これは大革命!【ダイソー】「繰り返し使えてお得!」「え、除菌まで!?」キッチンペーパー5選徹底比較

  • 2022年05月05日公開

キッチンで主張はしないけれど、ないと困るものといえば「キッチンペーパー」。 「安かったら何でもいい、コスパ重視」という人もいると思いますが、実はキッチンペーパーはここ数年でかなり種類や機能が増えているんです!

その中でも圧巻なのはダイソーのキッチンペーパーコーナー。

ダイソーのキッチンペーパーコーナーを覗けば、今のキッチンペーパー界が見えてくる!それぞれの特徴と、独断と偏見のおすすめ度数をご紹介します。

肌ざわりのいいキッチンペーパーは意外な使い道!?

ティッシュペーパー大手の「エルモア」とダイソーがコラボ。そんなキッチンペーパーは、まさかの「肌ざわり」に特化!正直、キッチンペーパーに肌ざわりが必要なのか、筆者は分かりませんでした(笑)。

ティッシュより強度があるから鼻紙にもおすすめ

ただ他のキッチンペーパーと違って、フワッと感や柔らかさは格別。これはもう……上質なティッシュペーパーでは!?レベルで肌ざわり抜群です。

例えば、このキッチンペーパーならそのまま鼻紙としても使用するのに全く抵抗はありません。
花粉症の時に「もう少し強度のあるティッシュがほしい」という人にもこちらのキッチンペーパーはおすすめ。

ただ、キッチンペーパーとして使用するには、今まで使っていたキッチンペーパーよりも強度が落ちました。柔らかいですからね……。

キッチンペーパーに肌ざわりを求めている人もきっといるはず!探していたら、ダイソーにありますよ!価格は150組入りで110円(税込/2022年4月現在)です。

‐ おすすめ度:★★☆☆☆

SDGs!環境にやさしい成分50%入りペーパータオル

こちらは、環境に配慮されたペーパータオル。バガスとはあまり聞き覚えのない言葉ですが、「サトウキビの搾りかす」のことです。砂糖などを作るのに使用した後のサトウキビの搾りかすを50%も使用。だからエコなんですね!

現在、SDGsなどでも提議されているように森林の伐採は解決しなければならない問題なので、これはまさにその手助けになるペーパータオルといえそう。

心配な吸収性は……キッチン使用でもまったく問題なし!

「キッチン」とは記載がありませんが、キッチンでももちろん使用可能。紙質は若干ゴワゴワしていますが、パリッとしていて本当に軽い!サトウキビの繊維はこんなに軽いんだなぁと感心しました。水分もよく吸ってくれそう。

実際に使用して見ると、

キッチンで使用する分にもまったく問題なく、水分や油の吸収も今まで使っていた普通のキッチンペーパーとそん色ありません。

わが家の中学生と「環境問題」について考えることがよくあるので、今まで使っていたキッチンペーパーには少し罪悪感がありましたが、これなら気持ちよく使えました。リピ確定です!価格は150枚入りで110円(税込/2022年4月現在)です。

‐ おすすめ度:★★★★☆

濡れたら除菌効果!?ペーパー業界革命起こる?

こちらはキッチンペーパーではありませんが、ダイソーのキッチンペーパーコーナーに一緒に並んでいることが多い「除菌99%ペーパータオル」です。ウェットティッシュなのかな、と思いきや「ドライ」と書かれていてびっくり!

洗面所にぴったり!キャンプや非常袋も入れておきたい

コロナ禍の今、手を洗った後に手消毒もするという流れが多いと思いますが、このペーパータオルを置いておけば、手を洗ったあとに、

①共有タオルを使わなくてすむ
②手を拭くついでに除菌できる

という2つの感染予防ができます。

わが家でも、懸念していた共有タオルを取り除き、こちらの除菌ペーパータオルで対応することにしたところ大好評。

これによりタオルからの感染を防げるのがすばらしい。非常時にも役に立ちそうなので、非常袋にも1つ入れておくことにしました。キャンプの時も役に立ちそうですね。120枚入りで110円(税込/2022年4月現在)です。

‐ おすすめ度:★★★★★

え、水に流せるペーパータオル!?これは、あそこに!

こちらも画期的!ダイソーの「水に流せる」ペーパータオル。近所のダイソーではキッチンペーパーコーナーに並んでいました。

注意書きとして「本品は水洗トイレに流してください」と書かれているので、流していいのは「水洗トイレのみ」。ということは、やはりトイレに置いておくのがベストですね。

手を拭いた後、トイレットペーパーと一緒に流せる!

以前から掃除をするとき「トイレで流せるもう少し強度あるペーパーがあればな」と思いながら、トイレットペーパーで掃除などをしていました。こちらのペーパータオルで掃除をしてみたら、強度もありそのまま流せて本当にラク!

さらにわが家は、トイレの手洗い場にも感染が心配な共有タオルがあったので、この「水に流せるペーパータオル」にチェンジしたところ、スッキリ解決。

手を拭いたらそのまま丸めて便器に投げ込み終了。なんという安心感、なんという簡単さ。また、うっかり、トイレットペーパーを切らしてしまっても、これがあれば何とかなるかも!?というおまけ付(笑)です。

こちらもリピ確定!100組入って110円(税込/2022年4月現在)。

‐ おすすめ度:★★★★★

洗えるキッチンタオル!もうタオルって言っちゃってます!

こちらはダイソーの「洗える!キッチンタオル」です。こちらだけロールタイプで、60枚巻きで220円(税込/2022年4月現在)と、ダイソーの中ではちょっと高級。

「洗って2~3回程度使えます」とパッケージに書かれているので、どのくらい強度があるのか試してみました。

使い倒して見ると、強度が尋常じゃなかった!

まずは手始めに、「①洗った野菜の水分」をとります。わが家では、サラダにする野菜は切った後に水洗いし、その水分をいつもキッチンペーパーで拭きとります。こちらのダイソーキッチンタオルは、吸収力もあり1枚で十分水分を拭きとることができました。

さて、使用後は洗って、「②テーブルにこぼしたコーヒー」を拭きました。ぬれていましたが、すっきりコーヒーの水分を吸い取ってくれました。

それにしても、かなり汚れてしまって普通のキッチンペーパーならばもうここでさようならですが、洗ってみたところほぼコーヒーの染みがとれました。

そして全然破れる気配がないので、ひっぱってみたら……、なんだこの強度は!
けばだつ感じもないし、破れる気配もまるでありません。2回洗いましたが、パッケージに書いているより長く使えそうです。

最後は、夕飯調理後に、キッチンリセットにキッチンの汚れを拭きまくりましたが、まだまだ使えそうです。もっと使いたいならここで洗った後に除菌スプレーをふきかけておけば、翌朝も使えそう。そのくらい強度がありました。

とにかく、ペーパーではありません。これは「タオル」です!

‐ おすすめ度:★★★☆☆

(使い勝手は良いですが、ポリプロピレンが入っているのが環境的に気になるので、少しおすすめ度は低めにしました。)

ダイソーキッチンペーパーは予想以上にすごかった!

ダイソーのキッチンペーパーは、使ってみたら予想以上にすごいキッチンペーパーばかりでした。これだけ個性のあるものが揃っていたら「実は我慢していた」という何かを解決してくれるものがきっとあるはず!ぜひ、気になるものがあれば試してみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

こちらもどうぞ

人気記事ランキング 24時間PV集計
ダイソー キッチン

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ