平野レミさん考案「食パンキッシュ」が絶品!まるでホテルの朝食

  • 2022年09月28日更新

こんにちは、調理師でヨムーノライターのだいきです。

毎日食パンを食べていると「たまには違ったパンが食べたいな」と思うときってありませんか?

ちょっと時間があるときにおすすめしたいのが、料理愛好家の平野レミさん考案「へコパンキッシュ」。

キッシュのパイ代わりに食パンを使った絶品アレンジです。

作り方や実際に食べてみた感想も紹介しますので、ぜひ参考にご覧ください。

平野レミさん考案!食パンアレンジ「へコパンキッシュ」を作って食べてみた

ここでは平野レミさんが考案した食パンアレンジ「へコパンキッシュ」を紹介します!

キッシュと食パンの組み合わせはもう美味しそうで、作る前から楽しみです。

材料(2~3人前)

  • 食パン(4枚切り)...2枚
  • 玉ねぎ...1/4個(60g)
  • ウインナー...2本(40g)
  • バター...20g
  • 無塩クラッカー...4枚
  • マスタード...大さじ2

【A】

  • 卵...2個
  • ピザ用チーズ...50g
  • 生クリーム...大さじ6(90ml)
  • ハーブ塩、こしょう...各少々 ※ハーブ塩は塩でもOKです。
  • パセリ...適量(お好みで)

今回は、山崎製パンの「ダブルソフト」を使用しました!

食パンでキッシュ①玉ねぎとウインナーを切り、炒める

玉ねぎはみじん切りに、ウインナーは5㎜幅の輪切りにします。

フライパンにバターを入れて熱し、玉ねぎを加えて炒めます。

火が通り始めたらウインナーを加えて、玉ねぎがしんなりするまで中火で炒めます。

食パンでキッシュ②ボウルに【A】を入れて混ぜ合わせ、加熱する

【A】を全てボウルに入れて、よく混ぜ合わせて卵液を作ります。

混ぜた卵液をフライパンに加え、弱火でかき混ぜながら加熱します。

ピザ用チーズがとけて、もったりしてきたら、火を止めます。

食パンでキッシュ③食パンをへこませてマスタードをぬる

食パンの真ん中部分をスプーンで軽く押して、へこみを作ります。

へこませた部分に、まんべんなくマスタードをぬります。

食パンでキッシュ④クラッカーをまぶし、キッシュ液を流し入れる

クラッカーを1口大に砕いて、マスタードの上にまんべんなく散らします。

加熱したキッシュ液をクラッカーの上から流し入れます。

食パンでキッシュ⑤トースター・オーブンで10分ほど焼く

オーブントースターを180℃に予熱しておき、5~10分焼いたら完成です。

私はオーブントースターがないので、180℃に予熱しておいたオーブンで10分焼きました。

上品なキッシュ爆誕!ホテルの朝食のよう

キッシュのいい香りがします。食パンもカリッとしていて、美味しそうです。

それでは食べてみます。

なんて品の良い味わいでしょう。まるで、ホテルで出てくるキッシュを食べているような気分です。

ソーセージとチーズの旨味が生クリームで良い感じにまろやかになっています。ほのかにマスタードの風味がするのもグッド。

クラッカーは意外としっとりとしていて、食パンともよく合っています。文句なしの美味しさです。

休日の朝食におすすめ!

この記事では、平野レミさんが考案した食パンアレンジ「へコパンキッシュ」を紹介しました。

食パンをキッシュのパイ代わりにしてしまうというアレンジ。とにかく品があり、朝から貴婦人のような気持ちを味わうことが出来ました。

ゆっくりと落ち着いてご飯を食べることができる、休日の朝食なんかにはとてもおすすめのレシピになっていますよ。

こちらもどうぞ

人気記事ランキング 24時間PV集計
おうちごはん

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ