無印良品「リヨセル混起毛ニットルームシューズ」はまるで履く毛布♡

  • 2021年03月29日更新

こんにちは、ヨムーノライターの小町ねずです。
秋らしい日が増えてきましたが、冬に向けて“あったかグッズ”はもう準備していますか?
私は冷え性なので、足を冷やさないルームシューズは必須アイテムです。スリッパやソックスよりも断然あったか!ツラい床の冷えから足を守ってくれます。

冷え性の私がイチオシしたいのが、無印良品のルームシューズ。ふんわりあったかな使い心地で、一度使い始めたら手放せなくなりますよ。

無印良品「リヨセル混起毛ニットルームシューズ」を徹底解説!

  • リヨセル混起毛ニットルームシューズ

価格:1,290円(税込)
カラー:ライトベージュ・チャコールグレー
サイズ:M・L・XL

無印良品が毎年秋になると販売を開始する、あったか素材のルームシューズ。今年も無事、販売されました。

購入したのは、滑らかな肌触りが特徴の「リヨセル混起毛ニットルームシューズ」。 カラーはライトベージュを選択。無地で使いやすいデザインです。

無印良品では、同じ型、同じ値段で「綿フランネルルームシューズ」という商品もあります。こちらはチェック柄になっていて、生地も若干異なります。
肌触りや質感に多少違いが見られますので、好みの方を選んでくださいね。

履き心地は?

ポリエステルにリヨセルを混ぜた生地は、ソフトな肌触り。軽い起毛感があり、足を通すとふわっとした心地良い感触が楽しめます。

厚みがある生地ですが足に馴染みやすく、歩きやすさも◎。

スリッパと違い、足全体をすっぽりと覆ってくれるのがルームシューズのよいところ。

かかと部分にゴムが入っていて、冷えやすい足を丸ごと暖めてくれます。

こちらは内側から撮った写真。上下左右、みっちりとあったか生地が迫ってきます。

これはまさに「履く毛布」!冷え冷えの足をくまなく包み込んでくれますよ。

サイズ選びのポイント

サイズはM・L・XLの3種類。男女兼用です。
M……23.5~25cm用
L……25~26.5cm用
XL……26.5~28cm用

私の足は22.5cmと小さく、実はサイズ外なんです……。 でも大丈夫!かかとのゴムのおかげで、きちんとフィットしています。一度履いたら脱げる心配はありません。

サイズ選びに迷ったら、個人的には大きいサイズをおすすめします。中にソックスを履きたい人は、ジャストサイズだと窮屈に感じそう。多少大きくてもガパガパにはならないので、ご安心を。

底はどうなってる?

底部分はスエード調の生地が使用されています。

底に滑り止め加工はされていませんが、ツルツル滑ることはありません。フローリングを歩いてもヒヤッとしたことはないので、神経質にならなくても大丈夫。 ラグやカーペットの上でも引っかからずに歩きやすい素材です。

ただ、滑りやすい階段がある人や、ケガなどで踏ん張る力が弱い人はちょっと不安かも? 気になる人は、滑り止めシートなどを購入してきて貼りつけると安心できそうです。

履きやすさは?

普段はかかとに引っかけて履いていますが、踏んづけて履くこともできます。

かかとに引っかけて履く場合は手を使う必要があり、急いでいるときや寝起きでボーっとしているときはちょっと面倒。 踏んづけるとスリッパのような感覚で履けるので、慌ただしいときも手間なく使用できます。

ちなみに無印良品ではブーツタイプのルームシューズも販売されています。商品は「ウールボアルームブーツ」「ウールボアヘリンボーンルームブーツ」「ボアルームブーツ」の3種類(2020年10月14日現在)。
ショートブーツのような形で、足首までしっかり暖められるのが長所。ルームシューズより少しお値段が高めですが、暖かさ重視で選ぶならルームブーツの方が向いています。

ただ、面倒くさがりな私は脱ぎ履きに手間取るのが邪魔くさくて……。トイレに行くときに鬱陶しく感じるので、手早く履けるルームシューズの方が好み。ルームシューズでも十分暖かいですしね。
どちらの商品が向いているかは、生活スタイルや冷えのレベルで選ぶとよいかもしれません。

洗濯はできる?

汚れたときは自宅の洗濯機でお洗濯ができます。

シューズの内側に縫い付けられた洗濯表示のタグを見ると、水温40度を限度に洗濯機で弱い洗濯ができることがわかります。

汚れたら洗濯ネットに入れて洗濯機へポイ!家庭で気軽に洗濯でき、いつでも清潔な状態がキープできるのがうれしいですね。
ちなみに乾燥機は使用不可。日陰で平干しをしてください。生地が厚いので、天気がいい日を選んでお洗濯してくださいね。

短所はココだけ!

1つだけ短所があります。それは耐久性が高くないこと。
素材の都合上どうしても毛玉ができやすいし、履いているうちに底もヘタってきます。毎日履いていると、春が近づくころには残念な見た目に……。ワンシーズンでサヨナラする商品、と割り切っておきましょう。

とは言え、お値段は1,290円とお手頃です。毎年買い替えていますが、コスパが悪いとは感じません。 このお値段なら納得の品質なのではないでしょうか。

ちなみに以前、別のお店で800円程度のルームシューズを購入したことがあります。お値段の安さに釣られましたが、これが失敗でした。 生地がペラペラで暖かくなく、肌触りもゴワゴワで……。無印良品の優秀さを実感させられました。

足元の冷えがツラい人へ

無印良品のルームシューズは、毎年恒例の季節商品です。
私のように毎年購入しているファンが多い商品なので、気になった人は早めの購入をおすすめします。特にLサイズは人気が高いようで、冬本番になると品切れを起こしやすいので気をつけて!

足元の冷えを解消する“あったかルームシューズ”。冷え性の人はぜひ一度お試しを。快適さに手放せなくなること間違いなしです!

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事