食欲覚醒!セブンイレブン「一風堂」「蒙古タンメン中本」新作レポ&アレンジ

  • 2021年03月30日更新

こんにちは。ヨムーノライターの臼井愛美です。
フードコーディネーター、料理教室主宰、WEBマガジンのライターなどをしています。 34歳3児の母です。

私は仕事の終わりに、プチご褒美で一人でラーメン屋に行くのが趣味(通称:ソロラー)。ソロラー歴20年超えで、初めて訪れる街に行く時は、その土地の人気ラーメン屋を調べてから行くほどです。

コロナ禍で自炊疲れを感じている方も多いと思います。そんな時にピッタリなのがコンビニのカップ麺!200~300円で外食の味が堪能できます!

特にセブンイレブンのカップラーメンがクオリティが高くて大好きです!今回はセブンの新作カップラーメン2種をご紹介します!

おいしい意外な食べ方アレンジも紹介します。

セブンプレミアムゴールド「一風堂 赤丸新味 博多とんこつ」

進化!セブンプレミアムゴールドの実力が底知れない‼

セブンプレミアムゴールド“一風堂 赤丸新味 博多とんこつ”300円(税込)。

以前もご紹介していますが、セブンイレブンと一風堂のコラボカップ麺。本当に美味しくて!一番好き!っていうくらいのカップ麺で文句なしのクオリティです。

そんな一風堂がリニューアルして登場! 正直、十分美味しかったのにこれ以上の伸びしろは期待していなかったのに、その想像は一口食べた瞬間に間違いだと気づきました。

麺はノンフライ麺です。チャーシュー、かやく入り粉末スープ、液体スープ、辛みそ、黒香油が入っています。

今回の違いとしては、液体スープに入っている脂の量が違う気がしまう。

それと黒香油の香りがさらによくなっている! 食欲をそそります!

赤いからみそは、ピリッと辛いので途中味変で入れることをおすすめします。 最初はとことんマイルドで楽しんで、あとからアクセントになる辛みを楽しむと2度美味しいです。

濃厚でこっくりしてとろみのあるスープは、麺に絡みついて離れない!

麺も美味しくなっています。 細麺で歯ごたえがあり、のど越しがいい。 硬麺好きの方は、30秒ほど早めに食べ始めるのがおすすです。

これ、食器にいれて出したらカップラーメンって気づかない人いるんじゃない?という麺とスープです。

チャーシューは、変わらないですが、他のカップ麺と比べると肉厚で存在感がある美味しい。

正直これを食べた時、これだけおいしいのを出してしまうと店舗に来なくなってしまうのでは?とおもってしまうほどおいしかったです(笑)

セブンプレミアム「蒙古トマタン」

大人気カップラーメン蒙古タンメン中本の新商品発売!

セブンプレミアム“蒙古トマタン”216円(税込)。

蒙古タンメン中本といえば言わずと知れた人気カップラーメンです。

「蒙古タンメン中本」の店舗でも限定メニューとして人気を博した「トマトメニュー」が数量限定でカップ麺に!

私も大好きなんですんが、初めて食べた時、激辛すぎて3口でギブアップして、辛いもの好きな長男にあげたくらい(笑)でも美味しいの!

そんな、中本はカップ麺でもチーズやカップライス、冷凍食品などさまざまなコラボをしていますが、今回はトマトが登場!

トマトラーメンは、恵比寿などでも人気なラーメン店があるほど、トマト×ラーメンは全然ありな組み合わせ!

しかも、中本×トマトという組み合わせは美味しくなりそうで期待大!

麺は、揚げ麺です。かやくはキャベツやトマトがたっぷり。

今回も後入れの辛み調味料があります。

ダイス状のトマトが入っていて、甘さがいい感じにこの辛みを柔らかくしてくれて美味しい! 強烈な辛さが少しマイルドになって、辛みに強い人だけじゃなくてもこの美味しさを楽しめます!

麺はいつもと変わらず、コシがあり歯切れのいい食感で美味しい。

最後の一滴まで食べ尽くす!

麺を食べたら、スープをアレンジして最後まで食べ尽くすのがおすすめです!

器にごは1/2膳入れて、スープを加えて、チーズは好きなだけのせる! 600Wの電子レンジで2分ほど加熱。チーズが溶けたらOKです!

チーズがとろけて、まろやかな味わいに!あればドライバジルをかればイタリアンに!洋風の味わいになるので、雰囲気が変わりまた楽しいです。

「セブンイレブンおすすめカップ麺」まとめ

カップ麺のなかでもセブンイレブンは本当に素晴らしいです!ラーメン屋に行かなくても満たされてしまう。正直私は、セブン以外のカップ麺は買わないくらいセブン推しです!

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事