口の中が焼けそう!?【かつや】新作「辛出汁チキンカツ」にチャレンジャー求む!

  • 2022年04月02日公開

こんにちは!飲食チェーン店のお持ち帰りメニュー年間100食以上食べ比べを家族で楽しむヨムーノライターの相場一花です。

数ある飲食チェーン店でも、ガッツリと食べたい時にすぐ選択肢としてあがるのが「かつや」。お会計の時にもらえる「100円割引券」を使って、かつやループしています。

今回は2022年3月25日に登場した、かつや「辛出汁チキンカツ」をお持ち帰りしてきましたので、紹介します!

かつや「辛出汁チキンカツ」って?

かつや「辛出汁チキンカツ」は、かつやファンに愛されていた販売終了した「赤辛カツ丼」の進化系という位置付けの期間限定品。

「赤辛カツ丼」との違いは、辛い中にも出汁の旨味も味わえ、さらに鶏ひき肉とにぼし粉を加えた魚粉香る一品に仕上がっているのだとか。

「赤辛カツ丼」は、想像以上に激辛ですさまじい辛さ度合いでしたが、「辛出汁チキンカツ」の辛さはどうなのか気になりますね。

今回登場したのは、以下の通り。

【店内メニュー】

  • 辛出汁チキンカツ丼・・・649円(税込)
  • 辛出汁チキンカツ定食・・・759円(税込)
  • 辛出汁チキンカツ単品・・・539円(税込)

【テイクアウトメニュー】

  • 辛出汁チキンカツ丼弁当・・・637円(税込)
  • 辛出汁チキンカツ弁当・・・745円(税込)
  • 辛出汁チキンカツ単品・・・529円(税込)

終売日についての公式アナウンスはありませんが、在庫がなくなり次第終了とのこと。かつやは商品サイクルが早いので、気になったら早めに試してみてくださいね。

今回は、「辛出汁チキンカツ丼弁当」と「辛出汁チキンカツ単品」を持ち帰りました。

かつや「辛出汁チキンカツ丼弁当」637円(税込)の正直レポ

燃えるように真っ赤な、かつや「辛出汁チキンカツ丼弁当」637円(税込)。見るからに辛そうですね。このビジュアルで辛くなかったらびっくりします。

容器込みで578g。ボリュームもばっちりですね。

赤い辛出汁をひとくちつまみ食いしてみると、辛すぎて何が何だかわからない位に口の中がヒリヒリとします。

カレーで例えると、辛口カレーよりは辛く、本格グリーンカレーよりは辛さが幾分まし、といったところ。

私には辛すぎて魚粉の風味は味わえませんでしたが、夫は「めちゃくちゃ魚粉がきいてるね」と言っていました。

辛出汁が辛すぎる分なのか、チキンカツは噛めば噛むほど、肉の旨味と甘さを感じられました。チキンカツ+少々の辛出汁がついているだけでも、舌がヒリヒリするような辛さ……。

ごはんにも辛出汁が染み込んでいるため、ごはんも激辛です。

飲み物がないと完食は難しいかな。私はそうでしたが、辛さが得意な人ならば、やみつきになる辛さ。夫は、容器の下の方にたまってしまった辛出汁を、自宅で用意していた温野菜につけながら食べてました。

「辛いから食べない方がいいよ」といったのにも関わらず、食べたそうにしていた6歳の息子にも食べてもらったところ……

「口の中が太陽がギラギラと照り付けて焼けるような辛さ」と、詩人のような感想を残していました。ひとくち食べて、ギブアップ。とにかく辛いんです。辛いのが大好きな人には、おすすめです。

かつや「辛出汁チキンカツ単品」529円(税込)の正直レポ

かつや「辛出汁チキンカツ単品」529円(税込)も持ち帰ってきました。辛いのが好きな人は丼弁当や弁当よりも単品の方がおすすめです。

というのも、辛出汁がチキンカツにどっぷりと浸かっているからです。辛出汁がごはんにも染み込んでいる、丼弁当や弁当よりも辛さが増しているように思います。激辛グルメを好むなら、単品一択ですね。

激辛好きさんは、かつやへ行こう!

かつや「辛出汁チキンカツ」は、劇的に辛い商品。激辛グルメ大好きな人も満足できる逸品に仕上がっています。

終売日はいつまでかのアナウンスはありませんが、期間限定品です。近々かつやへ立ち寄る予定があれば、チェックしてみてくださいね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ