Instagramの偽アカウントにご注意
「yomuno.jp」「yomuno_shuno」「yomuno2020」以外のアカウントはヨムーノ公式アカウントではなく、当社とは一切関係ございませんのでご注意ください。

1個で5役って最強すぎ!【マツキヨ】「角質&毛穴ケアも」「つるんと落ちて快感♡」クレンジングバーム

  • 2022年07月02日公開

こんにちは。コスメコンシェルジュで、ヨムーノライターの稲毛です。

毎日のクレンジングと同時にスキンケアもできたら最高ですよね。そんな私たちの願いを叶えてくれるのが「matsukiyo クレンジングバームブラック」。

バームの優しさに毛穴ケア機能をプラスした「黒」のクレンジングバームを、詳しくレポートしていきます!

マツキヨの新クレンジング「クレンジングバームブラック」とは?

マツキヨのPBブランド「matsukiyo」クレンジングバームから、姉妹品の「クレンジングバームブラック」がこの春に登場しました。

「おうち美容」の需要が高まる中、従来品の洗浄力と保湿力はそのままに、吸着剤として新たに炭を配合。 メイクはもちろん、毛穴・皮脂汚れをすっきりと落とします。

また、保湿成分としてコメ発酵液と酒粕エキスも配合、肌のうるおいを保ってくれるそう。

容器はジャータイプです。価格は95g入りで1,848円(税込)。

クレンジングバームは比較的高価なものが多い中、マツキヨPBは今回もお手頃価格。ありがたい……。

パッケージにも注目!なんと5in1なんです。

クレンジング・洗顔・角質ケア・毛穴ケア・マッサージが、このバーム1つで完結。W洗顔不要とのこと、ぬるつきなど無いか、あとで調べてみますね。

香りは?テクスチャーは?

それでは容器をオープン!

え!?白い……。と思ったら中蓋でした(笑)。

中蓋は、容器の蓋をくるくると回して開けると、簡単に取れます。

「クレンジングバームブラック」という名の通り、真っ黒ですね。

バームは一見固そうに見えますが、スパチュラですくってみるとやわらかく、すっと取れます。

優しい香りがふんわりと漂う、ラベンダーの香り♪

天然精油を使っているそうで、クレンジングタイムに気分もリフレッシュできますよ。

早速使ってみよう

メイク落ちや洗い上がりなど、気になる使用感を見ていきましょう。

まずはリキッドファンデーションをオフします。

「崩れにくい」というキャッチフレーズの、しっかりめのファンデです。

バームを肌に伸ばすと、あっという間にトロトロとしたオイル状に変わりました。

優しくなでるだけでファンデがすぐに浮いてきます。 乳化後(洗い流す前に少量の水分を加えてさらになじませること)、ぬるま湯で洗い流すとファンデがきれいに落ちました。

クレンジングバームはしっとりとした洗い上がりのものが多いけど、このバームはぬるつきがなく、さっぱりとしています。普段W洗顔をしている人も、この洗い上がりなら気にならないかも。

次にポイントメイクをオフします。まずはリップから。

上がティントリップ、下は普通のリップです。

さすがにティントは厳しいかな……と思いつつ、乳化後に流してみると、じっと見ないとわからない程度まで落とせています!

次はアイライナーです。

上がハイブリッドタイプ(ウォータープルーフ兼フィルム)のリキッドアイライナー、下はジェルアイライナー(ウォータープルーフ)です。

ジェルアイライナーは口コミで高評価の「とにかく落ちにくい」ものを使用。 これは手強いだろうと思いましたが、くるくるとなじませたらすぐに落ちました。

ハイブリッドタイプのアイライナーにはフィルム成分が入っているため、多少の色落ちはしましたが、なじませた時点ではまだ色が残っています。

しかしこちらも乳化後にぬるま湯で洗い流したところ、きれいに落とせました!

するんとした洗い上がり!マツキヨの「クレンジングバームブラック」

今回紹介した「クレンジングバームブラック」は、従来品よりも洗浄力がやや高めですが、保湿成分が入っているためつっぱりや乾燥などを感じませんでした。

汚れを落としつつ、毛穴ケアもできたらいいな……という、私たちのニーズにぴったりなクレンジング剤。

継続使用しやすい価格なので、ぜひお試ししてみてくださいね♪

※2022年7月2日現在の情報です。本サイトで提供する情報、あるいはメンバーにより投稿された文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれることをあらかじめご了承ください。当社はその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いかねます。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ