えええッ!?【FOREVER21】が帰ってくる!「トレンド&ハイクオリティ」で再上陸を予告

  • 2022年09月23日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

米国発のファッションカジュアルブランド「FOREVER21」の日本国内再上陸します。
2023年春から、アダストリアグループ公式WEBストア .st (ドットエスティ)での販売が開始され、関東・関西の郊外ショッピングセンターを中心に出店が予定されています。

世界各国で展開する“今”の「FOREVER21」について

「FOREVER21」は、30年以上の歴史を持つアメリカ・ロサンゼルス発のファッションカジュアルブランドです。日本国内では2009年に単独1号店を出店し、2010年代の外資系ファッションブームを先導したブランドとなりました。2019年を以て、日本での店舗展開は終了しましたが、2020年、米ブランド管理会社のオーセンティック・ブランズ・グループ合同会社(Authentic Brands Group LLC、以下ABG社。)が同ブランドを買収し、リブランディングに着手。

商品の品質・価格や店頭表現をリニューアルし、サステナビリティや社会貢献へのアプローチを積極化するなど、今の時代に合わせたプロモーションを展開したことにより、多くの顧客の支持を得るブランドへとイメージを刷新し、世界主要国で570店舗以上を展開するグローバルブランドとして事業を拡大しています。

アダストリアがFOREVER21の日本再上陸を手がける理由

FOREVER21の日本再上陸にあたり、アダストリアグループが掲げる大テーマは “トレンド&ハイクオリティへの転換”です。高いファッション感度と多様なカルチャーを背景に持つFOREVER21のファッションブランドとしてのポテンシャルと、アダストリアの環境と人に配慮したサプライチェーンマネジメント(SCM)を軸に、1,400万人以上の会員を保有するEC、店舗開発力、商品開発力などの強みを掛け合わせることで、かつての大量生産・大量販売・大量廃棄、といったイメージから脱却し、現在の日本マーケットにローカライズしたファッションを届けます。

ABG社 Vice President, Business Development – APAC Kevin Salter氏コメント

「Forever 21 は、ABG社にとって非常に重要なブランドです。日本マーケットは、かつてFOREVER21にとって主要な市場でした。そのため、日本で再びブランドを活性化するためにアダストリアと提携することに非常に興奮しています。日本はファッショントレンドをリードする地域です。伊藤忠商事およびアダストリアとのパートナーシップにおける私たちの目標は、サステナビリティに革新的な焦点を当てたFOREVER21というブランドを通じて、素晴らしいトレンドを生み出し、日本の強いファッションの影響力を利用してこのトレンドを世界中に広めることです。」

日本における新生FOREVER21のコミュニケーションテーマについて

新しい価値観を表明するコミュニケーションテーマは、『Wear No Filter』
''一人一人のリアルを、美化したり、ぼかしたりすることなく、着ることでむしろ、その人らしさが裸になっていく。そのままを映し出すこと。それらが最も魅力的だと信じる、FOREVER21の合言葉。”  

新生FOREVER21は、様々な現代的な価値観へのリスペクトと共鳴を、様々なクリエイションに表現していきます。

今後のスケジュール

2022年12月初旬: 新たなFOREVER21の商品テーマをお披露目する商品展示会を開催(メディア・関係者向け、招待制)
2023年2月21日: アダストリアグループ公式WEBストア .st(ドットエスティ)での販売開始
2023年春: 関東・関西の大型ショッピングセンターに出店予定。1号店はららぽーと。

23年春のECでの販売開始と一号店出店を皮切りに、ポップアップストアも随時展開し、直接商品を手に取り、新たなブランドを体感できる機会が創出されます。

FOREVER21について

FOREVER21は、ユニークなスタイルと自信を刺激する最新トレンドをすべての人に提供するファッション業界のリーダーです。顧客体験に新たな焦点を当て、魅力的な価値とダイナミックな店舗環境を備え、ハイスタイルのデザインとファッションのベーシックを提供します。世界で570以上の店舗とオンラインで展開し、ECとデジタルを駆使してアクセスの利便性を向上させながら、今日のファッショナブルな消費者に選ばれるブランドとしての地位を強化し続けています。
<URL> https://www.forever21.com/

⇒同じドンウクさんで「あ~勘違い」!【Netflix未配信】第1話で「これは面白いゾ」と確信した韓国ドラマ

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ