建築家・ナイトウタカシさんのブログ「オーダーキッチンから和紙の里へ!」

オーダーキッチンから和紙の里へ!

2021/05/07 更新

昨日、木製のオーダーキッチンを得意としている会社へ

お客様と一緒におじゃましてきました。



何を隠そう、私も初めてお会いするオーダーキッチン屋さん。

ということで、最初から、お客様と一緒に、説明を聞きました。



どんな会社なのか。

それを、しっかりと説明するところからスタート。



デザインのこと、アフターのこと、製作のこと。

端的ながらも、ポイントを押さえた感じ。



「お客様と一緒につくる」というスタンスには、共感しました。



その後、ショールームに展示されている、2本のキッチンを

見学し、そのまま、工場も見学させていただきました。



製作を外注せず、自社工場で、自社職人がつくるあげる

それも、魅力の一つだなと思いました。



一通り見学したのち、お客様の家のキッチンについて

ヒアリングがスタートしました。



どんな形で、どんな使い方をするのか。

どこに、どんなものを収納するのか。

どこに、何の機器を設置したいのか。



などなど。いろいろありますよね。



お客様も、しっかりと考えてきてくださっていたので、

キッチン屋さんにしっかり伝わったようです。



ラフではありますが、ちょっとしたスケッチをもとに、

一通りラフプランができたところで、打合せが終了となりました。



2週間ほどで、キッチンの提案+見積書をいただけるそうです。



どれくらいの金額になるのか。

ドキドキしながら、待つことにしようと思います。



そうそう。

打合せの途中で、話題になっていたことなんですが。。



キッチンに合わせて、収納する場所やモノを考える。

そうであれば、オーダーキッチンでなくてもよくて、

システムキッチンで十分。



入れたいものに合わせて、キッチンを組み立てる。

その自由度が、オーダーキッチンの大事な魅力の一つだなって

改めて思うことができました。





少し話は変わりますが。



キッチンの打ち合わせを終えた後、夕方からの打合せまで

時間があったこと+帰路の途中にあることから、

美濃市に立ち寄ってきました。



何が目的なのかというと。。。



「和紙」なんです。美濃和紙ってありますよね。



前々から気になっていたのですが、ちょっと遠方になるので、

時間があるときに行こうと思っていたんですよね。



ちょうど、そのタイミングでした。



いろんな和紙屋さんがある中から、たまたま入ったお店が、

ドンピシャで、ビックリしました。



二枚目の写真は、手すき和紙で草木染したもの。



結構値段はするのですが、質感や風合い、色については、

何ともいい雰囲気なんです。



仕事柄、すぐに、どこに使おうかななんて考えていたら、

店員の方から、いろいろいいアイデアをいただきました。



とってもいい時間になりました。

いい刺激をいただいて、感謝ですね。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

オーダーキッチンをお願いす…

ナイトウタカシ

2021.06.20
壁付けのI型キッチン。(一枚目) ...

建築家:ナイトウタカシ

家づくり時々クリニック!

ナイトウタカシ

2021.06.19
ガランとした空間ですよね。(一枚目...

建築家:ナイトウタカシ

19 | 土地の見方②

相川直子+佐藤勤

2021.06.18
こんにちは。 和モダン住宅を設計す...

建築家:相川直子+佐藤勤

カンフタブルハウス土留め工事

北原啓子

2021.06.18
おはようございます。 海老名の社有...

建築家:北原啓子

目隠しをしながら光と風を取…

ナイトウタカシ

2021.06.18
気持ちよさそうな光が差し込んできて...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ