【ダイソー・セリア・キャンドゥ】昨年棚から消えた幻の「夏の新アイテム」が3大100均どこでも手に入るように♡

  • 2022年05月21日公開

ママライターの若みやびです。

昨年の夏、ダイソーで販売されるや大人気!すぐに入手困難になった「アイスバッグ」
製氷器ではなくポリ袋で氷を作る、しかも必要なだけカットして使える、という斬新さで、コーヒーを凍らせて薄まらないアイスコーヒーや、ミルクに入れてカフェオレを楽しむ活用法が話題になりました。

SNSなどで見かけて、ダイソーに探しに行ったという方もいるのではないでしょうか。

3大100均で買えるようになった♡

そんな「アイスバッグ」が今年も夏を目の前に100円ショップで登場!昨年は店舗によってはまったく棚にないという状況もありましたが、今年は購入できるように。

しかも、ダイソー、セリア、キャンドゥどの100円ショップでも手に入るようになりました♪

ダイソーでは、オリジナル商品「アイスバッグ」として24枚の箱入りで販売されています。

セリア、キャンドゥでは「ICE BAG アイスバッグ」という商品が売られています。こちらも24枚入りですが、袋入りです。

どちらも形状や使い方は同じで、1枚の袋で24個の氷ができます。

それでは、ダイソーのアイスバッグを使って、氷の作り方を紹介していきます!

使い方はいたって簡単◎液体を注いで凍らせるだけ!

準備するものは、アイスバッグと凍らせたい飲み物など。今回は、娘がこよなく愛するリンゴジュースと、私の好きな「カルピス・ザ・リッチ」を凍らせてみました☆

アイスバッグの口から液体を注ぐとこんな感じに◎

凍るとふくらむので入れすぎには注意!全体の9割以下を目安に入れるとよいですね。

飲み物を入れたら、本体を逆さにします。
すると袋内部の逆流防止弁が閉じて、入れた液体が出でこない仕組みになっているはずなのですが…最初は見事に失敗。4分の1くらい中身が出てしまいました。

もう一度ジュースを入れて、今度は夫にお願いしたところ、数滴は垂れましたが成功!思い切りが大事なようなので、エイッ!と一気に逆さにすることがポイントのようです。
何回か試しましたが、まったく垂れずに逆さにすることは難しそうなので、シンクやお皿の上などですることをおすすめします!

ジュースを入れたら平らな状態にして冷凍室で凍らせます。

凍るとこんな状態になります♪

写真でも分かるように、飲み物の投入口は思いのほか小さめ。商品パッケージには、漏斗(ろうと)を使うと入れやすくなるとあったので、漏斗があれば使うことをおすすめします。

使いたいときに使いたい分だけカット♪

凍らせたら、使いたい分だけカットして使用します。残りは再び冷凍庫で保管できるので、一度にたくさん作ってストックしておくことが可能です♪

りんごジュースを注いだら、薄まらないリンゴジュースの完成です♡

娘は「おーいしー!おいしーね!!」と連発しながら、ごくごくと飲んでいました♪

カルピスも最後まで薄まることなく楽しむことができました。

冷凍室の省スペースにも◎

中身が出てしまう恐れがあるため、完全に凍るまでは上に物を置くことができませんが、凍らせてしまえば重ねて保管できます!ポリ袋なので非常に薄く、省スペースでストックできるところもうれしいポイントですね♪

子育て家庭の活用アイデア

液体ならなんでも凍らせることができるこの商品。今回はジュースを凍らせてみましたが、いろいろなものに活躍しそう!

たとえば…

こちらもどうぞ

人気記事ランキング 24時間PV集計
100均

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ