業務スーパー「1個95円」ハンバーグ3種!分厚くてボリューム満点♡

  • 2021年03月24日更新

こんにちは。業務スーパーに通いつめること10年以上のヨムーノライター、相場一花です。

我が家は私を含め、家族全員よく食べます。気が付くと食費がとんでもないことになっていたことも……。食いしん坊ばかりの我が家にとって、コストパフォーマンスに優れた業務スーパーはまさに救世主です。

今回は、我が家でよく購入している業務スーパーの冷凍ハンバーグ3種類を紹介します。

ヨムーノライターが熱推し!業務スーパーまとめ

冷凍食品・チルド・お菓子まで厳選まとめはこちら

業務スーパーのハンバーグはココが魅力的!

業務スーパーでは様々な食品を取り扱っていますが、中でもハンバーグは多種多彩。お弁当に向いている小さめのハンバーグから日々の食卓に大活躍する大きめのハンバーグまでサイズの違いがあるのもさることながら、味のバリエーションも豊富です。

よく行く業務スーパーの店頭で確認したところ(2019年11月時点)、本記事で紹介する業務スーパー同シリーズの冷凍ハンバーグは、5種類もの味が展開されていました。

  • チーズ入りトマトソース
  • ハンバーグステーキ
  • まいたけ入り和風ソース
  • 和風おろしソース
  • マッシュルーム入りデミソース

他のシリーズにはなりますが、煮込みハンバーグやあらびきハンバーグなども。様々な味が展開されていると、自分好みのハンバーグを見つけられていいですよね。

また、業務スーパーのハンバーグはコスパが良いのは当然のことながら、国内製造されているハンバーグもたくさん(※1)。本記事で紹介する冷凍ハンバーグも国内製造です。

コスパの良さと国内製造で安心感の高さを兼ね備えている業務スーパーのハンバーグは、食品の品質が気になる人でも手が出やすいのではないでしょうか。

トマトの酸味が効いてる!1個95円「チーズ入りハンバーグ」

  • 業務スーパー「チーズ入りハンバーグ」1個・95円(税別)

ハンバーグに四角いチーズがトッピングされているのが特徴的な業務スーパーの「チーズ入りハンバーグ」。

冷凍されている状態で販売されていますので、保存する時も要冷凍。ハンバーグのサイズは155g。155gというサイズは、白米を茶碗1杯分入れた時とほぼ同じ重さです。

スーパーやファーストフード店でよく見かけるぺちゃんこハンバーグではなく、業務スーパーの冷凍ハンバーグは分厚い!

1個食べれば満足することはほぼ確定。厚みのある冷凍ハンバーグが1個95円(税別)ですから、コスパはかなり良いと思います。

【調理方法】

  • 電子レンジ(500W)…凍った状態でお皿にのせてラップをし、約4分30秒
  • 湯せん…凍った状態のまま袋ごと熱湯に入れて約15分

厚みのあるハンバーグだからか、中まで火が通るのに時間がかかるのが難点。しかし、電子レンジか湯せんで調理できるのはラクでいいですよね。
他のおかずを作ったり食卓の準備をしたりしながら、簡単に調理できるのはありがたいかぎり。

チーズとトマトの酸味がお肉との相性バツグン

ハンバーグを袋から取り出すと、チーズがトロトロに溶けていました。トマトソースと絡み合って実に美味しそうです。トマトソースの酸味が強めですが、チーズやハンバーグとの絡みは最高です。

パッケージを確認した限り、ハンバーグ部分で主に使用しているのは、鶏肉(国産)。そのせいもあってか、肉肉しさが足りない気がしました。

食感は、スーパーで販売されいる安価な冷凍ハンバーグに似ていると思いました。味自体に大きな不満はなく、サクサクと食べきりました。

子どもに大好評!

我が家の子ども達は、本記事で紹介する冷凍ハンバーグのうち、「チーズ入りハンバーグ」が一番のお気に入りのようでした。

子ども達には半分ずつ食べさせましたが、2歳の娘は「もっと食べる!」とドンドン口に運んで完食したのが印象的。一方、4歳の息子は黙々と箸を進め、いつの間にか完食していました。

ボリューム満点!1個95円「ハンバーグステーキ」

  • 業務スーパー「ハンバーグステーキ」1個・95円(税別)

どどーんと140gある業務スーパーの「ハンバーグステーキ」。

ハンバーグのお肉は鶏肉と牛肉がミックスされていますが、ぎっちりと詰まっています。大食漢でなければ、ハンバーグステーキ1個でお腹いっぱいになるはず。

気になるカロリーは?

1個あたりのカロリーは307kcalです。思ったよりもカロリーがあると感じましたが、一般的に販売されているハンバーグのカロリーとほぼ変わりません。

業務スーパーの「ハンバーグステーキ」の他に茶碗1杯のごはん(235kcal)、目玉焼き(130kcal)、野菜スープ(90kcal)を食べても約700~800kcal程度(※2)。

農林水産省(※3)によると、一般的な女性の1日の摂取カロリーは2200~2400kcal程度ですので、1食あたりのカロリーに換算すると、約733~800kcal。つまり、カロリー制限をしていないのであれば、業務スーパーの「ハンバーグステーキ」を1個食べても問題はない程度のカロリーですね。

塩コショウがやや主張していて味は濃い目

味自体はかなり濃い目でした。同時に、塩コショウが少々強め。私は何も付けずに食べましたが、これ以上味を付けなくてもいいですね。ただし、半分ほど食べると味に飽きてしまいましたので、ケチャップやソースをかけて、味に変化をつけました。

試しに目玉焼き&ソースをのせてみると、これが実に美味しい!半熟気味の黄身とハンバーグステーキの相性が非常に素晴らしく感じました。

業務スーパーの「ハンバーグステーキ」は決してまずいわけではありませんが、単調な味です。自分で味付けしたりアレンジしたりすると良さそうですね。

重厚感がすごい

業務スーパーの「ハンバーグステーキ」はとにかく重厚感があります。想像よりも肉肉しいこともあり、8割ほど食べる頃にはお腹が満たされました。

途中からハンバーグステーキに目玉焼きをのせたのもありますが、そのまま何もトッピングせずに食べても1個食べれば満足する人も多いはず。

「メインおかずが140gのハンバーグってちょっと少ない気がする……」という心配も杞憂でした。

甘めの和風ソースが美味しい!1個95円和風ソース

  • 業務スーパー「まいたけ入り和風ソース」1個・95円(税別)

まいたけと醤油の様な香りが食欲をかきたてる業務スーパーの「まいたけ入り和風ソース」。
先に紹介した2種類のハンバーグと同様、1個95円(税別)と破格のお値段です。

和風ソースがハンバーグとベストマッチ

醤油ベースの甘いタレとやや味の濃いハンバーグのハーモニーが最高!

ごはんのおかずとして食べてもいいですが、そのままご飯の上に乗せてどんぶり風にするのもおすすめです。「まいたけ入り和風ソース」をごはんの上にのせると、ハンバーグもさることながら、和風ソースの染みたごはんの美味しいこと……!

個人的には、本記事で紹介したハンバーグ3種類の中で一番のお気に入りです。時折購入しては、面倒な時のランチ用に「まいたけ入り和風ソース」丼にして食べてます。コスパが良くてお腹が満たされる最高のランチです。(笑)

アレンジなしで美味しい!業務スーパーの冷凍ハンバーグはコスパ最高!

本時期で紹介した業務スーパーの冷凍ハンバーグ。ボリューム感があって1個95円(税別)とリーズナブルな価格かつ調理も簡単!

2つめに紹介した「ハンバーグステーキ」については味の変化をつけるため、自分で味付けするとより良いですが、基本的にはアレンジなしでも満足のできる味でした。

料理するのが億劫な日にも便利ですよ。

業務スーパーには、本記事で紹介した冷凍ハンバーグ以外にも様々なハンバーグがあります。業務スーパーへお立ち寄りの際には、冷凍ハンバーグもチェックしてみてくださいね!

※1 参考:業務スーパー 国内自社工場商品
※2 参考:「栄養計算・カロリー計算」 で計算
※3 参考:農林水産省「実践食育ナビ」

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事