コンビニコーヒーより【カインズ】へ走れ!「35円で激安」「マニアが唸るほど絶品」365日使える!

  • 2022年07月19日更新

こんにちは、家中ありとあらゆるものをカインズで調達しているヨムーノライター小林です。

毎日ついついコンビニでコーヒーを買ってしまう……という方結構いるのではないでしょうか?かくいう筆者もお茶をマイボトルに入れて持っていくのですが、コーヒーを飲みたくなるとコンビニや自動販売機で買ってしまう日々だったんです。ところが!カインズで発見しちゃいました!その名も「マイボトル用コーヒーバッグ」これ、控えめに言って最高の商品でした!

手間なくおいしい!マイボトル用コーヒーバッグ

コーヒー大好きな筆者なんですが、マイボトルに入れるのはもっぱら麦茶でして……。というのもコーヒーってマイボトルに入れて持っていこうにもコーヒーを淹れる手間がかかってしまうので、忙しい朝にコーヒーを淹れてまで持っていくことはしていなかったんです。

ですが、カインズの「マイボトル用コーヒーバッグ」をつかえば、ボトルにコーヒーバッグを淹れてお湯や水を注ぐだけで完成!めちゃめちゃ簡単なんです!

しかも20袋入って698円(税込)なので、1袋は35円!缶コーヒーやボトルコーヒーを買うよりもずっと安いんです!

毎日飲む方にとってコーヒーマネーは油断大敵!気づくとちりつもで大変なことに!でも、これなら毎日飲んでも安心です♪

個包装で香りをキープ

こちらのマイボトル用コーヒーバッグは、嬉しい個包装となっています。コーヒーの香りも逃げにくく、袋を開けた瞬間コーヒーの良い香りを感じて嬉しくなります。

沢山コーヒーを飲む方はコーヒーバッグを何個か携帯しておくのも良いと思います。

袋を開けてみると不織布に包まれたコーヒーバッグが出てきました。この時点でコーヒーのとっても良い香りがします。

これなら使い終わったコーヒーバッグの片付けも必要なし!コーヒーメーカーで淹れたコーヒーはおいしいけれど後片付けの手間を考えたらこの手軽さは神ってる!

こちらの商品はアートコーヒーと共同開発された商品となっています、豆はブラジル産のアラビカ豆100%で、ホットとアイスで味わいは変わるようです。

ホットなら香ばしくしっかりとした苦みのある味わい、アイスならまろやかな口当たりで、ほどよい苦みと甘みのある味わいとなるようです。

お湯か水を注ぐだけでおいしいコーヒーが飲める

コーヒーバッグを使用する際には、350ml〜500mlのボトルを用意します。

ホットの場合はコーヒーバッグをボトルに入れて熱湯を280ml~350ml入れたら蓋をして、2~3回上下にゆっくり振り、1時間ほど待てばできあがりです。

めっちゃ簡単!

ホットの場合は中のコーヒーバッグを取り出さなくても良いので、そのまま外出して1時間後にはおいしいホットコーヒーを楽しむことができます。

味わいもしっかりとした苦みがあり、筆者が自宅で入れたホットコーヒーと遜色はありませんでした。

アイスコーヒーの場合はちょっと注意が必要? アイスコーヒーの場合はボトルにコーヒーバッグを入れ水を注ぎ250ml~350ml入れたら蓋をして、2~3回上下にゆっくり振り、4時間ほどすると飲めます。

ホットの時は1時間程度で飲めるようになりますが、アイスの場合は4倍の4時間かかるため、飲むまでの時間は逆算して作る必要がありそうです。また、コーヒーバッグを入れっぱなしにしているとだんだん濃くなるため取り出す必要があります。

ホットよりも少し手間はかかりますが、味は後味がスッキリとしていてとっても飲みやすくおいしかったです。

ホットもおいしかったのですが、個人的にはボトルに水を注ぐだけで作れるアイスコーヒーにして飲むことが多くなりそう。4時間後においしいアイスコーヒーになるので、朝に作ってお昼に飲めば丁度良さそう。ズボラの筆者的には、飲みきってしまえさえすれば、コーヒーバッグも取り出さなくて良さそうかなと思います。

コーヒー好きさんには絶対おすすめ!

こちらの商品、とっても手軽においしいコーヒーを飲むことができますし、コスパも最高!コーヒー好きな方には本当におすすめな商品ですので、是非店頭でチェックしてみてください。

〈商品情報〉
商品名:マイボトル用コーヒーバッグ
価格:698円(税込)
内容量:20袋

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

【カインズ2020年版】おすすめの人気商品!キッチン・日用品・お掃除グッズまとめ

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ