カメレオン俳優パク・ソジュン史上最強ドS!?「彼女はキレイだった」“週末ひるキュン”必見

  • 2021年09月13日更新

こんにちは、年間480本以上の作品を鑑賞している映画ライターの白河さなです。

胸キュンポイントの多い、パク・ソジュンさんの作品の中で、今「彼女はキレイだった」が10月24日より週末の“ひるキュン”番組として放送されると大注目!

とにかく演技派で、どんな役にもハマる幅広い“カメレオン俳優”、パク・ソジュンさんの新たな一面をぜひ堪能してみてください♪

「彼女はキレイだった」のあらすじ

最高視聴率19.7%で1位を独走。MBC演技大賞を総ナメ。

「キルミーヒールミー」のパク・ソジュンとファン・ジョンウム主演のラブコメディ。子供のころは美人で優等生でしたが、成長して残念な容姿になってしまったへジン。何をするにも冷遇され就職活動もうまくいかない日々。

そんなある日、彼女のもとに子供のころいじめられっ子だった初恋相手・ソンジュンから1通のメールが届きます。15年ぶりに彼と会うことになり、胸を躍らせるへジンでしたが、久しぶりに再会した彼は、ぽっちゃりしていたあの頃の面影は全く消えて完璧な男に生まれ変わっていました。

今の自分の姿を見られたくないと思ったへジンは、美人の大親友ハリに自分の代わりにへジンとして彼に会ってほしいと頼みます。

そこで一件落着したと思ったへジンでしたが、ようやく就職が決まった出版社に行くと、そこには初恋相手ソンジュンの姿が…。

才色兼備のお嬢様だった少女時代から外見が180度変わってしまった彼女と、完璧な男に生まれ変わった彼。15年の時を経て、幼い頃の初恋は再び花開くのでしょうか?

主演の二人に加え、SUPER JUNIORのチェ・シウォン、カリスマファッショニスタのコ・ジュニが織りなす男女4人の恋模様に、笑いと涙、胸キュン間違いなし。

制作は「美男ですね」を生み出したBON FACTORY。2015年MBC演技大賞10冠の快挙を成し遂げました。

「彼女はキレイだった」の見どころと魅力  

1 パク・ソジュン史上最も「ドS」

パク・ソジュンの作品は全て鑑賞してきましたが、「彼女はキレイだった」はパク・ソジュン史上最もドSと言えるでしょう。

仕事ができる編集長役なのですが、とにかく鬼上司です。会議の時のソンジュンの鬼ぶりは、正直こんな上司いたら恐ろしいと思ってしまいました。

ですが、そんな鬼上司になっているのは理由がありました。

それに一見冷たく見える人が、無邪気に笑っている姿や優しい言葉をかけてくると、ギャップで魅力的にみえてしまうんですよね。

2 正反対のイケメン、シニョク派女子続出

ドSのソンジュンに比べて、いつもへジンを励まして笑かしてくれる先輩シニョク。この3人の三角関係は必見でしょう。

シニョクはいつも優しくて、へジンはソンジュンのもとにいくだろうってなんとなく分かるのに少し応援してしまう自分がいました。

こういう人といると絶対幸せになれるのに、違う方を選んでしまうのはどうしてでしょう。(笑)

やっぱり好きな人には、誰も勝てないんですよね。

3 美人でスタイル抜群!ハリがいい女すぎる

多くの男性にモテるハリでしたが、恋愛については冷めた見方しかできず、男はみんな一緒と思っていて誰のことも本気で好きになったことがありませんでした。

へジンに自分のふりをしてソンジュンに会ってほしいと頼まれたハリですが、ソンジュンと何度か会ううちに彼のことを好きになってしまいます。

そう、皮肉なことにハリにとってもソンジュンは初恋相手なんです。大親友と好きな人がかぶるなんて辛すぎる。

ですが、自分の気持ちを押し殺して親友を応援します。そんなハリの姿を見ると、視聴者みんなが「幸せになってほしい」と強く願うはず。

韓国ドラマでショートヘアの美人がでてくるのはかなり珍しいので、そこも見どころの一つです。金髪のショートヘアがあんなに似合うコ・ジュニかっこよすぎます。

4 10話だけでも泣ける

へジンが事故に会ったと聞き、彼女のもとに駆け付けるソンジュン。そこでへジンの姿を見つけたときに、やっと彼女のことが好きだと気がつきます。

自分こそが初恋相手だと言えない悔しさ、そんなへジンの思いがやっと報われるシーンです。

そこで注目したいのが、ソンジュンはへジンのことを初恋の相手だと知る前に彼女のことを好きになったということ。

「初恋相手」という色眼鏡なしでまたへジンのことが好きになったのです。新しく好きになったと思った相手が初恋の相手だったという…。最高すぎませんか?

「彼女はキレイだった」見るしかない!

今回は「彼女はキレイだった」のあらすじと見どころを紹介しました。いかかでしたか?

個人的に、すっぴんで激しめのくせ毛(もはやアフロ?)だったへジンがヘアメイクで大変身を遂げるシーンがお気に入りです。

やっぱり女優さんの振り幅はすごすぎる!本当に別人に見えるレベルです。

今の自分を見て、昔思い描いていた姿になれたと自信をもって言える人は少ないと思います。それでも人生は自分次第でなんとかなるし、小さな幸せは日常にたくさんあると思わせてくれる作品でした。

少し疲れた日常に、笑って泣けるラブコメディが見たい方におすすめ。

「彼女はキレイだった」ぜひ見てください!

【あの人は何位?】韓国俳優ランキングTOP50 はこちら

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事