1人2点まで(泣)【カルディ】大人気"調味料3選"店員さん「入荷してもすぐなくなります」「禁断のウマさ」

  • 2022年09月26日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

世界中の美味しいが詰まった宝庫【カルディ】。 豊富なアイテムの中には、あっという間に売り切れてしまうような人気アイテムも。

今回は、身近な食べ物とも相性抜群!ハマる人続出の万能調味料を、アレンジ料理と共にご紹介します!

いつもの食事がピリ辛スパイシーに!ハリッサ

まずは、ヨムーノライター乃々さんのおすすめです!

ハマる万能調味料「ハリッサ」

・価格:415円(税込)
・容量:110g

ハリッサは、チュニジア発祥の唐辛子ベースのペースト状調味料です。
カルディのハリッサは、唐辛子以外に原材料にパプリカ、にんにく、玉ねぎ、ごま、コリアンダー、クミンが入っています。

発売当初は人気過ぎて店舗では中々見つからず、カルディオンラインストアでも「在庫なし」の表示を見かけることも。
さらに、オンラインストアでは「お一人様2個」までという個数制限が出るほどの人気ぶり! 

食べると、唐辛子のつぶつぶがピリッと辛い。
スパイスが沢山使われ複雑な味ですが、私達にもピリ辛で食べやすく病みつきになる味です♪

食べてみました!

SNSでもバズっているお馴染みのピザトースト風に。
ハリッサを塗って、かけるチーズを振りまき焼くだけ。
ピリ辛スパイシーで刺激的なトーストの出来上がりです。
ハリッサは、チーズやパンとの相性抜群!

また、ハリッサはごはんとの相性もいいんですよ。
そのままかけても美味しくいただけますが、マヨネーズと混ぜるとマイルドになりごはんが進みまくります。

混ぜ込みごはんにしておにぎりにすればさらに食べやすいですよ。
ごはんにハリッサとごまを入れて混ぜ、ラップに包んで丸めました。
手を汚さずに簡単に食べられます。いつものおにぎりと違う味を楽しめますよ。

ハリッサは、タジン鍋やクスクスに使われるイメージがある人もいたかもしれません。
エスニック料理用のスパイスと思うと、お家で使うにはハードルが高めですよね。
しかし、パンやお米などの身近な食べ物とも相性抜群なんですよ。
和風の煮物や餃子に付けてもバッチリ美味しい!
いつもの食事がピリ辛スパイシーに変身します♪

SNSで絶賛の嵐!うにバターに続く「幻のバター」

つぎは、ヨムーノライター西野りこさんのおすすめ商品です。

広島県産の牡蠣を使用した濃厚牡蠣バター

  • カルディ 牡蠣バター 90g 486円(税込)

カルディの牡蠣バターに使用されている牡蠣は、名産地のひとつである広島県産を使用しています。

牡蠣といえば広島なイメージがありますが、みなさんはいかがですか?

広島湾の地形や水温・豊富なプランクトンのおかげで、うまみ成分が大量に蓄えられるのだそうです。

うまみ成分がたっぷりの牡蠣と、なめらかなバターの組み合わせ。

これ、牡蠣好きな方にもそうでない方にも最高の逸品なのでは。

映えない…でも、食べ始めたら止まらない!

中身は「映え」とはほど遠いアースカラー。

でも、醤油と牡蠣の濃厚の香りがふわーっと広がり食欲をそそります。

すくった感じや見た目はカニ味噌のようですが、少しだけ口にしてみると牡蠣の風味がぶわーっと口の中に広がったかと思ったら一瞬でとろける!

「あれ?もうなくなっちゃった」と感じるほどで、味見のつもりがもっともっとと食べる手が止まりません。

アレンジ料理①:まずはそのままパンにつけて

まずは、そのままパンにつけて。

トーストしたパンに牡蛎バターをつけていただきます。

醤油・牡蛎、そしてほんのり感じるバターの優しさで、いつものパンに高級感がプラス。

朝はパン派だけど甘いものは控えたいという方におすすめです。

お味噌汁にも合うかも。

パン以外にも、クラッカーにのせたり野菜にディップしたりと、朝食のバリエーションが増えそうですね。

アレンジ料理②:チンゲン菜との相性がバツグン

本当はほうれん草のバター炒めにしようかと思っていたのですが、近所のスーパーでチンゲン菜が安く売っていたのでチンゲン菜に変更しました。

これが大正解!チンゲン菜と牡蛎バターの相性が◎

「なんで、こんなにおいしいの?」

と、よく考えたら『チンゲン菜のオイスター炒め』というメニューがあるぐらいだから、この組み合わせが合うのは太鼓判つきってことですよね。

シャキシャキ食感もその味も大好きなチンゲン菜。牡蛎バターをからめると噛めば噛むほどおいしい!

ご飯との相性もバツグンで箸が止まりません。

調味料は牡蛎バターのみという簡単さも好き!

アレンジ料理③:もはや定番!?牡蛎バターパスタ

最後に定番のパスタを作ってみました。

茹でたパスタに牡蛎バターを絡めるだけという超簡単アレンジ。

調味料は、パスタを茹でるときの塩と野菜を炒めるときのオリーブオイルぐらいで、味付けは牡蛎バターのみ!

今回はアスパラとコーンを入れていますが、それすら面倒くさい場合はパスタのみでも十分おいしいですよ。

パスタが温かいうちにすばやく混ぜて、すみずみまで牡蛎バターを浸透させるのがおすすめ。

どこを食べても濃厚な牡蛎のエキスを感じられて、食べるのが楽しいです。

野菜との相性も良く、パスタもアスパラもコーンも、どこを食べても牡蛎のうま味が口の中に広がるんです。

どんな野菜とも相性が良さそうなので、冷蔵庫の残り野菜を加えてもいいし、もっといろいろな種類の野菜を加えたら新しい味に出会えそうな予感♡

店員さんもイチオシ!アレンジ自由自在な万能アイテム

実は、買うときに店員さんに「どんなアレンジがありますか?」と聞いたら、トーストやパスタの他にも、

  • 卵かけごはん

  • グラタン

をおすすめされました。(卵かけご飯が苦手なのと、グラタンは手間がかかるので今回は断念・・・)

店員さんいわく「大人気で入荷してもすぐなくなるんですよ!」とのことでした。

タルタル好きが「やばっ絶品認定!」しば漬けのタルタルソース

最後は、ヨムーノライターmiiさんのおすすめをご紹介します!

「しば漬けのタルタルソース」とは?

らっきょう入りのタルタルソースはよく作って食べるのですが、しば漬けをタルタルソースに入れるなんて、すごく斬新!と思いませんか?

そもそもタルタルソースと合うの?と疑ってしまいたくなっちゃいますよね。

そんなことはさておき、パケが可愛らしいので購入したポイント。「国産きゅうりのしば漬けをふんだんに入れた」と書いているので、国産の安心感も◎

実際にタルタルソースを作るのは地味に工程が多くて大変です。しば漬けのタルタルソースは、手軽に使えるのでアレンジレシピも出来そう。

こちらのお値段は429円(税込)なので、手に取りやすい価格も嬉しいですね。

中身は、しば漬け(きゅうり、しょうが、しその葉)と玉ねぎとピクルスとマヨネーズが使われています。シソの香りとしば漬けの香りがほんのり漂うので、クセがなく食べれますね。

スプーンですくってみると、通常のタルタルソースと同じで液だれせず、ぽってりとした感じ。 中のつぶつぶと、しば漬けの紫色がとっても新鮮です。

そのまま食べてみるとしば漬けの風味はしますが、漬け物特有の酸っぱい感じもそんなに強くないです。

タルタルソースのマヨネーズの酸味とも喧嘩することなく、コクは残しつつ、しば漬けのカリカリ食感がクセになるお味です。

アレンジ無限!しば漬けのタルタルソース

タルタルソースと言えば揚げ物は、相性抜群ですよね。ですが、揚げ物しか合わないんでしょ……?と思う方もいらっしゃると思います。

こちらの商品は、意外とアレンジの幅が広いんです。そこで「しば漬けのタルタルソース」を美味しく食べられるアレンジ方法をご紹介します。

定番のフライに

まずは、いわしのフライにかけて食べてみます。

食べた瞬間は、普通のタルタルソースと変わらないのですが、しば漬けの味とカリカリ食感が何とも言えない美味しさです。

ねっとりとした濃厚なお味ですが、しば漬け特有の後味さっぱり感が、ガンガンかけたい衝動にかられちゃいます(笑)タルタルソースが苦手な方でも、美味しくいただけるとおもいます。

甘くないけどコクがあるマヨネーズの風味がとっても美味です。揚げ物には断然合う、安定のおいしさでした。

野菜に

しば漬けのタルタルソースを、野菜にディップして食べてみました。野菜に付けて食べるだけのシンプルな料理ですが、タルタルソースが野菜を格上げしてくれる美味しさです。

今回は、きゅうり・大根・人参をディップしてみます。野菜を切って、しば漬けのタルタルソースを添えるだけで、おしゃれな一品の完成です。手軽に作れるので、おつまみとしてもいいですね!

しいたけに

しいたけの石づきをとって、しば漬けのタルタルソースを乗せて、さらに上からチーズを乗せます。トースターで数分焼いたら出来上がり!

シンプルで簡単なアレンジなのですが、しいたけのジューシーさと、しば漬けのあっさりした風味が合います。さらにチーズでコクが増してかなり美味しいです。

カルディで新しい味に出会おう!

手軽に美味しくいただける万能調味料をご紹介しました。

おうちご飯がマンネリ気味…という時は、ぜひカルディを覗いてみてください! きっと新しい美味しさに出会えますよ♪

※過去にヨムーノで読まれた人気記事を一部抜粋・編集しております。店舗在庫を保証するものではありませんのでご了承ください。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

こちらもどうぞ

人気記事ランキング 24時間PV集計
ランキング

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ