ったかかりつけ医を探しておきたいですね。例えば3ヶ月に1回、検診目的でいくつか気になるクリニックに行ってみて合うところを探すのも手だと思います。

***

自身のクリニックを立ち上げるときには、ベビーカーでの入りやすさなどアクセスも重視するという坂部先生。物理的にも気持ちの上でも通いやすい歯医者さんを見つけて、おやこで虫歯予防を無理なく続けていきたいですね。

関連する記事
【コストコ】必要なのは“水”だけ!汚れない、片付け超ラク~&子どもドハマり!!「字の練習」アイテムが神過ぎることを発見♪
【幼児教育のプロ直伝】お金も特別な技術もいらない!いますぐ始められる「子どものやる気をどんどん引き出す」3つの必殺ワザ
【理系脳を育てる】バチッときたら子どもの知的好奇心をふくらますチャンス!静電気ってなあに?電気とどう違うの?

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ