ケンタッキーから浮気しちゃう!?【業スー】「台湾風フライドチキン鶏排」リピするの?しないの?「ちょっと個性派」チキン沼にご注意

  • 2022年05月25日更新

こんにちは、業務スーパーをこよなく愛するヨム―ノライターのきなこです。 大容量でコスパのいい食材がそろう業務スーパーですが、そのなかでも新商品を見つけて食べてみるのが楽しみのひとつです。

目新しい商品を見つけると、どんな味がするのかワクワクしませんか(笑)

ここでは、先日見つけた業務スーパーの商品「台湾風フライドチキン鶏排(ジーパイ)」をご紹介しています。

業務スーパー 台湾風フライドチキン鶏排(ジーパイ) 451円(税込)

原産国は中国で、赤いパッケージが目印です。
あらかじめ加熱してから包装されていますが、食べる際は油で揚げて仕上げます。

1個あたり64円!

内容量は450gで私が購入したものでは全部で7個入っていました。 ためしに1個あたりのグラムを計ってみると60g~85gほど。

個体の重さによって数は変わってくると思いますが、私が購入したもので1個あたり64円! さすがは業務スーパーさん、コスパはいいですね。

ちょっと大きめサイズの唐揚げ

1袋に小さめサイズから大きめなものまで入っていますが、全体的には「ちょっと大きめの唐揚げ」という印象です。

凍ったままのサイズですが、小さめのもので6㎝くらい、一番大きいサイズでも8㎝ほどで、イメージとしてはコンビニのレジ横スナックの「ななチキ」や「ファミチキ」よりも全体的に小さめですね。

香辛料の香りは強め

袋を開けた瞬間から、独特の香辛料の香りを強く感じました。

お恥ずかしながら台湾グルメはスイーツくらいしか食べたことがなく、初めての香り……。 漢方のようにも感じる独特の香りは好みが分かれそうな印象も……。

パケ裏を見ると「下味をつけた鶏もも肉に、独自配合のスパイスで香りと辛みを加えました。」と記載されていました。

独自配合のスパイスの内容までは原材料に記載がなかったので、うまく表現ができませんが、かなり特徴のある香りです。

油で揚げてみました

業務スーパーの台湾風フライドチキン鶏排(ジーパイ)の調理方法は油で揚げるだけです。

  • 170℃のたっぷりの油で凍ったまま、2個あたり約6分揚げる

  • フライパンに少量の油で、凍ったまま2個ずつ入れ、片面ずつ裏返しながら加熱する

2通りの調理方法が紹介されていますが、私はたっぷりの油で揚げました。

実際に揚げてみると、ときどき油が跳ねるので調理の際にはご注意ください。

また、使用後の油は商品の赤い色や独特の香りが移るので、使いまわしができなさそうです。

業務スーパー 台湾風フライドチキン鶏排(ジーパイ)の正直レポ

それではいただきます。

1つ食べてみると、ファーストインパクトはやはり独特の香辛料の風味が強く辛め…!

「ものすごく辛くて食べられない!」というほどではありませんが、小さなお子さんはやめておいた方がいいくらいの辛さです。

お肉は厚みがあってジューシー感もあり、外側のカリッとした衣の食感は◎。 ただ、独特の香辛料の香りはやはり好き嫌いが分かれそうです。

ビールによく合うような印象のフライドチキンで普通においしいですが、個人的には正直なところリピするほどでもないかな…という感想です。

家族の感想も賛否あり

今回、一緒に食べた夫の感想は「おいしいし、嫌いじゃない味」とのこと。

そして、大学生の息子は「全体的に油っぽい、コーラが飲みたくなる味、あまり好きじゃない……」という感想でした。

ということで、わが家では好き嫌いが顕著に現れる結果となりました。

業務スーパーの台湾風フライドチキン鶏排(ジーパイ)は大人向けなチキン!

業務スーパーの台湾風フライドチキン鶏排(ジーパイ)は、スパイシーで独特の香辛料が特長的なフライドチキンでした。 個体差はあるものの、全体的には少し大きめの唐揚げサイズで1個64円とコスパは◎。

ビールによく合うようなスパイシーな辛さは大人向けで、万人受けするお味ではありませんが、好きな人はハマるおいしさだと思います。

もちろん味の好みは人それぞれ、あくまで個人の感想ですので興味のあるかたはぜひおためしくださいね。

 

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ