【漫画】もうヤメて…(涙)!今度は消化器内科で「それってヤバいやつ!?」発言【子宮内膜症の話㉒】

  • 2022年08月17日公開

こんにちは、ヨムーノ漫画担当です。

生理痛は人それぞれ、体調によっても変わってきますが、実は思わぬ病気が隠れている場合も。

ご紹介する漫画の主人公、つんさんは生理が始まったころから生理痛に悩まされてきました。しかし、大人になってからあることがきっかけで「子宮内膜症」であることが発覚。

実体験にもとづき、子宮内膜症治療の様子を詳しくレポートした漫画を連載でお届けします!

このお話の主人公

つんさんは、11歳の娘と6歳の息子の2児の母。毛が薄いらしいので、似顔絵を描くと毛が1本になることも。

この子宮内膜症レポは私の場合の話です。すべての方に当てはまるとは限りません。ですが、少しでも誰かの役に立ててたらいいなぁって思います。(つんさん)

子宮内膜症 in 消化器内科①

子宮内膜症と診断され、治療を受け続けているつんさん。今の状態をチェックするためにあらゆる検査を受けることに……。

1時間後。

子宮内膜症 in 消化器内科②

注意
内科で診断されたことを、私の記憶で書いています。
私が言われた話なので、「へーそう言われたんだ」という感じで、参考にはしないでください。(つんさん)

消化器内科編〜Fin〜

婦人科でやった検査結果を見てもらい、今の私の状態なら、薬で経過観察(現状維持)がいいのではという感じでした。

ちなみにダグラス窩のこと聞いたら、それは婦人科ですって言われた。

結局は上の腸もダグラス窩も子宮内膜症の癒着で、生理のたびに癒着は悪化するから、婦人科系の処置にはなるけど。

上の腸は腸だから内科も必要ってわけで、上の腸は内科、ダグラス窩は婦人科で、私の癒着は上と下でかかりつけ医が変わった(?) 。

そしてなんやかんやなぁなぁになって、大腸カメラ予約しなかったんだけど、今年中にまたモコモコ先生の所行って、やろうかなって思ってはいます。(つんさん)

途中、癒着の恐ろしさに震えましたが、つんさんはとりあえず現状維持ってことでホッ。これもわりと最近、大腸カメラ検査をやったことがあったからこそ。

つんさんのレポ漫画でつくづく検査の大切さが身にしみます。

次回はいよいよ最終回!お見逃しなく。

※これは個人の体験談です。症状が心配な場合は自己診断せず、専門医に相談してください。
※こちらの漫画は、ブログで公開されたものをヨムーノ編集部が再構成、編集したものです。

前の話を読む(第21回)

この話を最初から読む(第1回)

つんさんの他の作品もチェック!

つんさんのブログやインスタグラムには、2人のお子さんを始め、飼い猫のジョルノや、いつでもどこでもワンピースの姉のネネ、9歳の甥っ子やご両親といった家族が登場する楽しい日常の漫画がいっぱい!
ぜひチェックしてみてくださいね。

こちらもどうぞ

人気記事ランキング 24時間PV集計
漫画

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ