【今期注目ドラマ】ズブズブ…「#恋マジ」松村北斗さん演じる“沼男子”って何!?目が離せない理由を激アツ解説【妄想爆発!ジャニオタ推し活ガイド③】

  • 2022年05月28日更新

こんにちは、ジャニーズのアイドルが大好きなエンタメライター・柚月裕実です。

4月期のドラマも中盤に差し掛かり、さらに面白みを増しています。
今期も様々なジャニーズのアイドルたちがドラマで活躍中!サラリーマン役を演じたり、グループメンバー揃ってお掃除屋さんとして奮闘したりするなか、“沼男子”と銘打った役を演じているのがSixTONESの松村北斗さんです。

月曜よる10時放送のドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系)で長峰柊磨(しゅうま)役を演じています。ビストロ「サリュー」で働く見習いギャルソン。白いシャツにパープルのギャルソンエプロンをした彼です。

平成を彩ったフジ月9ドラマを彷彿とさせる恋愛ドラマらしい展開で、SNSには様々な感想が寄せられていますが、やっぱり、どうしても目が離せないのが長峰柊磨!

長峰柊磨を演じる松村北斗さん

松村さんは昨年放送の朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK)で初代ヒロインの雉真安子(演・上白石萌音さん)の夫・雉真稔役を演じました。“稔さん”としての印象がまだまだ強いのではないかと思いますが、月10ドラマに加えて、4月29日公開の映画『ホリック xxxHOLiC』に出演。

また、ブルボン「フェットチーネグミ」イタリアンレモン味のCMキャラクターに起用され、口をキューーっとすぼめた“レモン2倍顔”を披露しています。SixTONESとしての活動に加えて、俳優としても大活躍なんです!

本作は、恋愛経験ゼロの主人公・純(演・広瀬アリス)が、柊磨の働く「サリュー」で出会ったところから物語が展開します。男に溺れた母の影響もあってか恋愛に臆病な純と、複雑な家庭環境がそうさせたのか刹那的な恋愛をしてきたという柊磨の、これまた一筋縄にはいかない人間模様が描かれています。両極端でも恋愛下手な2人が、紆余曲折を経て“お試しの恋愛”をすることに……。

刹那的な恋愛、沼男子…長峰柊磨

「あ、いらっしゃいませ、お好きな席へどうぞ」

第1話、柊磨の第一声です。大きな白いマスクを着け、前髪を下ろしているものだから目元しか見えないものの、清潔感に溢れる出で立ち。
前菜を提供する時も、ギリギリまでお皿に手を添えて、コトンとゆっくりと置く。
料理の説明を手短に済ませ、左手を上に重ねて「ごゆっくり」とお辞儀をしてさっと立ち去る。
お皿に添えた手や指先の美しさ、浮き出る腕の筋、埃が立たなそうな歩き方……所作も実にスマートです。

しかし、顔面を覆う大きな白いマスクは彼なりの作戦だと、この後知るのですが……。

柊磨の所作に……嗚呼、今日も妄想炸裂!

肩幅に合った白いシャツが良く似合う柊磨。リネン素材と思しきクタッとした落ち感がおしゃれ。袖も無造作にたくしあげるのではなく3回ほど丁寧に折り、そこから伸びるは働く人の腕。ビストロにいて欲しい理想的な店員です。
細やかな接客が功を奏したのか、女性客から声をかけられることも少なくなく、誰に対しても爽やかに対応。時にはドキッとするような距離感で接することも。第一話から柊磨の人気ぶりが窺えました。

一歩間違えばいやらしさが出てしまいそうですが、松村さんが子どもの頃から空手で鍛えた土台のお陰か、姿勢の良さに始まり、役づくりのために身体を絞って臨んだという贅肉なんて皆無のスリムな体形、無駄のないスマートな身のこなしーー。

~ここから柚月の妄想劇場~
冒頭から一挙手一投足に目を奪われ、もしも近所にこんなビストロがあったら……と物語を切り離して妄想も炸裂!
あらゆる出費を極限まで抑えて通いつめるでしょうし、身なりを整え、食事のマナーだって再履修!ランチに、友人との会食に、そしてちゃっかりひとりでも。

「一緒に写真撮って♡」は何十回通ったら言えるのだろうか。使った金額だろうか、いや、その前に私なんぞ相手にしてもらえないんじゃないか……。
だんだんネガティブになってきたのでここらで止めておきましょう。
……もしや、これも沼!?

沼男子とは一体!?

そもそも“沼男子”とはなんぞや?と調べてみたところ、“思わせぶりな態度をとり、多くの女子を恋の沼に引きずり込む”、“ミステリアスで危うい男性”、“知らない世界を教えてくれる男性”などと定義されていました。“肉食男子”のような分かりやすさはないですが、ハマったらそう簡単には抜け出せないタイプ、でしょうか。

第1話では、「サリュー」でシェフを務める要(演・藤木直人)から「マスクとって挨拶しないの?」と聞かれると、柊磨は「あの人(純)、料理に夢中だったから、心ざわつかせちゃかわいそう」と返答。改めて見てみると、大抵の女性は落とせるという自信たっぷりな発言にも聞こえるし、ギャルソンとして料理を堪能してもらいたい気遣いにもとれます(“沼”の片鱗……!)。

傷心で店にやってきた純を、スイーツでもてなしたり、慰めるついでに急に自室に誘ってみたり。その後、関係が進展すると、急に定休日になったからと純をデートに誘うのですが、実は事前にデートコースを下調べしていたことが判明。

純と密な関係になりそうになった夜。先にシャワーを浴びたものの、翌朝のコンソメの仕込みを理由にさらっと交わす。そして迎えた朝、丁寧に鍋をかき混ぜる柊磨は、コンソメになぞらえて「最初の一口はじっくり味わいたい」と純との関係を大切に思っているような発言も。

純の誕生日には、ガラス細工のブレスレットをわざわざ純のマンションまで出向いてサプライズ。Wデートのときに「カップルは記念日を大切にする」と言っていたアリサ(演・飯豊まりえ)の言葉を忠実に守っていたようにも思えました。

一方で、常連客のひな子(演・小野花梨)とは一夜を共にする関係のようで……。ひな子が押しかけた日に、純もやってきて修羅場に。ここで柊磨は純を選び、大胆な行動に出ます。 

こっ…これは本気ではなく、まだお試しの恋なの!?というツッコミはさておき、番組公式で“沼男子”と謳われているように、柊磨の言動に翻弄されてしまうのです。

さらなる展開がありそうな「#恋マジ」

さて、第6話の予告では、サリュー存続の危機、柊磨の過去の人間関係も明らかになるようで一波乱ありそうな予感。

このところ急展開、衝撃展開が続き、心臓バクバクしながら見ていますが、もはやどんと来い!とことんハマってみようじゃないかこの沼に!という気分です。

最終章ではどんな展開をみせるのか……放送は月曜よる10時(フジテレビ系)です。

この連載を最初から読む(第1回)

(イラスト/大窪史乃)

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ