【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

ヨムーノ 利用規約

第1条(目的)

  1. この ヨムーノ 利用規約(以下「本規約」)は、株式会社くらしにくふう(以下「当社」)が「ヨムーノ」の名称にて提供するサービス(以下「本サービス」)の利用条件を定めるものです。本サービスをご利用される場合には、本サービスの利用者(以下「ユーザー」)は本利用規約に同意したものとみなされ、本利用規約を内容とする本サービスの利用契約が成立したものとみなします。
  2. ユーザーは、本規約及び当社が別途ユーザーに提示する諸規程(以下「本規約等」)を遵守しなければなりません。

第2条(利用規約の変更)

当社は、必要に応じ、本規約本規約等を変更できるものとします。本規約等を変更する場合、変更後の本規約等の施行時期及び内容を当社が運営するウェブサイト内の適宜の場所での掲載その他の適切な方法により周知し、又は通知するものとし、施行時期経過後は、変更後の本規約等が適用されるものとします。

第3条(IDパスワード)

  1. ヨムーノの各種サービスを利用する際に割当てられるID及びパスワード等がある場合については、当該ID及びパスワード等については、利用者の責任において利用及び管理し、また第三者への譲渡及び第三者による使用を禁止します。
  2. 当社は、ID及びパスワード等が第三者によって利用されたことによって利用者が被る損害について、当社に故意又は過失があった場合を除き、責任を負いません。

第4条(個人情報の利用)

当社は、本サービスの提供にあたり、別途定める プライバシーポリシー に則り、ユーザーの個人情報を利用するものとします。

第5条(知的財産権)

  1. 本サービス上で行う投稿やアンケートの回答など、ユーザーが本サービスに提供した情報(以下「本件ユーザー提供情報」といいます)の著作権は、当該ユーザーに留保されます。
  2. 当社は、本件ユーザー提供情報について、当社の編集方針や利用目的に照らし修正等を行ったうえで、本サービス等の当社が運営する媒体に掲載し、又は当該媒体に関連する販促活動に利用するほか、当社が他社のニュースメディア等に配信する記事に掲載すること、第三者に再許諾することができるものとし、ユーザーはこれを予め承諾します。これらの利用に関し、ユーザーは、著作者人格権を行使しないものとします。

第6条(禁止事項)

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為を行ってはならないこととします。

  1. 本規約等に違反する行為
  2. 当社又は第三者の著作権、その他の知的財産権又は財産的利益を侵害する行為、又はそのおそれのある行為
  3. 法令、公序良俗に反する行為、又はそのおそれのある行為
  4. 他のユーザー又は第三者に不利益を与える行為、又はそのおそれのある行為
  5. 本サービスの運用を妨げる行為、又はそのおそれのある行為
  6. 当社又は本サービスの信用を毀損する行為、又はそのおそれのある行為
  7. 本サービスに含まれるソフトウェア情報及び著作物について、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、又は逆アセンブルする行為
  8. 当社のネットワーク及び本サービスを提供するにあたり使用しているインターネットサーバ(以下「対象設備」)に不正にアクセスし、又は蓄積された情報を不正に書き換えもしくは消去する行為
  9. 対象設備にウイルス等の有害なコンピュータプログラム等を送信する行為
  10. 対象設備に必要以上の負荷をかける行為
  11. その他、当社が不適切と判断する行為

第7条(サービスの変更・中止について)

当社は、本サービスを予告なくサービスの全部又は一部をいつでも任意の理由で変更、中断、停止又は終了することがあります。

第8条(免責事項)

  1. 当社ではそのコンテンツに関する正確性、完全性、適用性、合法性、有用性等に関して、保証するものではございません。
  2. 本サービスを通じて得た情報をもとにユーザーが行った、あるいは行うことができなかった行為によって直接あるいは間接的に生じるいかなる費用や損害について、当社に故意又は過失があった場合を除き、責任は負いません。また、本サービスのサービス中断・遅延もしくはサービスの欠陥によって直接あるいは間接的に生じるいかなる費用や損害についても、当社に故意又は過失があった場合を除き、責任は負いません。
  3. 本サービスからリンクされている他サイトや、本サービスへリンクされている他サイトについて、当社では、そのサイトの利用もしくは内容に関する責任を一切負いません。この場合はリンク先のサイトの利用条件に従ってください。

第9条(損害賠償責任)

当社が損害賠償責任を負う場合についても、当社に故意又は重大な過失がある場合を除いて、当社は、当該利用者が直接かつ現実に被った損害を上限として損害賠償責任を負うものとし、特別な事情から生じた損害等(損害発生につき予見し、又は予見し得た場合を含む)については責任を負わないものとします。

第10条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項が適用法に基づき無効又は違法となった場合であっても、その無効又は違法は、いかなる意味でも本規約の他の条項に影響せず、その有効性を損なわせず、無効としないものとし、本規約の他の条項はすべて有効に維持されるものとします。

第11条(準拠法)

本サービスその他の本規約に関する準拠法は日本法とします。

第12条(合意管轄)

ユーザーと当社との間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。