見た目がカルディすぎる!【業務スーパー】世界遺産から直輸入「シュンドルボン」って何者

  • 2022年05月19日公開

こんにちは、業務スーパー大好きなヨム―ノライターのきなこです。

業務スーパーは「コスパのいい冷凍食材が豊富」というイメージをお持ちのかたも多いと思いますが、実は海外直輸入のオーガニック商品もあるのをご存じでしょうか。

そこで今回ご紹介するのは業務スーパーではちょっとめずらしい、オーガニックはちみつです。

ここでは業務スーパーのオーガニックはちみつ「シュンドルボンの雫」とオランダ直輸入の「ストロープワッフル」をご紹介したいと思います。

業務スーパー シュンドルボンの雫 598円(税込)

内容量500g入り。

インドから直輸入のオーガニックピュアハニーです。

カルディコーヒーファームにあってもおかしくないほどおしゃれなパッケージに、思わずひとめぼれしてしまいました!

オーガニックはちみつは、一般的に高価なイメージですが、さすがは業務スーパー。 500g入りで598円(税込)と手に取りやすい価格設定もうれしいポイントです。

※はちみつは1歳未満の乳幼児には絶対に与えないでください。

シュンドルボンって?

商品名の「シュンドルボン」とは、世界遺産に登録されたマングローブの世界最大級の群生地帯なんだとか。 そこで、採取されたはちみつが「シュンドルボンの雫」です。

世界遺産で採れたはちみつとは特別感がありますね。

開けてみると、カンロ飴にも似た香りでいい匂い。 色味も一般的なはちみつより濃いカラメル色です。

ひと口舐めてみると、第一印象は「甘すぎないはちみつ」。

もちろん、ちゃんと甘いのですが、一般的なお安いはちみつにあるような、のどの奥につく甘さがなく、飴のようにそのまま食べていたい…という衝動にかられます(笑)

ヨーグルトやパンケーキにかければ、ワンランクアップしたお味がたのしめますよ。

今回は優雅なおうちティータイムということで、コーヒーに入れて飲んでみたいと思います(笑)

そして、このティータイムのお供は、業務スーパーのストロープワッフル。

価格は280円(税込)

全部で8枚入りです。 なんと1枚あたり35円!

ストロープワッフルは薄いクリスピーワッフルを半分にスライス。 そこにとろりとしたキャラメルシロップをサンドしたオランダの伝統菓子です。

オランダでの定番の食べ方は、温かい飲み物を入れたカップの上にのせ、温めて食べることなんだそう。

今回は優雅なティータイムを味わうために、コーヒーにティースプーン1杯のシュンドルボンの雫を入れて、その上にストロープワッフルを置いてみました(笑)

ちなみにストロープワッフルのサイズは直径約8㎝。 これよりも大きい口のカップだと乗せられないのでご確認ください。

シュンドルボンの雫とストロープワッフルの実食レポ

まずはシュンドルボンの雫を入れたコーヒーは、後味に抜けるはちみつの香りがいいですね。

入れる量にもよりますが、ティースプーン1杯くらいだと甘さの主張はさほどなく、はちみつのいい香りだけがプラスされる感じです。 使用したのはスーパーで売っている普通のドリップコーヒーですが、ちょっと高級感が増すような気分になります(笑)

コーヒーとはちみつの相性はバツグンです。

続いて、カップの上に置いて温めたストロープワッフルを実食。

こちらは、コーヒーの蒸気でワッフル生地がしっとり。

温めずにそのまま食べてもしっとり系の食感なので、それほど大きな変化はないですが、なかのキャラメルシロップがねっとりとした食感でおいしいです。

海外の輸入菓子は甘さが強いという印象もありますが、こちらはほどよい甘さなので◎。

ストロープワッフルはオーブントースターで焼くのがおすすめ

ストロープワッフルは温めて食べるとおいしいとのことで、オーブントースターで2~3分ほど熱を加えてみました。

焼きたては柔らかいのですが、少し時間が経つとワッフル生地はカリッと食感になり、ふんわりシナモンの香りが戻ってきます。 なかのキャラメルシロップだけがトロリと柔らかでねっとり。

このねっとり食感がかなりクセになるおいしさです。

個人的には、ティーカップの上にのせるよりもおいしい食べ方だと思います。

業務スーパーのアイテムで優雅な時間を楽しんで

今回は、業務スーパーのオーガニックはちみつ「シュンドルボンの雫」と「ストロープワッフル」をご紹介しました。 シュンドルボンの雫は、甘さにクセやくどさがなく、高級感も感じる1品。

ストロープワッフルはねっとり食感が魅力で、ティータイムのお供にぴったりなお菓子です。 ぜひ業務スーパーで見つけたらおためしくださいね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ