• 2018/05/17
  • PR

【陰干しもポイント】スニーカーは洗濯機で洗うのがおすすめ

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Large

こんにちは、ヨムーノライターのメイです。
4歳と1歳の男児二人の子育て真っ最中ですが、「育児はクリエイティブ」をモットーに日々何とか乗り切っています。

さて、早速ですが汚れたスニーカー、皆さんはどうやって洗いますか?
メリットいっぱいの「洗濯機洗い」のやり方についてご紹介します。

運動会が終わった後はこの洗い方がラクでキレイに

運動会が近づくと、走り込みやグラウンドでの競技の練習などで、子どもの服が泥だらけになりますよね。
服と同じくらい汚れが激しいのが、スニーカーなどの運動靴。

ドロドロのスニーカーは、子どもがたくさん運動した証拠ですが、汚れは汚れ。
土埃や汗をたくさん吸ったスニーカーをそのまま玄関に放置しておくと、見た目も臭いも気になります。

お風呂場でつけ置き洗いをしたり、コインランドリーのスニーカー用洗濯機などで洗ったりという方法がありますが、我が家ではワイルドに洗濯機でまとめて洗ってしまいます。

スニーカーを洗濯機で洗うというと驚かれるかもしれませんが、実は欧米では一般的な洗濯方法なのです。
洗濯機で靴を洗う一番のメリットは、手荒れ予防になる事。

もちろん手洗いに比べて手間も時間も省けますし、脱水機能も活用するので干す時間も比較的短く済みます。

洗濯前の準備と、用意するもの

洗濯する前に、手で取れるような大きな汚れ(落ち葉や土の塊など)を玄関で落としてしまいましょう。
そして、紐靴の場合は、靴紐をスニーカー本体から外します。
また、中敷きも外してしまいます。

洗濯道具を揃えましょう。
歯ブラシ以外は、通常の洗濯で使う道具を一式用意すればよいので、特別に買い物に行く必要はありません。乾きが心配な方は新聞紙を用意すると良いでしょう。

  • 掃除用歯ブラシ
  • 中性洗剤
  • 洗濯ネット
  • 物干し
  • 新聞紙(必要に応じて)

スニーカーの洗濯方法

それでは、実際に洗っていきましょう。

(1)まずは洗面所やお風呂場で、靴の裏についている汚れを落とします
スニーカーの裏側は、滑り止めのため、細かい溝のある模様になっている場合が多いです。土汚れや小さな石などが、この溝にはまり込んでしまっている事が多いので、歯ブラシでよく洗います。

また、靴の裏だけでなく、スニーカー本体にも目立つ汚れがある場合は、歯ブラシに中性洗剤を少しつけ、優しく予洗いしておきます。

この時、ゴシゴシとこすってしまうと、汚れが生地の奥に入り込んでしまったり、生地が傷んでしまう可能性があります。優しく洗うのがポイントです。

(2)軽く水を切り、洗濯ネットに入れます
洗濯ネットに入れる事で、生地が傷むのを防止し、洗濯機が回っている時のガタゴトという音を和らげてくれる効果があります。大きいネットに何個か一緒にまとめて入れても大丈夫です。

中敷きや靴紐も別のネットにまとめて入れて一緒に洗います。

(3)洗濯機に入れ、普通コースに設定し水をためます
洗濯メニューは普通コースを選びます。
水の量は、スニーカーが全てつかるように多めに設定しましょう。分量の中性洗剤を入れ、注水します。

この時、注水が完了したら一旦停止します。
粉洗剤を使用する場合は、注水が完了した後、何度か洗濯機を回し、洗剤が全て溶けたことを確認してから一時停止すると良いでしょう。

(4)1時間程度つけ置きします
一時停止の状態で1時間程つけ置き状態にします。汚れがひどい場合は、さらに長時間つけ置きをしておきます。

(5)陰干しします
つけ置きが完了したら、一時停止を解除し、最後まで洗濯機で洗います。
洗濯が完了したら、物干しなどに干し、風通しの良い場所で陰干しをします。
日光に当てると、生地が傷みやすくなり、また色褪せてしまう場合があります。必ず陰干しにしましょう。

この時、スニーカーのベロの部分はできるだけ広げた状態にします。
また、マジックテープなどは外した状態にすると乾きが良くなります。

温かく乾燥している時期だと、一日干せば大体乾きますが、乾きが悪い場合は、靴の中に丸めた新聞紙を入れると良いでしょう。

(6)中敷きや紐を戻します
スニーカーが完全に乾いたら、中敷きや靴紐を戻して、洗濯完了です。
洗い終わったスニーカーは石鹸の良い匂いで、色もワントーン明るくなります。さらに防水スプレーなどをしておけば、汚れ防止効果もあります。

スニーカー洗濯の注意事項

当たり前ですが、革靴などの水洗いできない靴は洗えません。

また、ヒールのある靴やレースなどの繊細な装飾が施されている靴も型崩れする可能性があるので、洗濯機で洗うのは止めましょう。

色の濃いスニーカーは色落ちや色移りの可能性があるので、分けて洗うか手洗いするのが無難でしょう。

湿度の高い日や曇りの日などに洗濯すると、しっかりと乾燥せず、臭いやカビの原因になります。天気が良く、乾燥している日を選んで洗濯するようにしましょう。

スニーカー洗濯と一緒にやっておきたいプチ掃除

スニーカーを洗っている間に、玄関や下駄箱の掃除もしてしまいましょう。綺麗になった靴を綺麗な下駄箱に入れると、さらに爽快感がアップします。

スニーカーを洗った後の洗濯機で衣類を洗う事に抵抗がある方は、スニーカー洗濯の後に、洗濯槽を洗ってみてはいかがでしょうか?

塩素系の洗濯槽洗剤を使用すれば、除菌効果も高く、洗濯槽の裏側のカビを落とす効果もあります。靴を洗った後は、洗濯槽もすっきり洗って、洗濯機ごと清潔に保ちたいですね。

手洗いに比べ、時間も手間もかからない洗濯機洗い。おまけに、ほとんど水や洗剤に触れずに洗濯できるので、手荒れの心配もありません。

しっかりつけ置きするので、汚れもきちんと落ち、乾きの早さも抜群です。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

ライター:メイ
4歳と1歳の男児二人を育てるフリーライター。手抜き息抜きしながらも「育児はクリエイティブで楽しくなる」をモットーに、時々ちょっとだけ手をかけてみるライフスタイルを実行中。主に育児やシーズナルな話題についての記事を更新していきます。
Instagram:@wonderlanderkids
wonderlanderkids

もうすぐ運動会!今の靴のサイズは子どもに合ってますか?

【子ども靴の選び方】小学生が運動会で速く走れる靴からおすすめの上履き選びま

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事