建築家・ナイトウタカシさんのブログ「木造がいい?鉄骨造がいい?」

木造がいい?鉄骨造がいい?

2021/04/17 更新

昨日、とある現場で、建て方でした。



でも。

なんだか、いつもと違う感じですよね。



それもそのはず。

こちらの建物は、木造ではなくて、鉄骨造ですので。



工場で精度高く加工してきた各部材を、丁寧に組み上げていきました。



敷地内に、レッカーが入らなかったこともあって、

大変な作業になっていましたが、慣れたもんです。



鉄骨造もやるんですか?

という声が聞こえてきそうです。



もちろん。

住宅で、鉄骨造はなかなか厳しいのですが、

それ以外の用途であれば、やりたいことに合わせて、

鉄骨造やRC造もやったりしますよ。



ちなみに。

「住宅で、鉄骨造はなかなか厳しい」



これって、温熱性能のことを理解しているプロであれば、

共通の認識です。



なので。

よほどの事情がない限り、鉄骨造の住宅はオススメしません。



鉄骨造のいいところって、柱と柱の距離を大きくとれるので、

間取りの自由度が高いことと、耐震性にあります。



ただ、最近は、構造計算をしっかりする+特殊な工法を採用することで

木造でも、鉄骨造なみのことができるようになってきてます。



ただし、「普通の」木造しか知らないと、同等にはできませんが。。



そして、先ほど書きましたが、温熱の性能ですね。

簡単にいうと、断熱性能の確保が難しいんです。



鉄骨造の場合、構造の鉄骨部や基礎のコンクリート部が、

外気に触れる状況をつくってしまうと、冬場、家全体に冷気がまわります。



外断熱してるから大丈夫。

だなんて、断熱材で、全てを包み込むことができないので。。



一番のポイントは、構造の鉄骨が熱を伝えやすいことにあります。

木は、熱を伝えにくいんですよね。



木部は、少し冷えたとしても、それが中へと伝わっていくことは

鉄骨に比べると、よほど少ないんです。





冬寒いだけだといいのですが。。。。

問題はそれだけにとどまらないんですよ。



もし。

家を鉄骨造にするのであれば、いろんな構造を取り扱える

専門家に相談しながら、採否を決めることをオススメします。



家って、日常を過ごす場所ですので、

心地よく暮らしていただきたいですから。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

小金井の家 上棟式

山本浩三

2021.05.17
上大崎の家の上棟式翌日は小金井の家...

建築家:山本浩三

今週土曜 建物探訪で放送

石川淳

2021.05.17
5月22日(土曜)朝4時30分から...

建築家:石川淳

アンティークの和家具って魅…

ナイトウタカシ

2021.05.17
並んでいるのは、アンティークの和家...

建築家:ナイトウタカシ

「思い出のPeacokの家」

北原啓子

2021.05.16
今日は朝からT様ご夫妻と設計契約を...

建築家:北原啓子

住宅展示場で見学してみる。

ナイトウタカシ

2021.05.16
植栽って。 ほんと、すごくいい雰...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ