• 2015/10/28
  • PR

ふるさと納税を限度額まで収めたい!

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
181 20151028 hurusato

ふるさと納税に興味があっても、具体的にどのようなものかイメージができないという方も多くいるかもしれません。では、ふるさと納税には、どのような特徴があるのでしょうか?

そもそもふるさと納税とは?

ニュースなどでふるさと納税について聞いたことがあっても、具体的にどのようなものなのかイメージすることができないという方も多くいるかもしれません。ふるさと納税は、簡単に言うと自治体への寄付金です。ですが、ただ寄付をするというだけではなく、寄付をすることで何らかの特典ができます。ふるさと納税を行うことによって、住民税などが控除されます。そして、ふるさと納税のもう一つの特徴が、ふるさとごとに特産物がもらえるということです。ふるさとに納税をするだけで、特産品がゲットでき、税金の控除などのメリットがあります。生まれ故郷以外の地域にも納税することが可能なので、自分の好きな特産品がもらえる地域を選択して納税を行うこともできます。複数の地域に納税することもできるので、色んな地域の特産品をゲットできます。複数の地域へふるさと納税をする場合には、限度額もあるので注意が必要です。

限度額を計算してみよう!

ふるさと納税の限度額とは、どのようなものなのでしょうか?簡単に言えば、控除してもらえる額の限度額ということです。ふるさと納税を行うだけならば、上限はなく好きな額だけ納税を行うことが可能です。納税をすると住民税などが控除してもらえる制度があるのですが、控除の対象となっている費用には、限度額が存在しているのです。控除の対象となる費用以上の額を納税することは可能ですが、対象以上の額を納税するとそのお金はただの寄付金になります。自治体にお金を寄付したいというならば話は別ですが、控除を目的としてふるさと納税を行いたいと思っているのであれば、納税額には注意が必要です。限度額を検討する場合には、インターネットサイトなどを利用することで手軽に計算が行えます。インターネットサイトのシミュレーションを利用することで手軽に計算ができるので、計算が苦手な人でも安心です。

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事