ニトリの"ティッシュケース"が汚部屋を理想のリビングにしてくれたよ。「スキマにねじ込むだけ」で一発!

  • 2022年05月25日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

電源コードのぐちゃぐちゃ、リビングで場所を取るし見栄えも悪いし困りますよね。

ニトリマニアのおちびさんは、そんな気になる配線をニトリのティッシュケースを使って上手に収納しているそう。そのメリットや使い方について伺いました。

マニア発案!意外アイテムで配線ごちゃごちゃ解消!

早速、ニトリの意外なアイテムを使って、電源タップを収納するアイデアを紹介します!

今回解決したいのは、配線ごちゃごちゃ問題!

生活感が出る配線周り。コードがごちゃごちゃしていて埃も溜まるし、見た目もあまりよろしく無いですよね…。

かといって専用の収納ケースはおしゃれですが、割とお値段がする!ちなみに山崎実業は楽天市場で2,900円で売ってました(泣)。

それを今回は、ニトリのあるものを代用して600円以下で収納してしまおうと思います!

え、代用品ってまさかティッシュケース!?

そう、今回私が収納ケースの代用品として見つけたのはニトリのティッシュケースです!!

  • 商品名:ティッシュボックス ライラ3 BR 508円(税込み)

ニトリでもとても人気な「ライラ」シリーズ。ナチュラルな雰囲気で素敵ですよね。

ティッシュボックスだけでなく、カラーボックス用の収納ボックスやトイレ収納アイテム、ゴミ箱やマガジンラックなどさまざまなアイテムが販売されているので、収納アイテムはライラシリーズで統一することもできます♪

ペーパー素材でできていて、ラタンなどの自然素材よりもはるかに値段が安くて丈夫!そして扱いやすいのも人気の理由です。

さっそく電源タップを入れてみよう!

さて今回収納する電源タップは、絶賛愛用中のニトリの「USBポート付2口節電タップ 1,799円(税込)」。

直接USBケーブルを差し込めるほか、こだわりの機能満載!語るときりがないので、詳しくはこちらから読んでくださいね(笑)。

ライラシリーズを最推しする理由はこれだ!

ライラシリーズは、前述したとおりペーパー素材なんです!

なので、ティッシュボックスの側面の網目を上下にグイッと広げると、穴が開き、ここからコンセントを通せるのです!(拍手)

  • ティッシュボックス:幅27cm×奥行き15cm×高さ9.5cm
  • 使用した電源タップサイズ:幅18.2cm×奥行き4.6cm×高さ2.7cm

イイ感じ!
奥行きは少しスカスカしていますが、充電中のスマホを立てかけたり、プラグなどを収納したりと活用方法はたくさんあるので問題ないです♪

広げたところはまた元に戻るので、ご安心を!コンセントがしっぽみたいに出て可愛いですよね。

ティッシュの取り出し口は「プラグの差し込み口」に早変わり!

電源タップをティッシュの取り出し口の下にくるように位置を調節すれば、ボックスを開けなくても、取り出し口からスイッチのON/OFFを切り替えることができます!

取り出し口からだとプラグがさせない場合は、フタを開ければスムーズに差し込めます。フタが本体と繋がっているので開閉も楽ちんです♪

意外なアイテムで配線問題を解決!

ニトリマニアのおちびさんの配線収納アイデアを紹介しました。

専用の収納ケースの価格が高くて躊躇していた方、ニトリのティッシュボックスで代用するこのアイデアなら、たった508円で実践出来ちゃいますよ!

もちろん本来のティッシュケースとしても高見えで使いやすさ抜群!よかったらチェックしてみて下さいね。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがあります のでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ