あえて業務スーパーでヘルシー路線!「シリアルバー」から「しらたき」まで

  • 2019年11月19日公開

こんにちは。業務スーパーの隣のビルが勤務先だったヨムーノライターぶにぷにです。

業務スーパーのイメージは「業務用だから大容量」、冷凍食品や1リットルパックのスイーツなど「コスパ・節約・大家族向け」な印象が強いのではないでしょうか?

成城石井やナチュラルローソンみたいなヘルシー・オーガニックと真逆のショップと思っていませんか?

今回は、コスパがいいだけじゃなく、ヘルシーな食生活に配慮したおすすめの食料品をご紹介します。

【業務スーパーまとめ】ヨムーノライターが買い続ける食品とは?

冷凍食品・チルド・お菓子まで厳選まとめはこちら

イチオシ!繊維たっぷりの「フルーツたっぷりミューズリー」375g248円

繊維質たっぷりで、朝食にぴったりなシリアルです。
特に人気なのがグラノーラとミューズリーですが、これらの大きな違いは糖分が入っているかどうかです。

グラノーラは、穀類にはちみつなどを絡めて焼いたもの。
ミューズリーは基本的に甘味料が入っていないもので、ドライフルーツやナッツの甘みのみで、より健康的です。

そこでおすすめしたいのが、チェコ産の「フルーツたっぷりミューズリー」です。
60%がオーツ麦や全粒小麦、コーンフレークなどの穀類、35%がデーツやレーズン、バナナ、いちじくをドライフルーツにしたもの。

コレステロールや砂糖ゼロですが、これらのルーツの甘みだけで、何も加える必要がありません。

しかも、これらの材料にはビタミンやミネラルがたっぷり含まれており、牛乳や豆乳をかけるだけで栄養満点な朝食になるんですよ。

ケロッグのフルーツグラノラの約半額ですから、かなりお得なのも嬉しい!

ミューズリーでクッキーも作れる

ミューズリー100gに対しバターかマーガリン35g。
砂糖などの甘味料15~20g。
卵1個を混ぜて、160℃のオーブンで10~15分程度焼くだけ。

ダイエット用なら砂糖の代わりに、同じく業務スーパーの甘味料「ユースイート」や「カロリースラットゼロ(顆粒)」を使えば、低カロリーで味もお腹も満足なクッキーが出来ちゃいます。

時間がない!そんな時の朝食には「シリアルバー」

ミューズリーに牛乳をかける時間も惜しい、そんな時にはこちらの「シリアルバー」がおすすめ。
どれもオートミールが主成分で、それにヨーグルト粉末やドライフルーツをプラスしています。甘くてねっとりしているので噛みごたえがあり、かなり満足感がありますよ。

甘みは充分すぎるほどなのに、カロリーはフォレストベリーが163kcal。
クランベリー&オレンジは166kcal。
チェリー&アマランサスは112kcalと低め。

チェリー&アマランサスはシュガーフリー、フォレストベリーとクランベリー&オレンジは甘味料は砂糖も使っているけれど、主になっているのはマルチトール。

麦芽糖を原料にした甘味料で、砂糖の8~9割の甘みがあるのにカロリーは1/2ですから、罪悪感なくいただけます。

ただ、タンパク質は1本で2g程度と少ないので、牛乳や豆乳を1杯飲むと良いですね。
どちらも200mlで7g程度のタンパク質が含まれています。

このカロリーで「食べた感」があるので、特に甘いものは外せない!という人に超おすすめです!

炭水化物を減らしたい!「白こんにゃく」や「しらたき」で工夫

ご飯が大好き!
でも痩せたい!

そんな人におすすめなのが、「白こんにゃく」や「しらたき」活用です。

ちょっと面倒ですが、これらを細かく刻むかミキサーやフードプロセッサーにかけて細かくし、お米を炊く時に混ぜてしまうんです。

「何だか臭そう?」
いいえ、多分ほとんどの人が気づきません(笑)!

見た目も、目を凝らしても全くわからないほど。
違和感なく普通のご飯として食べられますから、家族と別々に炊く必要もありません。

作り方

「白こんにゃく」や「しらたき」を水洗いしてから、沸騰したお湯で3分ほど煮ます。
冷めたらミキサーやフードプロセッサーにかけるか、包丁で刻みます。

配合量は、お米3合に対し1~2合程度がおすすめ。
多くするほど、ぱさつきが出てきます。

炊く時は、お米3合なら水は3~3.5合程度で、好みに合わせてくださいね。チャーハンなどには水分少なめのほうが合います。

これでカロリーは20~30%OFFですから、好きなご飯を制限しなくても良くなります。

「ライスこんにゃく」などの名称で市販されているものに比べてぐっと安価ですから、ダイエットのお助け食品としてとっても優秀です!

「こんにゃくゼリー」も作っちゃおう!

作り方はとっても簡単!

  1. こんにゃくは洗ってから一口大にカットし、茹でる。

  2. 水を切ったこんにゃくを容器に入れ、レモン汁と砂糖を混ぜた液をひたひたになる程度に加える。

  3. 粗熱が取れたら、冷蔵庫で半日~2日置く。

1時間でも、ある程度味は染み込みますが、長めに漬けこんだほうが柔らかくなるのでおすすめです。

▲こんにゃくゼリーとトロピカルフルーツにココナツミルクをかけました

こんにゃく餅

ミキサーやフードプロセッサーにかけた「白こんにゃく」に、豆乳か牛乳を少量加え、鍋で温めながら練るだけ。
こんにゃくだけでも良いのですが、豆乳や牛乳を入れたほうが味がまろやかに。きな粉と砂糖を混ぜたものを絡めると、わらび餅風になります。

ココナツこんにゃくスイーツ

細かくしたこんにゃくの水気をよく切り、ココナツミルク少量と混ぜます。
ココナツミルクの濃厚で自然な甘みで、こんにゃくの味は全くなくなります。

これにジャムやはちみつをかけていただくと、甘いし腹持ちは良いしでダイエットにうってつけのスイーツになりますよ。

ひと手間で安くて美味しいダイエットを!

いかがでしたか? 業務スーパー(らしくない?)のヘルシー・美味しい・コスパ素晴らしい食料品をご紹介しました。

栄養はしっかり摂らなくてはいけませんが、ご飯だって甘いものだって食べたいですよね。無理せずひと手間だけかけて、安くて美味しいダイエットを楽しんでくださいね。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事