【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

【業スー】買って失敗「2度とリピ無し!歴20年マニア3選」1,000万円貯めた3児の母の食費節約術

  • 2020年10月25日公開

こんにちは、子供3人の母、業務スーパー歴20年、貯金ゼロから1000万円貯めたヨムーノライターのchippuです。

今年は、夏からずっと野菜の値段が高いですよね!
本来なら手頃に買えるハズの旬野菜まで高いので、我が家の家計もかなり打撃をくらっています…。 ですが、そんななかでもやっぱり助かるのが業務スーパー!
業務スーパーには美味しくて万能な「冷凍野菜」がたくさんあるので、野菜が高くて買えないときにかなり重宝しているんです♪

ただ、どの冷凍野菜も「絶対に買って損なし!」というわけではありません。業務スーパーに通い始めて20年の間、冷凍野菜での失敗は何度もあります。
もちろん、私の調理法が悪かったり、使い方が良くなかったりしたこともあるのですが、なかには冷凍野菜自体があまり口に合わなかったことも…。

そこで今回は、私が買って失敗した業務スーパーの冷凍野菜を3つご紹介!
すでに買った人でも美味しく消費できるように、おすすめのアレンジや使い方も伝授しますよ♪

【業務スーパーで買わない!失敗!冷凍野菜1】洋風野菜ミックス

業務スーパーの「冷凍野菜ミックス」は、1袋500gとたっぷり入っているのに、値段は税込みでたったの126円と激安!
そのうえ、ブロッコリー、カリフラワー、にんじんと3種類の野菜が入っているので、コスパも最強な商品ですよね。
3種の野菜がたっぷり食べられて126円なのはお得すぎる!と思い、購入しました。

もちろん、安さは申し分なかったのですが、残念だったのはやっぱり味。
野菜の味と食感がイメージしていたものと少し違いがあったのです…。

<残念ポイント1>野菜がぐにゃぐにゃ

冷凍野菜ミックスを一口食べてまず気づいたのが、食感が良くないこと!
ブロッコリーも、カリフラワーもにんじんも…。
口に入れると、ぐにゃっとしていて歯ごたえはまったくなかったんです…。
とくににんじんは、ぐにゃぐにゃ感がとくに強くて、私は食べられませんでした。

普段、何でも食べる夫でさえ、「このにんじんはキツイ」と言ったので、一度買ったきり我が家ではリピ買いしていません。

<残念ポイント2>加熱すると水っぽい

「温野菜やハンバーグの付け合わせに良いかも~」と思って購入したのですが… いざ温野菜にしてみたら、水が出てくる出てくる!

みずみずしい野菜とは違って、野菜自体が“水っぽい”ので、温野菜にしても生野菜で作ったような美味しいサラダにはなりませんでした。
もちろん、冷凍という時点で生野菜と比べてはいけないのですが、想像を超える水っぽさだったので、正直美味しいとは言えず…。

ハンバーグの付け合わせにしようと、バター炒めを作ってみたのですが、レンチン解凍してから炒めてもやっぱり水気が…。
出来上がったものは、バター炒めではなく、「バター水に浸かった野菜」という代物に。

消費するのなら、カレーやスープがおすすめ!

業務スーパーの冷凍ミックス野菜は、コスパこそ100点満点ではあるものの、気になるのは食感と味!そしてとめどなく出てくる水気です。
なので、もし使い切るのなら、食感も水気もあまり気にならない「カレー」がおすすめ♪

カレーはどんな野菜を入れても美味しくできるので、困ったときにお助けメニュー!
冷凍ミックス野菜も、カレーにして煮込んでしまえば、食感の悪さは気になりませんでした。
味も、カレーにしてしまえばほぼカレーの味しかしないので、ちゃんとカバーできています。
カレーのほか、コンソメスープやポトフ、シチューにしても、水っぽさや食感の悪さが気になりにくいですよ♪

【業務スーパーで買わない!失敗!冷凍野菜2】大根おろし

手間がかかる大根おろしも、業スーなら、たっぷり1kg入りが税込み253円で売っています!
大根が安い時期だと、「1kgでも200円超えは高くない…?」と思うかもしれませんが、野菜が高い時期はかなりコスパの良い商品です。
なにより、自分ですりおろす必要がないので、時短できることも考えれば安すぎる値段です♪

お魚に添えたり、うどんやそばの薬味に用意したり…何かと使えると思って購入しました。 使うときは自然解凍するだけ、小分け冷凍もできるので使い勝手は抜群です♪

製造地も日本、使用している大根も日本産なので、安心感も十分!
良いところだらけに思えた大根おろしなのですが、2つだけ残念なポイントがありました…。

<残念ポイント1>とにかく水分が多い!

業務スーパーの大根おろしは、コスパはとっても良いのですが、とにかく水分が多いです!
1kgと書いてあったので、すごい量があると思っていたのですが…。
出てきた水気を切ったら、思っていたより量が少なくなりました。
節約主婦からすると、可食部が少ないと、どうしても損した気分になってしまうもの。
水分を入れての1kgなので、「食べられる部分は大根1本分よりも少ないのでは?」と思ってしまうくらいの量でした。

<残念ポイント2>大根の臭みが少し気になる

業スーの大根おろしは一度冷凍している分、やっぱり臭みが気になります。 ほとんどの冷凍野菜は、解凍後または冷凍のまま加熱するものが多いので、冷凍による臭いは気にならないのですが、大根おろしは解凍してそのまま食べるので、大根独特の臭みがありました。

雪見鍋で大量消費!むしろ美味しい♪

業スーの大根おろしを使い切るなら、断然「雪見鍋」がおすすめです!
雪見鍋なら、水分ごと煮込めるので、水気がたくさんでても問題なし♪
大根おろしをまるごと1袋、余すことなく使い切れて節約にもなります。

加熱すると臭みもなくなるので、ただただ美味しい雪見鍋が作れますよ。
生に大根まるごと1本をすりおろすのは大変なので、私は雪見鍋のときだけ大根おろしを買っています(笑)
鍋のほか、みぞれ煮など、煮物にしてもよさそうですね♪

【業務スーパーで買わない!失敗!冷凍野菜3】青ねぎ

あると何かと便利な青ねぎ!
いちいち切っておくのも面倒なので、冷凍の青ねぎを買っておけば便利だと思い購入しました。
値段も、1袋500gたっぷり入って税込み171円と激安!
ただ、薬味として使おうとした私にとっては、買って失敗した冷凍野菜の1つでもあるのです…。

<残念ポイント1>生で食べるのは厳しい!

しっかり説明書きを見なかった私が悪いのですが…。
業スーの冷凍青ねぎは、「生で食べることがおすすめされていません」!
パッケージ裏面には、“加熱して召し上がることをおすすめします”の記載があります。
生でも食べられないことはありませんが、私は青くさくて食べられませんでした…。
そばやうどんの薬味や冷ややっこのトッピングとして向きません。
薬味として使いたい人にとっては、あまりおすすめできない冷凍野菜です。

チャーハンやねぎ焼きなど、加熱すれば十分美味しい!

業スーの冷凍青ねぎは、加熱調理すれば青くささがなくなります。
なので、私はチャーハンの具やねぎ焼きにして消費しました。
しっかり火を通せば、生のねぎを刻んだのとほぼ変わらないので、時短調理で使うのならすごく便利です♪

【業務スーパーで買わない!失敗!冷凍野菜】まとめ

ハズレ冷凍野菜としてご紹介しましたが、調理法によっては、むしろ重宝するものもあります!
ただ、冷凍野菜は食感や臭みが気になることが多いので、「加熱調理」をすることが前提です。
用途に合わせて、業スーの冷凍野菜を上手く活用しながら、野菜高騰を乗り越えていきましょう♪

参考になりましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事