大胆な食べ方すぎません!?【久世福】「涙あふれるほど贅沢」「もったいないから絶対しない♡」猛暑の神2選

  • 2022年07月11日更新

こんにちは!話題のショップから地域ならではのショップまで、幅広く買い物を楽しむヨムーノライターの相場一花です。

フジテレビ「ウワサのお客さま」、「めざましテレビ」、テレビ朝日「家事ヤロウ!!!」などなど、テレビでよく見かけるようになった久世福商店。

久世福商店では、ごはんのお供やパンのお供系統の商品が豊富で、季節限定品も登場しています。今回は、久世福商店で2022年夏限定の「ジャム」を2品実食しましたので紹介します。

久世福商店・2022年夏ジャム

久世福商店で2022年夏ジャムとして販売されているのは、以下の3品でした。

  • 2022夏限定 パッションオレンジ・・・538円(税込)
  • 2022夏限定 マンゴープリン・・・538円(税込)
  • 2022夏限定 ラズベリーライチ・・・538円(税込)

いずれのパッケージにも「サンクゼール」の文字があります。

久世福商店で取り扱っているだけで、別ブランドの商品ではないか?という点について気になる人もいると思いますが、元々株式会社サンクゼールの展開ブランドのひとつが「久世福商店」。

久世福商店とサンクゼールは株式会社サンクゼールのブランド名なので、久世福商店ではサンクゼールの商品も取り扱っているんですよ。

今回は「2022夏限定 パッションオレンジ」と「2022夏限定 マンゴープリン」を買ってきました。

久世福商店(サンクゼール)「2022夏限定 パッションオレンジ」538円(税込)実食レポ

販売ページを見る

パッションフルーツとオレンジの夏ジャム。1瓶140g入っています。キレイなオレンジ色のジャムは、まさに南国の雰囲気をかもしだしているかのようです。

瓶のふたを開けると、柑橘系の香りが漂ってきます。少しいただくと、オレンジピールの苦みと酸味が強めですね。甘さはかなりひかえめ。オレンジがベースでパッションフルーツはときおり感じる、といったジャム。

ジャムはトロンとしていて、広がりやすいタイプ。ジャムに混ざりあっているオレンジピールもやわらかいので、塗る時の邪魔にはなりません。

公式サイトには「パンやヨーグルトはもちろん、ビールや焼酎に混ぜてカクテルとして楽しめる」との記載がありました。

今回は、パン及びプレーンヨーグルトとの組み合わせを試してみました。

パン×パッションオレンジ

自宅にあったフランスパンをトーストしてパッションオレンジを塗ってみました。

パッションオレンジがたれそうになるものの、塗りやすいのはいいですね。単体でパッションオレンジをいただいた時は苦みと酸味が強く出ていると思いましたが、パンとの組み合わせで中和されます。

それでいて、甘ったるさがないからか、フランスパンの香ばしさも活かされた状態に。

パンとの相性はとても良いものの、少々食べにくい点は注意を。

プレーンヨーグルト×パッションオレンジ

つづいて、プレーンヨーグルトにパッションオレンジを混ぜてみました。プレーンヨーグルトと組み合わせると、苦みや酸味がちょうどいい塩梅。

単調なプレーンヨーグルトに、心地よい柑橘系の苦みや酸味が加わっていいですね。オレンジのすりおろしを入れた感覚に近く、贅沢な気分になれました。おすすめです!

久世福商店(サンクゼール)「2022夏限定 マンゴープリン」538円(税込)実食レポ

販売ページを見る

マンゴーとココナッツミルクのハーモニーが楽しめるプリンジャム。1瓶140g入っています。ジャムとして売り出しているのに「プリン」?とちょっと面白い商品ですよね。

ほのかに香るマンゴーとココナッツの香り。少々瓶が傾いても微動だにしないくらい、表面が固め。

プリンのように弾力性があるものの、果肉は入っていないから舌触りはなめらか。

そのまま食べると上品なマンゴープリンのようで、単品だけでもデザートになってしまいそう。夫は「ジャムではなくて、マンゴープリンだね」とコメントしていました。同感です。

と思ったら、公式サイトで「冷やしてそのままお召し上がりいただけます。ヨーグルトやアイスクリームとの相性も抜群です。」とのこと。

え、そのまま?

そのままで食べても良いですが、一度で食べ切ってしまうのはもったいないので、パッションオレンジと同様にパン及びプレーンヨーグルトと組み合わせて食べてみました。

パン×マンゴープリン

まずはパンとの組み合わせから。個人的には悪くないものの、フルーツ的な甘みがマイルド過ぎてパンチが足りないと思いました。

これはこれでアリですが。先にも書いていますが、少々弾力があるので塗りにくさも気になりますね。

プレーンヨーグルト×マンゴープリン

プレーンヨーグルトに混ぜてみると、マンゴーやココナッツのトロピカルが旨味が全体に行き渡り、ちょうどいい風味がつきました。

夫は、上で紹介したパッションオレンジも加えて「とてもトロピカルなプレーンヨーグルト」を食べていましたが、さらに酸味と苦みが加わって、極上の一品に。

久世福商店の2022年夏ジャムはトロピカル

久世福商店の2022年夏ジャムは、トロピカルな味わいが楽しい仕上がりです。今回は試していませんが、バニラアイスとの相性も良さそうで、まさにこの夏に食べたいジャム。

甘ったるさはなく、フルーツの味わいを活かしているのでクセになります。 お中元にも喜ばれそう!

ごちそうさまでした。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ