6,000円でも買って悔いなし!無印良品が"意外とあるある悩み"を永久解決!リビング便利グッズ

  • 2020年02月24日公開

こんにちは、シンプルで機能的なものが大好きなヨムーノ編集部です。

無印良品に行くと、お目当てじゃないものをうっかり買ってしまうことがたびたびあります。大抵はお菓子だったり、キッチンツールだったりと、ちょっとしたものです。

この前はうっかり約6,000円くらいするものを買ってしまいました。というのも、子どもが勉強する時に部屋の照明が暗くて気になっていたんです。

買って使ってみてかれこれ3ヶ月ほど。無印良品でうっかり買ってしまったけれども、かなり使い勝手が良くて気に入っているものを紹介します。

合わせて読みたい!【保存版】無印良品パトロール

収納・雑貨・衣類まで厳選まとめはこちら

わが家の「手元暗い問題」の救世主

これ、何かわかりますか?

こんな形にもなります。

さらに、こんな形にもなります。

正解は、デスクライト。
無印良品には数種類のデスクライトがありますが、こちらは「LED平面発光コンパクトデスクライト」という商品です。

価格は、消費税込 5,890円。HiとLowの2段階調光です。

お気に入りポイント①電池orAC電源で使える!

AC電源もしくは、単3乾電池×4本で使えます。

実際に使ってみると、乾電池で使えるのはとっても使い勝手がいいんです。

わが家ではまだ子どもに学習机を買っていないので、リビングで宿題をしています。だいたいはダイニングテーブルにデスクライトを置いているので、ここではAC電源を使用中。

そのあと別の部屋でマンガを読みたい……なんて時には、AC電源を外して持ち運びます。コンセントの位置を気にせずどこでも使えるのが、想像以上に便利です!

デスクライトを導入するまでは、子どもが本を読むときなどに場所や時間帯によっては手元が暗くなってしまい、目に悪影響かな……と心配でした。

でも無印良品のデスクライトを迎えてからは、本を読む時、勉強する時、人形で遊ぶ時にも手元を照らす習慣ができました。

お気に入りポイント②使わない時はコンパクトになる

使わないときには、パタンと閉じれば邪魔になることがないデザイン性の高さも魅力。

直線的なフォルムで、その辺に置いておいてもインテリアの邪魔になりません。

イマイチポイント

とてもお気に入りのデスクライトですが、イマイチと感じる点は、AC電源のデザイン。

ホワイトの本体に合わないブラックカラーと、コンセントに挿すときに何気に場所を取るのが気になります。AC電源をホワイトにしてもらえると最高です!

リビング学習派におすすめ

わが家では部屋の広さ問題もあり、今のところ学習机を導入していません。 リビング学習派の方は、ひとまずデスクライトを用意するのがおすすめです!

リビングは普段食事をしたりくつろいだりする空間なので、勉強スイッチに切り替えるのは、子どもにとってはなかなか難しいのかもしれません。

デスクライトがあれば手元を明るく照らすことができますし、デスクライトをONすることで勉強のスイッチが入る……ような気もします。

ゆくゆく学習机を購入した時にも、このデスクライトが活躍するはず!
わが家では、子どもだけではなく、大人が読書するときにも活躍中です。

こちらの他にも、無印良品にはデスクライトがいくつかあります。ぜひチェックしてみてくださいね。

※2020年2月現在の情報です。記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事