だから1人で食べられないって!(泣)【デカ盛りカレー屋】がキテる!「豚の角煮入りはズルい」絶品2選

  • 2022年04月23日公開

こんにちは!飲食チェーン店のお持ち帰りメニュー年間100食以上食べ比べているヨムーノライターの相場一花です。

全国区の飲食チェーン店もいいですが、地元住民ですらあまり知られない個人の飲食店にも魅力を感じています。

私の生活圏内でデカ盛りグルメを探していたら、千葉県柏市逆井にある「咖喱夢(カリーム)」の情報をキャッチ。なんでも、デカ盛りカレーを楽しめるのだとか。

今回は、「咖喱夢(カリーム)」のカレーメニューをお持ち帰りしてきましたので紹介します。

咖喱夢(カリーム)について

咖喱夢(カリーム)は、東武野田線「逆井(さかさい)」駅から徒歩15分程度の場所にお店を構えています。

店舗は小さくて、周囲には飲食店があるような雰囲気のない場所。お店自体はまったく目立たないため、何度も目の前の道路を通っている私も長らく気が付きませんでした。

お店へ行ってみたいなという方は、同じ道路沿いに「柏市立逆井中学校」が目印になりますよ。

店舗の営業時間は、11時~15時(日曜・祝日のぞく)とほぼランチタイムのみ。

基本的にはイートインする人がほとんどのようですが、店舗に直接電話したところ、お持ち帰りもOKでした。私は家族と一緒におうちカレーしたかったので、お持ち帰りすることに。

本当にデカ盛り!咖喱夢(カリーム)「ビーフカレー(大盛)」700円(税込)の正直レポ

まずは、「ビーフカレー(大盛)」700円(税込)を持ち帰りました。通常盛りは600円(税込)でした。見た目はあまり大盛り感がないものの……

「ごはん、圧縮され過ぎ!」。思わず笑ってしまいました。

ちなみに、ごはん容器の厚みはこんな感じ。底上げなし。といっても、写真では重要感が伝わりにくいかと思いますので、ごはんの重さ(ふた以外の容器の重さ込み)を測ってみました。

491gもありました。私はこれまで幾多のコンビニやスーパーで販売されているお弁当の重さを測ってきましたが、491gよりも軽いお弁当はたくさんあったことを想い出しました。

なので、咖喱夢(カリーム)のごはん量の重さは半端ではない……と感じています。

カレー(ふた以外の容器の重さ込み)の重さは、365gでした。計865gのビーフカレー(大盛)……。

お皿の上にビーフカレーを盛ってみると、ものすごいボリューム。とてもじゃないけど、ひとりで完食するのは難しそうです。

ビーフカレーの具材(牛肉とじゃがいも)のサイズも大きい!

辛さの表記がなかったのでドキドキしながら口にしましたが、レトルトカレーの甘口といったところで辛さについてはなんとも感じませんでした。

どろっとしているカレーで味は「家庭で作ったカレー」。本格カレー店にありがちな謎のスパイシーさはなく、安心できる素朴な味わい。我が家の子ども達もバクバクと食べてました。

ほどよく噛み応えのある牛肉。他に入っていた具材はじゃがいものみでしたが、物足りなさはなし!特段固くはなかったため、引っかかりなく食べられました。

「ビーフカレー(大盛)」は、私+子どもひとりで食べるとちょうどいいくらいの分量。これで700円(税込)だなんて、コスパも良いなと思います。

とろけるような豚角煮!咖喱夢(カリーム)「ポークカレー(大盛)」700円(税込)の正直レポ

つづいて、「ポークカレー(大盛)」700円(税込)も持ち帰り。具材は豚の角煮とじゃがいも。相変わらずごはんの圧縮度がすごいですね。

カレー(ふた以外の容器の重さ込み)の重さは、351g。重量は「ビーフカレー(大盛)」と同じくらい。

だからひとりで食べきれないって!と思えるようなデカ盛りカレー。といいつつも、夫は「めちゃくちゃお腹が空いていたらひとりでもいけそう」と言ってました。

ビーフカレーと同じく、辛さの度合いは「レトルトカレーの甘口」といったところ。子どもでも余裕で食べられますよ。

個人的に感動的においしかったのが、豚の角煮。とろけるような口あたりで、甘みも感じられるのです。単品購入したいくらいに気に入りました。

咖喱夢(カリーム)は千葉県柏市にある隠れたカレーの名店

千葉県柏市には、カレーの名店も多数ありますが、咖喱夢(カリーム)も隠れたかれ名店ではないかと思います。家庭的なカレーをコスパ良く堪能できるので、お得感もあります。

また、今回注文していませんが、激辛口な「カシミールカレー」700円(税込)もあります。辛いカレーが好きな人も満足できるでしょう。

立地条件はよくないものの、お店の前には駐車場があります。柏方面へドライブがてら、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ