【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】

何度リピしたか忘れた【ダイソー】禁断の「1枚1円」一生手放せない!便器並みが新品級に変身?

  • 2020年09月26日公開

こんにちは、ヨムーノライターの佐々木舞です。

欲しいものや困ったことがあればまずは最初に100均に行く生活をはじめて早15年以上。これまで数え切れないほどの100均商品を購入しては試すという作業を繰り返してきました。

そんな中、もう何度リピ買いしたか覚えていないくらいずっと買い続けているアイテムがあるので紹介します!

1枚1円!コスパ最強“液晶画面クリーナー”

ダイソーで売っている液晶画面クリーナー『Display Screen Wipes』は、パソコン、携帯電話、ゲーム機、テレビなどありとあらゆる液晶画面に使える、クリーナーです。

数年前にSNSで絶賛されていたのを発見して、気になって試しに買ってみたらこれがもう大正解!今となっては絶対に手放せないくらい愛用しています。

使われているものも『紙・水・界面活性剤』の3つだけなので安心安全です。

スマホ画面の汚さは便器並み!?

数年前にとあるテレビ番組で「スマホ画面はトイレの便器並に菌だらけで汚い」と紹介されているのを見て、ものすごく衝撃を受けました。

それ以来ずっと液晶画面を清潔に保つように気をつけているのですが、毎回ウエットティッシュで拭くのはコスパが悪くて。

しかもウエットティッシュは水分量が多いので、スマホ画面が濡れてしまいます。液晶画面クリーナーは100枚入りで100円。1枚たった1円なので遠慮なく1日に何度も使えるようになりました。ありがたいー!

とにかく使いやすい

紙が大きめで使いやすいうえに丈夫なので、結構力を入れてゴシゴシしても破れにくいです。大きなテレビ画面を拭いても最後まで破れることなく使えました♪

水分量がちょうどいい

液晶画面って水分量が少なすぎたら汚れが落ちないし、逆に水分量が多すぎたら画面に拭き跡が残ってしまいますよね。

特に拭き跡は画面を見るたびに目につくので地味にストレス……。この液晶画面クリーナーは水分量が絶妙で、拭き跡が残ることなく鏡並にピカピカになります!

ひと拭きで画面が新品並みの状態に

実際にどれくらいきれいになるか皆さんにお見せしましょう。

まずは先ほどのスマホ。クリーナーで1度拭きすると…。

こんなにきれいに!拭き跡も皆無です!所要時間2秒ほどでここまで生まれ変わります。

タッチ操作で汚れやすいiPadも綺麗にしましょう。

皆さんにお見せするのが恥ずかしいほど手垢まみれのiPadも……。

ピッカーン!!ゴシゴシもせずにただ撫でただけでこの通り♪

最後に、Nintendo Switch。

子ども達は外にも持っていきますし、みんなで代わる代わる使ったりするのでたった1時間遊んだだけでもこれくらい汚れます。

これもさっと拭くだけで、鏡のように天井が映るくらいきれいになります♪

どうですか?すごいでしょ? あまりにもきれいになるので拭くのが楽しいんです!

ちなみに私は、窓の掃除にも使っています。ガラスがきれいになりすぎて、まるで窓がないかのように錯覚するレベルです。

さすがに窓は1枚では拭けませんが、数枚使っても数円なので躊躇なく使えます♪

1つだけ注意点が……。

感動レベルで液晶画面がきれいになるこのクリーナーには1つ欠点があります。拭いた後しばらく“ちょっと臭い”のです(笑)。

拭きたてはシトラス系の爽やかな香りがするのですが、乾いてすぐはアンモニア臭のような鼻をつく独特なにおいがします。時間が経てばにおいは消えますが、においに敏感な人や気になる人は注意が必要です。

よく触るものだからこそ清潔に

特にパソコン、携帯電話、ゲーム機は日常的によく触るものなので、できる限り清潔にしておきたいですよね。  

液晶画面クリーナーなら、サッと拭くだけであっという間にきれいになります。画面がきれいだととっても気持ちが良いですよ♪

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

合わせて読みたい!保存版ダイソーパトロール

ダイソー人気商品!おすすめ収納・掃除用品・食器・キッチン雑貨まとめ

買いたい商品はありましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

佐々木舞
Webライター

「お得に、だけど我慢しない豊かで快適な暮らし」をモットーに工夫しながら毎日を過ごす元TVリポーターのwebライター。趣味はコーヒーと海外旅行、特技はコスパ最高アイテムを見つけるコト!週3回は100均で宝探しをしています。そんな私が見つけた素敵なモノをご紹介します♪

佐々木舞 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事