絶対バズるでしょ!【ドラッグストア名品】"毛穴隠し"コスメ2選「毎日使っても2か月以上使える」「24時間快適」買って正解

  • 2022年08月15日更新

こんにちは。コスメコンシェルジュで、ヨムーノライターの稲毛です。

肌悩みの中でも、一年を通して悩むのが毛穴問題。特に暑い季節は毛穴が気になりますよね。

少しでも毛穴を目立たせないためにはコスメ選びが大切。そこで今回は、ドラッグストアで買える「毛穴に効くアイテム」2品をご紹介します!

SNSで今年バズっているパウダー

この春に発売後、SNSで瞬く間に拡散されてバズっているパウダーがこちら。

セザンヌ「毛穴レスパウダー」です。

こちらのパウダーは、光の効果で毛穴をぼかす、色の付いていないクリアパウダー。

価格はなんと!748円(税込)ながらも、日中のメイクだけではなく、スキンケアの最後にも使えるスキンケアパウダーなんです。

これはバズらないわけがない!

使用感は?

さっそく開封していきましょう。

手のひらにすっぽりとおさまるサイズです。

あ、これはもしや!?と思って比べてみたのが、セザンヌ「UVシルクカバーパウダー」。

ケースデザインこそ違えど、幅や厚みなどはほぼ一緒です。この大きさ、ポーチに入れやすくてとても良い!

付属品としてミラー・パフがついています。セザンヌの付属パフは、小さめだけどしっかりとした作りで、洗っても型崩れしにくいのがうれしい。

プレストタイプのパウダーです。ぎゅっと押し固められていて粉飛びしないから、外出時でも塗りやすい♪

よーく見ると細かなパールが配合されていて、やわらかな光を放っています。

見てください、すごく細かな粒子でサラサラとしたパウダーです。 指に取ると白っぽく見えますが、パフで顔に塗ると色はほぼ付きません。

頬や小鼻に塗ってみると、厚塗り感はないのに毛穴が目立たなくなります。 たくさん塗るとさすがに白っぽくなりますが、適量だとほとんど色は付かないからかなり自然な印象。

ベースメイクや素肌の上に重ねても邪魔にならないのに、肌をきれいに見せられるのはうれしい限りです。 24時間使えるスキンケアパウダーなので、旅行などのお泊まりにもgoodですよ。

配合成分もチェック

テカリを防ぐパウダーは粉っぽくなるものもありますよね。このパウダーはサラサラなのになぜ乾燥しないのだろう?

ということで、成分もチェックです。

・15種の保湿成分(※)配合

・4つのフリー(香料・鉱物油・アルコール・界面活性剤)

・ミネラルパウダー配合

・石けんオフ可能(単品使用の場合)

なるほど、肌のことをしっかりと考えて作られています。24時間快適な肌でいられるにはわけがありました。

(※)スクワラン・ホホバ種子油・ヒアルロン酸Na・ホホバ種子油・ダマスクバラ花エキス・ラベンダー花エキスなど

直塗りブラシでソッコー毛穴カバーできる下地

先ほどご紹介した、セザンヌのパウダーと一緒に使いたい化粧下地がこちら。

エテュセ「フェイスエディション(プライマー)フォーオイリースキン」です。

頬やTゾーンなどの毛穴が目立つ部分や、テカリが気になるところに使う部分用化粧下地になります。

価格は1,320円(税込)とリーズナブル。小さな容器だけど意外ともちがよく、外出する日は毎日使っていますが、2ヶ月ほど経ってもまだまだ使えています。

この下地、ブラシで直塗りできてとっても便利。小さめでやわらかなブラシだから、小鼻の脇にもピタッとフィットします。

適度なコシもあり、とっても塗りやすいです。

乳白色の液体。2層タイプなのでよく振ってから使います(時々振るのを忘れてしまう……)

ブラシで肌に直接塗って、トントンと指でなじませると、毛穴がふっくらとして目立たなくなります。テカリ吸収パウダー・マットチェンジパウダーが配合してあり、塗った後はメイクしたてのようにサラサラで気持ちいい!

保湿成分として、カミツレエキス・ローズマリーエキス・グリセリンも配合してあるため、乾燥肌の私でもカサつきは気になりません。

そうそう、こちらの下地は朝のメイクだけでなく、メイク直しの時にも使えるんです。私はティッシュでテカリを軽くオフしたあと、さっとひと塗りして、ひとつ目にご紹介したセザンヌのパウダーで仕上げています。

皮脂・気温・マスクの湿気に負けない相棒として、ぜひお試しくださいね♪

※2022年8月11日現在の情報です。本サイトで提供する情報、あるいはメンバーにより投稿された文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれることをあらかじめご了承ください。当社はその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いかねます。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ