業務スーパーおすすめ「おでん」の具!コンビニ「おでん」よりもオトクなのは当たり前

  • 2021年03月24日更新

こんにちは。一番近くのスーパーが業務スーパーという好立地に住んでいる、業スーを愛してやまないヨムーノライターのバロンママです。
先日、少し遠くの業務スーパーへ車で行ってみました。陳列が違うだけで新鮮!そしてやはり、近所の業務スーパーにないものもあり、楽しかったです。

今回は、業務スーパーの食材で作った、簡単&節約におすすめ、みんな大好き「おでん」のご紹介です。
ただのおでんではありませんよ!超激安&絶品「節約おでん」です!

【業務スーパーまとめ】ヨムーノライターが買い続ける食品とは?

冷凍食品・チルド・お菓子まで厳選まとめはこちら

おでんの具が衝撃的な破格値!

業務スーパー冷凍食品の、かまぼこ、ちくわ、ごぼう天、そして軟骨入り鶏だんご。どれもおでんの具にピッタリ!
我が家の食べ盛り対策として、1袋46円+税の破格値で売られていた油揚げを使って、おでんを作りました(以下、価格はすべて税別です)。

大根(ビッグサイズ)108円

大根も、業務スーパーなら大きなものが108円!たくさん入れました。

「国産鶏使用 鶏だんご 軟骨入り」 190円

驚きの安さ!"軟骨入り"というのも美味しそう!と購入。 見た目が良くなるのと、取り出しやすさから、竹串に3個ずつ刺しました。

13個入りだったので、1つ余ってしまいました。
期待の「軟骨入り」は、思ったよりも小さな軟骨で、歯ごたえがものすごくある、という訳ではなかったです。

だんご自体はとても柔らかく、家族からは好評でした。味はとても薄くついている感じでしたので、どんなお鍋料理にも合いそう。
お鍋でなくても、茹でてから焼き、焼き鳥のつくねのように甘辛く味付けをしても美味しそう!

「油揚げ5枚入り」お値段驚きの46円!

写真上の方に、油揚げで作った巾着が入っています。この中には豚挽き肉と、業務スーパーで購入したトックを入れています。

油揚げ、なんと1枚10円ほど、という激安価格!1枚を半分にし、詰めたものを6個作りました。 

お餅だけつめても良いですし、お肉だけでも美味しい!
1個分5円の油揚げに、豚ひき肉少々とトック1~2枚。一体いくらでできちゃうのでしょう(笑)?15円くらいでしょうか。

「ちくわ」5本で155円

おでんに欠かせないちくわ!こちらも期待通りの破格値です。

人気のコンビニVS業スー「おでんの価格」対決!

少し寒くなると、コンビニで一斉におでんの販売が始まりますよね! 今回作ったような量を(沈んで見えないものも含めます)、コンビニのおでん価格を調べて、「業務スーパーで"おうちおでん"」と比較してみました!

コンビニの相場は大根80円、たまご90円、もち入り巾着90円、ちくわ100円、ごぼう巻100円、つくね串なんこつ入り120円前後。
質や、内容、大きさが違うのは重々承知です。
すべて購入したとすると 2,620円

一方、
業務スーパーの具材で作ったおでんは約598円!税金も込で、です!

結論:業務スーパーの具材でおうちおでんすると、かなり節約になりますね!

おでん翌日のお楽しみ!激安具材の絶品♡使い切りアレンジ

そして翌日には

前日入らなかったごぼう天を足して煮ましたよ。

「ごぼう天 10本入り」265円

こちらも破格の安さで、驚きです。

味も美味しかったです!ただ、ごぼうが少し噛み切りにくいかもしれません。繊維質が少し強めと言いますか……。
10本とボリュームがあるため、全部使わなかった場合は、甘辛く煮るとお弁当にもぴったり!

レンジで解凍したのち、オーブントースターでカリッと焼いて、生姜たっぷりとお醤油でいただけば、立派なおつまみにも!

おでんに欠かせない!激安「こんにゃく」でアレンジレシピ

今回のおでん、実は、子どもたちが大好きなものを、すっかり入れ忘れてしまっていまして。
業務スーパーの「こんにゃく」とても安いのです!

ほとんど40円台!こんにゃく5種

左上:「ピリ辛こんにゃく」43円
右上:「玉こんにゃく黒」75円
中央:「生芋糸こんにゃく」45円
右下:「つきこんにゃく」43円
左下:「板こんにゃく」43円

種類も多いですし、数種類常備して、いつも色々なお料理に使っています。食べ盛りがいる我が家では、ボリュームアップ食材としても(笑)欠かせない、こんにゃくです。

板こんにゃくでボリューム肉じゃが

肉じゃがはとてもよく作る、家族に評判の良いおかずのうちの1つです。今回は、板こんにゃくで作りました。生芋糸こんにゃくを入れることも多いです。

美味しく作るために、私がいつもするコツはたった2つ。

  • 板こんにゃくは手でちぎる。そうすると味のしみ具合が良くなる。
  • 熱湯でさっと下ゆでする。

特に、茹でるのはちょっと面倒に思われるかもしれませんが、そのひと手間で美味しくできます。

この時は、豚ひき肉で作りました。お肉はいろいろ変えてみましたが、やはり牛肉で作った時が一番美味しくできるような気がします。

調味料2つで味が決まる!玉こんにゃくの甘辛煮

それからもう1つ、とても簡単なレシピをご紹介。

今回は玉こんにゃくを2袋使っています。写真の量で316円!

<作り方>

  1. 玉こんにゃくは熱湯でさっと下ゆでする。
  2. 何も入っていないフライパンで(1)をフライパンを振りながら炒る(油類は一切入れません)。
  3. 3~4分ほど炒ったら、みりん大さじ2、めんつゆ大さじ3(3倍濃縮)を合わせたものを加え、フライパンを動かしながら水分がなくなるまで煮詰める。
  4. 水分がなくなる直前に、かつお節をたっぷり入れ、全体に混ぜたら出来上がり。

辛みが大丈夫なご家庭は一味をふったり、めんつゆを加えるときに「輪切り唐辛子」を一緒に入れると良いですね。

ほかにも、ちょっと大きめの「つきこんにゃく」は、きんぴらごぼうに入れたり、

切干大根に入れたりと、とても便利です。

1枚10円油揚げで、1人分50円以下の絶品「節約レシピ」

おでんの具として使った、激安油揚げを使った1品です。使い切れなかったときに、ぜひ!

(1)油揚げ2枚は四角くカットし、ごま油で両面をこんがりと焼き、一度取り出す。
(2)ごま油少々を足し、一口大に切った白菜を炒め、しんなりしてきたら油揚げも入れ、酒か水少々を加え、蓋をして蒸し焼きにする。

白菜が好みの柔らかさになったらできあがり。一味とポン酢をかけていただきます!

白菜は半玉使っています。4人分たっぷりできて、200円かからなかった節約料理です!。アツアツのできたては絶品ですよ!

まとめ

練り物には、材料の"原産地"が書いてありませんでした。加工品は書く必要がないようなので、わからないのですよね。
でも、それはスーパーで購入しても、コンビニのおでんでも一緒です。
そういった意味では、業務スーパーの練り物は、パッケージ裏に"全材料"は書いてあるので、自分の目で確かめて選ぶことができます。
業務スーパーには、まだまだいろんな種類の練り物がありました。ぜひ、チェックしてみてくださいね!  

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事