カトラリーぐちゃぐちゃ(涙)をウソみたいに解消!「さすがtower」「取り出しやすさの秘密は斜め」

  • 2022年03月19日公開

こんにちは!快適・ワクワクをお届けする生活雑貨のリビングートから、スタッフのキノコがお届けします。

皆さん、カトラリーの収納ってどうしていますか? サイズも種類も多いカトラリー、気付くと数が増えてしまって上手く収納できない!なんてことはありませんか? お箸はともかくスプーンやフォークは思いの外かさ張ってしまって、場所も取るんですよね。

というわけで今回ご紹介するのは、そんなカトラリーを美しく整理して、取り出しやすく収納できるアイテムです!

tower

立体斜めカトラリーケース

1,485 円 (税込)

※紹介している商品は、ヨムーノで販売しているのではなく、各サイトでの販売になります。各サイトで在庫状況などをご確認ください。 ※記載の情報や価格については執筆当時のものです。価格の変更の可能性、また、送料やキャンペーン、割引、クーポン等は考慮しておりませんので、ご了承ください。

カトラリーを分類して引き出しに収納

カトラリーの収納というと、ケースやコップに立てて収納している方もいらっしゃると思いますが、引き出しの中にしまっている方も多いのではないでしょうか。

引き出しに収納する場合、カトラリーすべてを同じ場所にまとめて入れてしまうと、中でごちゃ混ぜになってしまい取り出す時にわかりづらく、見た目も悪くなってしまいますよね。

なので、カトラリーケースを使ってこのように種類ごとにわけて収納するのがおすすめです。

今注目のカトラリーケースはコレ!

tower 立体斜めカトラリーケース

ご紹介するtowerの「立体斜めカトラリーケース」は、そんなカトラリーケースの中でも、機能性にもう一工夫持たせた優れモノ!

山崎実業の「towerシリーズ」といえば、シンプルでスタイリッシュな見た目の魅力もさることながら、その利便性の高さが話題となっていますよね。 このカトラリーケースも、もちろんtowerシリーズならではの「便利さ」と「オシャレさ」が共存しています。

斜め収納で取り出しやすさ抜群&省スペース

付属の仕切り板を取り付けると、カトラリーが斜めに重なるように収納できます。 そのため、一目で何があるかわかりやすく、取り出すときにもサッと手に取れるようになっているんです。

重ねて収納できるので、省スペース収納になるのもポイント。

しかも仕切り板は透明なので、重なっている部分も収納物がよく見えます。 下の段に何が入っているのかわからない!ということがないので、種類の違うものを同じケースに入れても混乱しません。

フォークだと思って取り出したらスプーンだった…なんていうちょっとしたストレスがなくなります!(よくやるのは私だけ?)

ケースには仕切り板を差し込むための溝が1.75cmずつ入っています。 3枚の仕切り板を、カトラリーの長さや柄の厚み等に合わせて細かく調節しながら設置できます。

仕切りのないケースだと、サイズによっては隙間が生まれてしまうことも多いですが、これならピッタリサイズに調整できるので無駄もありません。

ただし、引き出しのサイズ(高さ)によっては、あまり角度をつけすぎると引き出し上部に干渉してしまうことがありますのでご注意ください。

ケース自体もスリム形状なので、複数で組み合わせても使いやすいです。 カトラリーの種類ごとに分けるもよし、サイズ別で分けるもよし!お好みの使い方で、引き出し内を使いやすく整えられます。

まとめ

カラーはtowerシリーズの特徴とも言える白と黒のモノトーン2色がありますので、ご自宅のキッチンのイメージに合わせて選べます。 清潔感のあるホワイトも、クールなブラックも、どちらも捨てがたい!

散らかりがちな引き出しの中を、スッキリ整理整頓できる「立体斜めカトラリーケース」、是非お試しください。

tower

立体斜めカトラリーケース

1,485 円 (税込)

※紹介している商品は、ヨムーノで販売しているのではなく、各サイトでの販売になります。各サイトで在庫状況などをご確認ください。 ※記載の情報や価格については執筆当時のものです。価格の変更の可能性、また、送料やキャンペーン、割引、クーポン等は考慮しておりませんので、ご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ