お年玉の相場は?小学生・中学生・高校生・大学生ごとに調査

  • 2022年01月26日更新

こんにちは、ファイナンシャルプランナー2級と夫婦カウンセラーの資格を持つヨムーノライターFujisawaです。

この時期はお付き合いでお年玉を親戚や友人、近隣の子どもにあげるという方も多いと思います。

でも「はじめてのことで相場がわからない」「中学生になったし額を上げたほうがいいのかな?」と金額に迷うこともあるのではないでしょうか。

人数が多いとなるとまとまった出費になるお年玉。
そこで今回は、ファイナンシャルプランナーと夫婦カウンセラーのお仕事を通じてヒアリングした情報を元に、お年玉の相場を学年、年齢別にまとめてみました。

お年玉の次は2022年の節分をチェック!

2022年のお年玉は終了しましたね。次の季節行事をチェックしてみませんか?

「お年玉文化」について

現代では年明けに子どものお金をあげる習慣が「お年玉」として定着しています。また、お盆にもお金をあげる「お盆玉」の習慣も徐々に広がりをみせ、子どもに関する出費と収入の機会が増えています。

お年玉の由来

そもそも、お年玉の文化はどのように始まったのでしょうか? 日本の年中行事やしきたりをしきたりを紹介している『日本人のしきたり』にはこのように書かれています。

もともとお年玉とは、年神様からの贈り物を意味しました。年神様に供えた餅を下ろし、年少者に分け与えたのが始まりともいわれます。
地域によっては、年神に扮装した村人が元日に各家を回って、子どもたちに丸餅を配って歩く習わしがいまだに続いています。この丸餅を年玉と呼んでいました。

飯倉 晴武(2017)『日本人のしきたり』青春新書インテリジェンス

昔は子どもにお餅を配るならわしだったものが、時代とともにお小遣いに変化したようです。お年玉を渡すとき、「昔はお餅を配っていたんだよ」と日本の伝統をお話してあげるのも良いですね。

渡し方のポイント

ポチ袋に入れて渡すのがマナーです。
想定していなかった来客や急に手渡す場面を考えて、年末年始にかけてポチ袋を常備しておくことをおすすめします。また外出先で手渡すことも考えて普段使っているバックにもポチ袋を忍ばせておくと良いでしょう。

お財布の中にきれいなお札と500円玉を用意しておくと慌てません。
年明け、お正月中に渡すのが望ましいですが親しい間柄では年が明けてから初めて会うタイミングでお金を渡すこともあります。その場合のポチ袋はお正月カラーが出ていないものがおすすめです。

ポチ袋の用意を忘れてしまった方は、綺麗な折り紙や包装紙で手作りするのもおすすめです。

お年玉の金額相場

お年玉の金額相場
お年玉の金額相場とともに、各年齢の注意事項を見ていきましょう。

乳幼児(0歳〜2歳)

この時期はまだ子ども自身がお金をもらったということもよくわからないので、お年玉自体あげないという方もいます。特に友人の子どもや近所の子どもにはあげないという方が多数でした。

親類の子どもにあげる場合は「1000円」という割合が高く、「大人に手渡すのに500円は失礼な気がする」という意見も。子どもがお金の価値がわかるようになってからお年玉を渡しても失礼にはならないでしょう。

未就学児(3歳〜6歳)

子どもが成長して3歳くらいになると、お年玉をあげるという方が多数です。
このとき子どもに手渡しでもいいですが、小さい子はついうっかり失くしてしまったり、親にお年玉を貰ったことを報告し忘れてしまうこともあるので親が見ている前で渡すのが無難です。

金額は500円と1000円が平均的でした。高額な場合でも「3000円」で、お年玉を渡す側の年齢が上がると相場も上がる傾向があります。お年玉の相場には経済的な余裕も関係しているようです。

小学校低学年(1年生〜3年生)

小学生に上がると1000円〜3000円が相場になります。
地域性があるかもしれませんが、「2000円は割り切れる数字なので3000円もしくは1000円にしている」という方も。

また、親しい親類間では渡す相手の子どもの数によっても調整しているケースもあり、自分の子どもが1人で3000円受け取った場合、相手の子どもが2人なら「2000円ずつ」など格差ができないように工夫しても失礼には当たらないでしょう。

小学校高学年(4年生〜6年生)

圧倒的に1000円という割合が減って「3000円」が大多数になります。
また祖父母からもらう金額と親世代でもらう金額には開きがあり、祖父母から受け取る金額は相場とかけ離れているので「子どもの頃はこのくらい貰ったから相場は5000円くらいかな?」と、渡していると周りとズレがあるかもしれないので注意です。

貰ったほうでもそのくらい返さなければならないと負担になります。

中学生

「3000円」が相場で、ついで「5000円」という割合が高いです。
一般的なマナーとして「4」という数字は嫌われるので4000円はNG。

子どもの数や学年が一緒の場合は相場に関わらず「3000円を貰ったから3000円」という割合も高いです。

そのため相場とは別にマナーとして「同額返し」という考えもありますね。

高校生

「5000円」次いで「10000円」という割合が大半を占めます。「5000円」もしくは「10000円」が相場と言えるでしょう。

ひとつ地域性の問題があり、沖縄県に関しては年齢、学年に問わず「一律1000円」と言われています。もし他県から沖縄に行った場合は地元の習慣に習ったほうが良いでしょう。

住んでいる地域になんらかの習慣がある場合にもそちらを参考にすると、思わぬトラブル回避になります。

大学生

高校を卒業になるとお年玉はあげないという方も多いようです。大学生の場合はまず「10000円」が相場。

金額も大きいので経済状況と関係性によって省略させていただいても失礼にはならないでしょう。

お年玉の相場金額まとめ

子どもの年齢 お年玉の金額
乳幼児 0~2歳 0円
未就学児 3~6歳 500円、1000円
小学校低学年 1~3年生 1000円、3000円
小学校高学年 4~6年生 3000円
中学生 3000円、5000円
高校生 5000円、1万円
大学生 1万円

お年玉を渡すときのポイント

  • 地域や親戚間での習わしがあれば、それに合わせるのが無難
  • 子どもにお年玉をあげ始めるのは3歳から、高校卒業後にあげるのを止める人が多い
  • 2000円、4000円などお札が偶数になる金額は避ける方も

高額過ぎるお年玉はもらう相手に返って負担をかけてしまうので相場を参考に、お互い無理のない範囲で渡すことをおすすめします。

お年玉は贈答品とは違ってはっきり額面で金額がわかるものなので気を使いますが、子どものために使えるという点では貰ってありがたくあげて嬉しいものです。

もし年齢によって子どもが使うには不相応な額を貰った場合は、貯金してあげると将来的に役に立つので受け取ったお年玉の使い方については是非子どもと話し合ってみてください。

2022年2月のラッキー行動

無病息災を願う行事「節分」

節分は豆まきなどを行って悪鬼を払い、無病息災を願う行事です。今年の節分は2月3日。

記事では、豆をまく意味や「もともとは鬼を追い払うのは◯◯の行事だった」など、節分の意外な由来をお子様にもわかりやすく紹介しています。

【ゲッターズ飯田さん】即できる「簡単!金運アップBEST5」で今年こそ貯まる!

「2022年はどんな年になるの?」 時代の変化に乗り遅れず生き抜く、しっかり金運をつかむなど、運気を切り開くには、「2022年の運勢の流れ」を知ることが重要です。

6万人以上を占ってきた、当たりすぎてコワいと話題の「芸能界最強の占い師」ゲッターズ飯田さんが、2022年の流れを大予測!「開運・金運アップアクション」や「金運アップのコツ」について教えてもらいました。

一番欲しい運が劇的に開運!金運・美容・ 健康運を徹底チェック

「捨てる・片づける・掃除する」で金運、仕事運、恋愛&結婚運、健康運が高まる!運気を上げる方法があります。

年末年始におすすめ!ショップ

コストコマニア&スタッフ推し&買うべき人気商品そろってます

大容量でお買い得なものが揃い、まとめ買いで節約もできてしまう「コストコ」。 コストコの大容量食材で「おうち外食」を楽しんだり、温めるだけの食材を購入して、ご飯作りの負担を減らしたりしてみませんか?

コストコのお買い物で絶対外さないように、コストコ歴の長いマニアや、コストコ大好きなみなさんが買っている新商品やデリカ、食品雑貨、お菓子、日用品、レジャーグッズからパン、調味料、冷凍食品に、隠れ人気商品をご紹介します。

「ユニクロ年末祭」がお得すぎて衝撃ですっ!

2021年も残りわずか。「今年もユニクロのお世話になりました!」という方も多いでしょう。そんなユニクロが「年末祭」セールを開催しています。期間は12/17(金)~12/31(金)の15日間。

ニトリ「Nウォーム」があたたかすぎて手放せない!

家中ニトリグッズがあふれているヨムーノライター・littlehappyさん。重度の冷え性のため、冬場はあったかグッズが欠かせないそう。そんなlittlehappyさんが紹介する、すべてに満足できるニトリ「Nウォーム」。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ