ダイソーの品揃えに脱帽!「バーガーボックス」「バンブーまな板」おすすめキッチングッズ3選

  • 2021年03月30日更新

こんにちは。100均に魅了されて26年、ヨムーノライターのlittlehappyです。

最近ダイソーに行くと「クオリティーが高い商品が多く、そして品ぞろえも豊富すぎる!」と感じ、最強すぎる雑貨店と思うようになりました。
26年間ダイソーに通っていますが、進化し続けるダイソーに驚くばかりです!

今回は「ダイソーの品ぞろえに脱帽!」と思った商品を紹介します。

おうちピクニックにおすすめ!「バーガーボックス」

  • バーガーボックス 1個110円(税込)
    サイズ 約12×12×9cm

カラーはアイボリーとレッドの2種類。
レトロな雰囲気がかわいいこちらの商品は、ハンバーガーを入れるためのボックスです。

深さ、高さがあるボックスなのでハンバーガーだけではなく、SNSで人気のボリュームサンドやロールサンド、フライドポテトなどを入れるのもおすすめです。

おうちで作るサンドウィッチやハンバーガーをこちらのボックスに入れるだけでピクニック気分が楽しめると思います。

ボックスを閉じる部分はフックのような構造になっているので、しっかり止めることができます。

ブラウンのベルト部分はすべて外すことができるので、隅々までしっかり洗うことができます。

パンのカットに最適!「バンブーまな板」

  • バンブーまな板 220円(税込)
    サイズ 30×22cm

ダイソーではいろいろな種類のまな板が販売されていますが、こちらはパン切り用におすすめのまな板です。

素材が竹なので硬さがあり、木のカッティングボードより傷がつきにくいかなと思います。
値段が税込220円と、とても安いので気軽に使えるのも嬉しいポイントです。

サイズが「30×22㎝」と比較的コンパクトサイズなので収納も場所をとりません。

食パンを2枚置ける大きさなのでサンドウィッチを作る時やカットするときにとても使いやすいです。

まな板のフチに溝があり、パンを切った際にでるパンくずは溝に入るのでテーブルが汚れる心配がありません。

防災セットに入れておきたい「調理用袋」

  • パカッと開封できる調理用袋 110円(税込)
    30枚入り

こちらは湯せん調理ができる調理用袋です。

湯せん調理ができる調理袋を使えば、ひとつの鍋でごはんとおかずを作ることができます。 キャンプで使用したり災害時の備えとしても注目されています。

以前にテレビで湯せん調理ができる調理用袋の特集を見たときに「災害時に限られたお湯で調理をする際に便利」ということを知り、それ以来我が家の防災セットに入れてあります。

こちらの調理袋は湯せん調理だけではなく、漬け込み料理や保存袋として使用しても便利です。

袋を触ったときに少し薄いかなと思いましたが、実際に野菜を入れた状態で袋を揉んでも破けることはありませんでした。

「これは便利!」と思ったのは、袋の底に切り込みが入っていて、そこから簡単に袋を破くことができるということです。

いつも漬物を作る時やお肉を漬け込む際は味をしみ込ませるためビニール袋をしっかり縛るので、今までは袋を開けるのが大変でした。
しかし、こちらの調理袋は切り込みが入っているので、力を入れることなくパッと開けることができます。

パカッと開封できる調理用袋は普段使いとしても、キャンプや災害時の備えとしても使えるのでとてもよい商品だと思います。

日用品を全て揃えることができる!と言っても過言ではないダイソー。特に大型店は1度の買い物ではすべての商品は見れないというほど商品が豊富です。
お近くに大型店がございましたら、ぜひチェックしてみて下さいね。

※2021年2月現在の情報です。記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

買いたい商品はありましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事