ヒルナンデスで話題!【ダイソー】「スニーカーケアアイテム3選」"汚靴"を濡らさず洗える!?「さよなら泥んこスニーカー♪」

  • 2022年05月17日更新

こんにちは、ダイソー通いが止まらないヨムーノライターの乃々です。

あたたかくなってきましたね。お出かけが増えたり、週末には出かけようと予定を立てている人もいるのでは?
自然と触れ合ったり、外を沢山歩くときはスニーカーがあると便利です。
スニーカーは汚れやすいですが、なかなか洗うのが億劫だったりしますよね。
なるべく簡単にお手入れして、お気に入りのスニーカーを清潔にきれいに長く愛用したいものです。

そこで今回は、ダイソーで揃えられる「スニーカーケアアイテム3選」をご紹介します!

水がいらない!濡らさずに済む「スニーカーシャンプー」  

・容量:50ml
・価格:110円(税込)

日本テレビ「ヒルナンデス!」でも紹介された「スニーカーシャンプー」。
水を使わずにスニーカーを綺麗にすることができます。

フタを開け、スポンジをスニーカーに押し当て液が出てきたら、泡立つようにこすります。
傷つかないように優しくゴシゴシしていきます。
そのあとは、乾いた布ですぐ拭き取れば掃除終了!
水を使わなくていいって、ラクチンでいいですよね♪

気になる汚れをスッキリ落とす「スニーカーソールクリーナー」

・容量:50ml
・価格:110円(税込)

ソールの掃除に特化したクリーナーです。
ソールは気付くと真っ黒に汚れてしまいます。ソールが汚れると、スニーカー全体が汚く見えてテンション下がりますよね。
そんな時はこれを使ってきれいにしましょう♪

スポンジやクロスに泡を出して、ソール部分を洗います。
すすぐか濡らして絞った布で拭けばおしまいです。

日々のお手入れならコレ!「スニーカー用ブラシ」

・110円(税込)

スニーカーはホコリや汚れが付くと目立ちますよね。
そんな時でも、ブラシがあればホコリやチリを落としたりすることができます。
クリーナーを泡立てて洗うことにも使えますよ。
使い終わったら陰干しします。

スニーカーを洗ってみました♪

ホコリや砂で汚れてしまったスニーカーを掃除してみました。
比較のため方足のみ綺麗にしてみます。

まずは、ブラシでホコリや砂を落としていきます。
ブラシは手にフィットして持ちやすい大きさですね。 

次は、スニーカーシャンプーの出番です。

「スニーカーシャンプー」のスポンジ部分を押し付けて泡立てます。
思ったより泡の出が少ないですが、液が出ていることがわかります。
優しくこすったら、直ぐに拭き取りましょう。

スニーカーシャンプーで全部を洗ってもいいのですが、せっかくだからソール部分には、「スニーカーソールクリーナー」を使いましょう。
泡タイプなので、押すと泡が出てきます。
ブラシに付けてゴシゴシソールを洗っていきます。

ふんわりやわらかい泡ですね。
靴の裏もゴシゴシ綺麗にしていきます。
水で洗ってもいいですし、塗らしたタオルでぬぐってもOK。

比較してみましょう。クリーナーを使って綺麗になったスニーカーが左です。
汚れで白くなった黒いスニーカーがピカピカの元の黒に戻りました。

次は、靴裏も見てみましょう。
左がクリーナー使用後です。
新品に近いピカピカ具合で大満足。見違えるように綺麗になりました。
もっと早くに掃除してあげればよかったと反省!

スニーカーを流水で流したり、バケツに水を組んでジャブジャブ洗ったりしなくていいから、乾きも早い!
掃除の時短になりますね。

クリーナーでスニーカーをピカピカに♪

今回の記事では、ダイソーで揃えられる「スニーカーケアアイテム3選」をご紹介しました!

子どもがいたり、人数が多い家では、きっと大活躍間違いなし!
アウトドアで汚れたり、学校で使って手汚れたスニーカーをピカピカにできます♪
3つ合わせても330円は安い!

コンパクトサイズだから下駄箱や玄関の隙間に置いておけますね。
スニーカーをよく使う人は、是非クリーナーを使い、お手入れをより簡単にしてみてください。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ