家中の「春巻きの皮」がなくなる!【栗原はるみさん】シャキシャキもやしの春巻き「べらぼうにウマい食べ方」食費節約にも!カリッと最高

  • 2022年09月05日更新

こんにちは。オリジナルレシピや盛りつけを考えたり、料理に合わせた食器を楽しむことが大好きなヨムーノライターのlittlehappyです。

家計の救世主の野菜といえば「もやし」!値段も安定していて、料理のかさ増しやもやしそのものが主役のレシピも多数あります。
もやしといえば「シャキシャキ感」が楽しめる野菜ですよね。 

今回はNHKの「あさイチ」で紹介された栗原はるみさんレシピの「シャキシャキもやしの春巻き」を作ってみました。

栗原はるみさん「シャキシャキ感を楽しむ春巻き」

もやしのシャキシャキ感を出すには「短時間の加熱」というのがコツですが、こちらのレシピは加熱時間が長くてもシャキシャキ感が味わえるレシピです!

春巻きの皮のカリッと食感ともやしのシャキシャキ感、海老のプリプリ感が楽しめる春巻きです。

材料(春巻き6本分)

・春巻きの皮…6枚
・えび…14匹(正味160g)
・もやし…1袋
・ごま油…大さじ1
・紹興酒または酒…大さじ1/2
・塩…小さじ1/2
・こしょう…少々
・揚げ用油...適量

《つけダレ》

・酢、薄口しょうゆ、ラー油、しょうが(千切り)…各適量

※春巻き10本分の場合、もやしは2袋になります。

作り方

➀もやしのひげ根を取ります。

※従来のレシピは「ひげ根」のみですが、今回は「芽」も取り除いています。

➁もやしを沸騰したお湯で1~2分茹でます。氷水に入れて冷やし、水気を切ります。

➂布巾に包み、ギュッと水分を絞ります。

④えびは殻をむいて背ワタを取り、細切りにします。酒、塩、こしょう、ごま油を加えて軽くもみます。

⑤④にもやし、塩を加えて混ぜます。

⑥春巻きの皮に具材をのせ、手前から巻いて両端を折り込み、巻き終わりに水で溶いた小麦粉(分量外)をつけてとめます。

⑦フライパンに深さ2㎝程度の油を入れ、180℃に熱して春巻きを入れ、上下を返しながらカリッとするまで揚げます。

⑧油を切って器に盛り、ソースを添えて出来上がりです。

さっぱり食べられる春巻き

具材が海老ともやしなので、とてもさっぱりした春巻きです。ソースは酢醤油の他にもチリソースもおすすめだそうですよ。

もやしのシャキシャキ感が楽しめる、栗原はるみさんレシピの春巻き!是非作ってみて下さいね。

こちらもどうぞ

人気記事ランキング 24時間PV集計
おうちごはん

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ