去年も今年も購入!【キャンドゥ】「夏本番は店舗から消えます」「保冷剤とポーチが合体!?」

  • 2022年08月11日公開

こんにちは!ヨムーノライターのayanaです!

気温の高い夏は、保冷剤が必要不可欠。ポーチに保冷剤がくっついたキャンドゥの“保冷剤入りポーチ”は、そのまま身体を冷やしたり、中に食材を入れたりと、さまざまなシーンで大活躍!

そこで今回は、キャンドゥで販売されている“ひんやりグッズ”を紹介します!

保冷剤が一緒になったポーチは夏の必需品!

キラキラしたラメが入ったポーチ。

一見すると、普通のかわいらしいポーチに見えますが……。

実はこちら、ポーチの片面が”保冷剤”になった「保冷剤入りポーチ」なんです!

保冷剤が入っているとなると、凍らしたら硬くなってバッグの中に入れにくくなってしまうのでは……?

「保冷剤入りポーチ」は、そんな心配は必要なし!

凍らしても硬くならないので、いつものポーチと同じように使用できちゃうんです。

筆者は昨年もこちらのポーチを購入し愛用していたのですが、使いすぎて少しボロボロになってしまったのでリピ購入。そのまま首や腕にくっつければ、熱中症対策としても活躍してくれます。

愛犬の散歩に行く時は、ここにペット用のゼリーを凍らせて、熱中症対策のために持ち歩いています。

保冷剤入りポーチ
330円(税込)

濡れタオルを入れて

外出前に濡らしたタオルをポーチの中に入れておけば、外出先でも冷たいタオルで身体を拭けます。

より冷たい状態のタオルを持ち歩きたいという方は、タオルを凍らしちゃうのもひとつの手。

ポーチの中に入れて持ち歩けるので、「身体を拭くタオルは衛生的に持ち歩きたい」そんな願いも叶えてくれます◎

溶けやすい飴やチョコなどのお菓子入れに

気温が高い夏は熱中症対策のために、塩分が入っている飴を持ち歩く方も多いですよね。

ですが、バッグの中に入れておくと、飴やチョコがドロドロに溶けてしまうことも……。

そんな時も「保冷剤入りポーチ」があれば、溶けにくい状態で持ち歩けます◎

保冷剤を入れて

筆者はキャンプやBBQ、ドライブ、食料品の買い出しシーンに、保冷剤を入れた状態の保冷剤入りポーチをソフトクーラーに入れて持ち歩いています。

そのままソフトクーラーに保冷剤を入れておくよりも、長く凍っている状態が保たれるので、夏はかなり重宝しています◎

ポーチなのにひんやり!?

“保冷剤入りポーチ”は夏本番になると、店舗から姿を消す幻の商品。

ぜひ今回の記事を参考に、夏に大活躍してくれる“保冷剤入りポーチ”をチェックしてみてくださいね◎

※2022年8月11日現在の情報です。本サイトで提供する情報、あるいはメンバーにより投稿された文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれることをあらかじめご了承ください。当社はその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いかねます。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ