夜が来るのが楽しみ過ぎる♡お酒のお供に最高「仕込み系おつまみ」レシピ12選

  • 2022年08月05日更新

作ってる最中からワクワクが止まらん♡

簡単なのにめちゃ旨い!冷蔵庫に仕込んでおけば帰宅後速攻でつまめる、ビールのお供に最高の「仕込み系おつまみ」レシピをご紹介します。

詳しいレシピはインスタでCheck!

作ってる最中から食べるのが待ち遠しい“一夜漬けおつまみ”や、冷えたビールと相性抜群の“作り置きマリネ”など。夜が来るのが楽しみ過ぎるレシピばかりです。夏の乾杯メニューにぜひお役立て下さい♡

「仕込み系おつまみ」レシピ12選

①韓国グルメ再現「カンジャンセウ」

一晩漬けて完成!甘くてプリップリの食感が美味しい、海老の醤油漬け「カンジャンセウ」のレシピです。そのままおつまみに食べてよし、ご飯にのっけて食べても絶品。お刺身用の有頭海老で気軽に再現できますよ。

②旬のきゅうりで「ドロボーきゅうり漬け 」

冷え冷えが美味しい夏のおつまみ。日持ちがするのでお酒のアテや常備菜として大活躍する、蛇腹きゅうりのピリ辛漬けです。漬けてすぐに食べても美味しいけど、2時間以上しっかり漬けてあげると味が馴染んで◎。

③3種の味を一気に「作り置き味玉」

ラーメン味・ねぎ塩味・味ぽん味、お酒が進む3種類の味玉を同時に仕込んだ「作り置き」レシピです。卵をひとパック一気に茹でて、それぞれのタレと半熟卵をジップロックに入れ保存するだけ。半日〜が食べごろです!

④夏の作り置き「ズッキーニのナムル」

冷蔵庫でしっかり冷やして食べるとビールのおつまみに最高!料理の付け合わせ・夏の作り置きにもおすすめの、今が旬のズッキーニが主役の「ナムル」レシピです。切って浸けるだけ簡単、火も電子レンジも使いません。

⑤作り置きOK「サッパリ塩鮭のマリネ」

少ない油で鮭を揚げ焼きして南蛮漬け風に仕込んだ「さっぱり塩鮭のマリネ」です。ピリ辛ではなく甘く仕上げることで、お子さまでもパクパク食べられます。カロリーが気になる方は砂糖の代わりに合成甘味料を使えばヘルシーです。

⑥濃い味がやみつき「大葉の一夜漬け」

一晩寝かせた大葉をお豆腐やごはんに乗せて召し上がれ!お酒のおつまみにぴったりな濃い味がやみつきになる「大葉の一夜漬け」です。ごま油・醤油・ニンニク・大葉、コレさえあれば簡単に作れるところも嬉しいポイント。

⑦焼肉のタレで「焼き野菜のうまうまマリネ」

夏になると食べたくなる「焼き野菜マリネ」を、コッテリ濃厚な焼肉のタレで漬けたマリネです。味にボリュームを持たせつつも、お酢の効果でサッパリと食べられるので、夏バテ気味でもペロリと食べられますよ。

⑧簡単に出来る最高おかず「うずらのドロボー 」

ごはんのお供にはもちろん、お酒のおつまみにプチっと美味しい「うずらのドロボー」漬けです。カサ増しにちくわを入れて、食べ応えもバッチリ。コレが冷蔵庫に冷やされていると、つい つまみ食いしてしまいそう!

⑨ねぎだく「たこわさアボナムル」

たこわさ×アボカドに、小ネギを好きなだけ加えて出来上がり。おつまみにぴったりの食材を組み合わせた、ご馳走ナムルです。しっかり冷やすと味がまろやかに馴染み、美味しさ倍増。ボウルを抱えて食べたくなります。

⑩スーパーのお刺身で「カンパチの昆布締め」

カンパチや鯛を昆布で挟み、冷蔵庫で1〜2日ほど寝かせて作る「昆布締め」。ほんの一手間かけてあげるだけで、スーパーで買った格安のお刺身が格段に美味しくなります。お酒のお供にはもちろん、おもてなしにも◎。

⑪節約おつまみ「ガーリック醤油えのき」

節約食材“えのき”を、ガーリック醤油味の「なめ茸」に!出来立てをすぐに食べても良いですが、翌日味が馴染んだ状態がおすすめ。カロリーが低くヘルシーなので、おつまみに食べても罪悪感はありません。

⑫ひんやり美味しい「冷やしおでん」

夏の晩酌に冷蔵庫でキンキンに冷やして食べたい「冷やしおでん」の作り方です。長時間煮込まなくても冷やしてる間にしっかり味が染みるので、調理時間の目安も短くて済みます。夏野菜の彩りが良く食卓映えもバッチリ!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ