かさばりがちなタッパーはこう収納する!達人の名アイデアBEST10

  • 2021年03月24日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

気がつくと増えがちな食品保存容器、タッパー。
大きさや種類がバラバラで収納に困ることはありませんか?

今回はかさばりがちなタッパー収納について、インスタグラマーさんの工夫やアイデアを紹介します。また合わせて、タッパーに食材を上手に収納する活用テクも紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

かさばるタッパーの収納はこう工夫する!

スタッキングできるタッパーで省スペース収納

@gpgp_ismartさんは、キッチン下の収納スペースにタッパーや保存容器を重ねて収納。限られたスペースを有効活用するため、スタッキングして省スペースが叶うアイテムを選ぶことが多いのだそう。

愛用しているのはホームコーディの「そのままレンジ 保存容器」。コンパクトに美しく整理された収納スペースを見ると、真似してみたくなりますね!

バラバラだったタッパーを断捨離してサイズを統一

@rsshhokさんは、いろんなサイズや色味のタッパーでにぎやかだった収納スペースを解決するために、ジップロップで統一することにしたそう。

実家から料理を分けてもらうなどで増えがちなタッパーは、整理のしやすさを考え、どこかのタイミングで整理しないと管理が大変になりますよね。

@rsshhokさんのように思い切って整理・処分すると清々しい達成感があるはず!

高さを細かく調整したカップボードで取り出しストレスを減らす

_.akiko._さんは、IHコンロ下に収納していたタッパー類をカップボードへ移動。

仕切り板で高さを細かく調節。スタッキングしすぎず保管できる収納は、重ねた下の容器が取り出しにくい、というストレスから開放してくれますね。

ブックスタンドを使った収納でタッパーが自立

ガラスタッパーを愛用している@____.kmmmさんは、ダイソーで購入したブックスタンドを使ってタッパーを立てて収納しています。

これなら乱雑に重ねて割れてしまう心配もなく、何より一つひとつが自立して取り出しやすそうですね。

ニトリのブランでリバウンドなしの快適収納

@keip1219さんは、シンクの下の収納スペースを昨年見直し、ニトリのブランにサイズや形状が近いタッパーを細かく分類して収納しています。

自分の好みや生活スタイルにあった収納を選ばないと、結局使い勝手が悪く感じてリバウンドしてしまいがち。しばらくこのスタイルを維持できているそうです。

実証済みの使い勝手の良さは真似してみたくなりますね。

食材ごとに機能性を考え、収納も美しく

@furafurahomeさんのキッチン収納スペースは、サイズが近いタッパーや保存容器を重ねて美しく収納されています。

液体ものやにおいが気になるものなど、入れる食材によってタッパーを使い分けるので、全て同じサイズや仕様でそろえるのは難しいところ。ですが、そんなストレスを感じさせないアイテム選びはぜひ参考にしたいですね。

一覧しやすい収納スペースで増えすぎ防止

いつか使う、と保管しているタッパーは、いざ収納を見直してみると、フタだけ残っていたりペアが行方不明だったり……と不思議なことが起こりがち。

@umicafe.ronさんもキッチン収納スペースを見直し、不要なものを断捨離。使うものだけ厳選し、一覧しやすい収納スペースにしておくと、増えすぎ防止にもなりそうですね。

バスケットを併用して小さなタッパーをまとめる

@lomane124さんは、使う頻度の少なくなったタッパーをキッチンの下のスペースで収納しています。

ばらつきやすい小さいサイズのタッパーも、バスケットの中で収納することでまとまりよく整理整頓ができますね。

みんなどうしてる?冷蔵庫のタッパー使い

タッパー収納で見た目と取り出しやすさを一気に解決

@ibunikoさんは、冷凍ストックに使っていたフリーザーバッグからタッパー収納へ切り替え。

これまではS・M・Lのサイズを使い分けていたのが、使い捨てる罪悪感と冷蔵庫内のごちゃつきがストレスに感じていたそう。

今はセリアのしっかりパックの400mlと450mlを使い分け、お肉の種類や量をラベリングしてストックしています。均等なサイズで整列してくれるので、見た目も取り出しやすさも一気に解決されますね!

パンの冷凍保存は正方形のケースで解決

@akko.2no3さんも、フリーザーバッグにストレスを感じていた一人。冷蔵庫の中で自立しにくい袋収納からスタックしやすいタッパー収納に変更すると、家事のストレスから解放されますね。

食パンも正方形のケースに入れて冷凍することで型くずれしなくなったそうですよ。

曜日ごとに食材をタッパーに入れて保管

@yukikoyano_dailyさんは、鶏肉や豚肉など、食材を種類別に管理せず、使う曜日に分けて保存しているそう。こうすることでどの食材があまっているかを確認する作業を減らし、調理にかける時間を時短しているのだとか。

サイズを統一して立てて収納できるタッパーは、限られた冷凍庫スペースをフルで使え、見た目もスッキリ使いやすそうですね。

100均のタッパーで食材別に消費を管理

@rakurashi_enさんは、セリアで購入した「しっかりパック」シリーズのタッパーを縦に並べて冷凍庫収納に活用しています。肉や魚は買ってきた袋に入れたま収納することで、収納に対する準備の手間が省けてGOOD。

一つでもステップを減らし、ストレスフリーな家事の時間を楽しみたいものですね。

空でも冷蔵庫に保管して定位置収納場所をキープ

@miki.conyさんは、定位置で物を管理するために、空っぽのタッパーも冷蔵庫に保管することがあるのだそう。

こうすることで、いざと言う時に物が溢れて入らない、あれどこに行った?と困る心配もなくなりそうですね!

取り出しやすくタッパーを収納しよう

タッパーを収納する前に、今持っているタッパーが必要なのか、「フタだけ」「本体だけ」になっていないか見直す機会をぜひ作りましょう。

できる限りタッパーの大きさや種類を揃えると、重ねて収納できるので便利ですよね。今回紹介したように、カゴに入れたり仕切りを活用したりして、必要な時にサッとタッパーを取り出せるよう収納してみてくださいね。

あわせて読みたいキッチン収納

100均グッズで「シンク下収納ごちゃごちゃ問題」に終止符!整理術

※投稿者の許諾を得て掲載しています。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事