長い髪はまとめちゃおう♡誰でも簡単「初夏のヘアアレンジ」12選

  • 2022年05月16日更新

ヘアアレンジで目指せ涼しげ美人♡

日中は汗ばむ陽気の日が増えてきましたね。日々蒸し暑さが増すこれからの季節、長い髪はスッキリまとめて涼しげ美人を目指しましょう!

そこで今回は、初夏の陽気に似合う、ロングさん向け簡単ヘアアレンジをたっぷりとご紹介します。ぜひチェックしてください。

涼しげ美人な「定番系アップヘア」

1.スッキリうなじ美人「くるりんぱアレンジ」

初夏にぴったりな清涼感溢れるアップヘアです。トップの髪をくるりんぱすることで、一手間かけたようなニュアンスを。お仕事ヘアとしてもおすすめですよ。

①耳より上の髪を結んでくるりんぱ。
②全ての髪をまとめて、輪っか状に結ぶ。
③毛先を結び目に巻きつけて、ピンで留める。
④細かくほぐしてルーズ感を出したら完成です。

2.ゴム一本でラクラク「ぱぱっとお団子ヘア」

ゴム一本で作れるお手軽アップヘアです。時間がない時や出先でもパパッとアレンジ完成!今回は、仕上げにヘアクリップを飾っていますが、なくてもOKなのでお好みで使い分けてくださいね。

①低めの位置でまとめ、輪っか状に結ぶ。
②ほぐして立体感を出す。
③残った毛先をねじって巻きつけ、最後はゴムに入れ込む。
④お団子をほぐしてボリュームアップ。
⑤ヘアクリップを飾ったら完成です。

3.大人可愛い「三つ編みお団子」

大人可愛い印象のまとめ髪です。ベースが三つ編みなので崩れにくく、毛量が多い方や長い方でもスッキリまとまります。仕上げのヘアアクセサリーはお好みで。

①ハーフアップを作る。
②ほぐしてボリュームを出す。
③残りの髪を二等分して、それぞれ三つ編みにしてほぐす。
④三つ編みをくるっと丸めてピンで固定する。
⑤バランスを整えたら完成です。

4.キリッと知的な「夜会巻き風アレンジ」

キレイめアレンジの定番・夜会巻き。やや難易度高めの夜会巻きですが、こちらのテクニックを使えば誰でも簡単に再現できます。知的な印象に見せたいときにピッタリなアレンジです。

①一つに結ぶ。
②横方向にくるりんぱ。
③もう一度同じ穴でくるりんぱ(毛先は通しきらず入れ込む)。
④落ちてこないようにピンで固定する。
⑤軽めにほぐす。
⑥バランスを整えたら完成です。

トップでまとめてうなじをスッキリ見せる!

5.アクティブで可愛い「高めお団子」

ボリューム感が可愛いお団子ヘアです。フィッシュボーンにしてからお団子にすることで、ゆるっとルーズな質感に。高めの位置でまとめているので、首まわりもスッキリ涼しげ、暑い季節にぴったりなアレンジです。

①耳より高めの位置で全体をまとめて結ぶ。
②毛先をフィッシュボーンにする。
③フィッシュボーンをほぐしてボリュームを出す。
④根元に巻きつけてピンで留める。
⑤ほぐしたら完成です。

6.おくれ毛がポイント「ゆるふわお団子」

あえて毛先を残すことで、ラフでこなれた印象に。ピンを使わず、飾り付きのゴムでまとめるのもポイントです。アレンジ前に32ミリのコテで巻き、スタイリング剤を馴染ませています。

①高めの位置でまとめて、輪っかお団子を作る。
②飾り付きのゴムで固定する。
②全体をほぐしてボリュームを出したら完成です。

不器用さんでもできる!ヘアクリップアレンジ

7.ルーズ感がポイント「バンスクリップアレンジ」

ピンもゴムも不要、バンスクリップ1つでできるアップヘアです。30秒もあればアレンジできるので、忙しい朝や急なお出かけにも◎。細かく丁寧にほぐすのがおしゃれに仕上げるポイントです。

①つむじより下の位置でまとめて、ねじりながらお団子にする。
②毛先を少し垂らして根元をバンスクリップで固定する。
③細かくほぐしてボリュームを出す。
④バランスを整えたら完成です。

8.上品華やか「編み込みシニヨン」

編み込みがベースになったシニヨンアレンジです。ほぐしを控えめにしてスッキリと涼しげな印象に。編み込みにすることで崩れにくくなるのも嬉しいポイントです。上品な印象なのでオフィスヘアとしてもおすすめ。

①編み込みする。
②襟足まで編み込んだら毛先まで三つ編みにする。
③三つ編みをほぐしてボリュームアップ。
④お団子状に丸めて根元をバナナクリップで固定する。
⑤バランスを整えたら完成。

バリエ豊富!「ポニーテール」

9.シルエットが自慢!「骨格美人ポニー」

地毛でのゴム隠しは難しくて苦手!そんな方にぴったりな、飾りゴムを使ったポニーテールです。トップに高さを出すことで、どの角度から見ても美しい仕上がりに。絶壁が気になる方にもおすすめのテクニックです。

①手ぐしでまとめて一つに結ぶ。
②こめかみともみあげに後れ毛を作る。
③ほぐしてボリュームを出す。
④飾り付きゴムで結ぶ。
⑤バランスを整えたら完成。

10.進化版「ドーナツポニー」

定番・ゴム隠しポニーの進化版「ドーナツポニー」。ゴム隠しの部分を、ドーナツのように丸く仕上げるのがポイントです。ベースの髪はストレートでも巻き髪でも、どちらでも可愛いですよ。

①低めの位置で一つに結ぶ。
②毛束を少量とり、ゴムの中に入れ込む。
(全部通し切らないのがポイント)
③ゴムの上の毛をほぐして整えたら完成です。

11.お呼ばれにもおすすめ「華やかポニー」

サイドをロープ編みにして華やかさアップ!ちょっとしたお呼ばれにも対応できる大人な雰囲気のポニーテールです。全体を軽く巻いてからアレンジしてくださいね。

①サイドを残して結ぶ。
②サイドの髪をロープ編みにして、ゴムに巻きつけてピンで留める。
③反対サイドも同様に。
④ほぐして整えたら完成です。

12.個性派「三つ編みポニー」

ポニーテールと三つ編みを組み合わせたアレンジです。いつものポニーテールに一手間加えることで、グッとこなれた雰囲気に。ちょっと気分を変えたいときにもぴったりなアレンジです。

①中間くらいの高さで一つに結ぶ。
②毛先をキツめに三つ編みにする。
③三つ編みの上にヘアゴムを通していく。
④ベースの髪だけ軽くほぐしたら完成です。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ