【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

【すのこ棚をDIY】ALL100均でもおしゃれ!達人の実例25選

  • 2019年05月29日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

「おしゃれなオリジナル家具を作りたいけれど、どのように作ればいいのかわからない」という方も多いですよね。

そんな方は"すのこ"を使うのがおすすめですよ。

今回は、すのこを使って作れる棚の実例を紹介します。

すのこから棚をつくる3つの方法

木製のすのこは、湿気を適度に取って空気の流れをよくしてくれるので、家庭の押し入れや浴室などでよく使わるアイテムです。

サイズも豊富で、ホームセンターや100均でも取り扱いがありますよね。

すのこは色々なアレンジがしやすく手軽にDIYできると人気があるアイテムですが、すのこ棚を作りたいとき、どんな風にアレンジしたらいいでしょうか?

方法1.すのこの形を活かして棚作り

一番簡単なのは、すのこの形を活かして棚を作る方法です。

一口に"すのこ"と言っても様々な大きさがあります。作りたいものに合った大きさのすのこを選べば、そのまま使えます。

方法2.すのこを解体して棚作り

すのこは解体して使うこともできます。

すのこを解体するときは、木板が止まっている部分にマイナスドライバーを差し込んで、軽くハンマーでたたきます。最後に釘をペンチで抜けばOKです。

すのこを解体して使いたい場合は、木板の接着が比較的弱めの100円ショップのすのこががおすすめです。

ホームセンターなどで売っているすのこは木板の接着が強く、簡単に解体しにくいので、用途に合わせて選ぶようにしましょう。

方法3.すのこをカットして棚作り

のこぎりがあれば、すのこを好みの大きさにカットして使えます。

のこぎりというと面倒なイメージがありますが、すのこをカットするのにあまり力は必要ありません。力に自信がない人は、板が薄いすのこを使ってくださいね。

すのこ棚を工具なしでDIYする方法

ボンドやグルーガンでくっつける

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

すのこの形を活かして棚を作るなら、工具なしで組み立てることができます。必要な道具は、ボンドやグルーガンだけです。

ボンドは100均、グルーガンはホームセンターなどで購入できます。手元にグルーガンがない場合には、木工用ボンドでも代用できます。

結束バンドでとめる

出典:楽天

100円ショップやホームセンターで販売している結束バンドは、電気コードなどを束ねるのに便利です。すのこ同士をつなげたい部分に結束バンド巻き付けるだけで、接着剤なしで簡単にすのこをくっつけられます。

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

すのこ棚を自分好みにアレンジしよう!

すのこ棚に好きな色を塗る

すのこは通常、白板の状態で売られています。「白板のナチュラルさもいいけれど、ちょっと雰囲気が合わない」という場合には、ペイントしてもいいですね。

すのこ棚にキャスターをつけると移動も簡単

ベッド下や狭い場所にすのこ棚を置く場合は、キャスターをつけると簡単に移動できて便利です。すのこ棚を出し入れする際に、無理に引き出して床を傷つける心配がありません。

すのこ棚に重たいものを収納しても、キャスターをつければ楽々と取り出せます。

キャスターには、キャスターを1つずつつける方法とあらかじめキャスターがセットされているキャスター台があります。上手にキャスターをつける自信がない人は、キャスター台を利用するのもおすすめです。

販売ページを見る(Amazon)

すのこ棚を作るなら簡単な設計図を描いてみよう

すのこ棚を作るときには、どれくらいの大きさで、どんな形のものを作りたいかイメージしておくことが大切です。

まず、すのこ棚に何を収納したいか考えます。置きたいものの大きさと、置く場所をイメージして、簡単な設計図を描きます。設計図をもとに、すのこのサイズを選びましょう。

すのこには、色々なサイズがあります。自分の作りたい棚に合わせてすのこを選べば、カットする必要もありません。その分、後片付けも楽になります。

すのこの販売ページを見る(楽天)

すのこの販売ページを見る(Amazon)

関連記事

「100均すのこ」で簡単DIY!好みの棚や収納を作ろう!実例12選+作り方も

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事