【ファイルボックス比較】無印・ニトリ・イオンも参戦!マニアが違いを徹底解説

  • 2021年03月29日更新

こんにちは。
3度の飯より片付け・収納が大好きな、横浜の整理収納アドバイザー/ヨムーノライターの長島ゆかです。 

2020年11月末〜12月頭にかけて、イオンから収納ボックスが多数発売されたのはご存知でしょうか?収納の定番、ファイルボックスもリニューアルされて発売されました。
そこで今日は、無印良品・ニトリ・イオンの三社のファイルボックスを並べて比較してみたいと思います。

※商品名は各社異なりますが、本記事では便宜上「ファイルボックス」で統一させていただきます。

今回揃えた4つのボックス

今回は無印良品・ニトリ・イオンから出ているファイルボックスのシリーズの中から、A4横型のスタンダードファイルボックスを3つと、ちょっと変わり種としてニトリの洗面台下収納「クラネ」から1つを揃えました。

どれがどれだかわかりますか?わかる方は、そうとうファイルボックス通ですね!

正解は左から

  • ニトリ 整理ボックス クラネ ハイタイプ(WH)
    幅13×奥行32.1×高さ24.1cm
    税込699円

  • ニトリ A4ファイルケース Nオール レギュラー(ホワイト)
    幅9.7×奥行32×高さ24cm
    税込399円

  • 無印良品 ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ・A4用・ホワイトグレー
    約幅10×奥行32×高さ24cm
    税込490円

  • イオン 積み重ねできるファイルボックス ヨコM
    (約)幅10.0cm×奥行き32.0cm×高さ24.1cm
    税込404.80円

です。

イオンのファイルボックスの特徴

今回11月末〜12月頭に新しく発売されたイオンのファイルボックスは、白と半透明の2種類。
サイズは幅10cmと15cmのそれぞれ2種類あります。

また、11月に発売された小物収納の16種類の「積み重ねできる」シリーズと見た目が揃うので、収納庫を同シリーズで全て揃えると圧巻の統一感を得ることができます。

販売ページを見る

・穴の形が楕円形、穴は前後にあいている
・フタも別売りで販売されている
・側面の細い隙間に別売りの持ち手をつけることで、2つのボックスを持ち歩きできる
・他の「積み重ねできる」シリーズと積み重ねられる
・高さが半分のタイプは「積み重ねできる整理ボックス L-LL」として販売されているが、素材の違いからか税込価格547.80円と価格が高くなっている
・中国製

真っ白なファイルボックスで、値段が安いという点ではニトリのボックスに似ています。
穴が楕円形になっているため、丸穴より指が入れやすいと思います。
また、丸穴では通せなかった電源コードが入るので、我が家ではフタと組み合わせて電源タップ&コード隠し(ホコリ除け)として重宝しています。

無印良品のファイルボックスの特徴

ファイルボックスのパイオニア、無印良品。
一時期、価格が700円ほどしたこともありましたが、2020年12月現在は490円とかなり買いやすいお値段になっています。
色はホワイトグレーと半透明の2種類。
サイズは幅10cm、15cm、25cmがあります。
また、高さが半分のタイプや、ひっかけて使える小物ポケットなど商品展開が豊富です。

販売ページを見る

・穴の形は丸穴、穴は前面のみ
・フタも別売りで販売されている
・フタをすることで他のボックスを積み重ねることができる
・高さが半分のタイプが税込350円で販売されている
・日本製

真っ白なボックスだと部屋で浮いてしまう、汚れが気になる、眩しく感じるという方には無印良品のホワイトグレーが重宝します。
また、店舗数が多いので、追加購入しやすいことや、デザインや仕様の変更スパンが長いので廃盤になりにくいなど、ほかの二社に比べて100円ほど高いですが、無印ブランドを買っておけば間違いなし!という安心感を得られます。

ニトリのファイルボックスの特徴

ニトリのファイルボックスも2020年4月にリニューアルされていたのはご存知ですか?
見た目には気づきにくいのですが、サイズが変更になっています。
奥行きが31.5cm→32.0cmへと変更され、ファイルやバインダーも入るようになりました。(旧タイプは入らなかった!)
逆に幅は、レギュラータイプは10cm→9.7cmに、ワイドタイプは16cm→14.5cmに変更されています。
色は白と半透明の2種類です。

販売ページを見る

・穴の形は丸穴、穴は前面のみ
・フタは販売されていない
・底脚の形状により積み重ねできなくはない(でもちょっと危ない)
・高さが半分のタイプは販売されていない
・日本製

価格が最安値で、しかも日本製。
書類だけではなく、キッチンや洗面所、収納庫などあらゆる場所で数多く使いたい、オマケ要素はいらないからとにかく安く揃えたいという方にはおすすめです。
綺麗な真っ白なので、ホワイトインテリアを目指す方にもおすすめです。

ニトリの洗面台下収納「クラネ」シリーズも注目!

ニトリのファイルボックスには、高さが半分のタイプがありません。
「見えていないと、中身を忘れてしまう」
「ボックスを出し入れせずに、直接モノをとりたい」
こんな方には、洗面台下収納の「クラネ」シリーズをファイルボックスの代わりとして使用するのはいかがでしょうか。

洗面台下のパイプを避けるために斜めにカットされた作りになっているので、普段は取りやすさ優先で低い方を手前に、来客時などスッキリ見せたい時は高い方を手前にすることも可能です。

販売ページを見る

・穴の形は楕円、穴は前後にあいている
・フタは販売されていない
・同シリーズの伸縮フリーラックを使えば、高さのあるスペースを有効活用できる
・高さが半分のタイプが499円で販売されている
・日本製

幅が13cmのため、お値段は699円と少し高めですが、10cm幅では斜めにしないと入らないような、シャンプーや洗剤のストック、洗剤スプレー、レトルト食品などにぴったりの幅です。
ストック収納やパントリー収納などで使いやすいサイズです。

収納ボックス選びは用途と目的を考えて

いかがでしたでしょうか?
収納の定番となっているファイルボックスにも、各社それぞれに特徴があります。
入れたい物のサイズ、入れたい場所のサイズ、インテリアに合う色味、買い足しやすさなど、購入前にご自分の用途と目的をしっかりと考えて、適切なボックス選びをしたいものですね!

ではでは!

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事