子どもの作品を大事にしたい!【イケア・ダイソー他】作品収納おすすめグッズ6選

  • 2021年04月05日更新

学校から作品を持ち帰ってきて嬉しそうに見せてくれる子どもの笑顔。
子どもの作品はとても素敵で、いきいきとしていて親も力をもらいますよね。

でも、問題はその後……。「子どもの作品、どうやってしまったらいいの?問題」勃発です。

悩みを解決できるグッズはあるの?場所をとらない方法はある?
そのお悩み、きっとこれで解決できます!「子どもの作品収納」おすすめグッズをご紹介します。

子どもの作品は現物保存したい!おすすめグッズ5選

作品収納の鉄板!イケア「skubb」はがっつりしまえる

SNSで人気が高いIKEA(イケア)の「skubb」。
定番中の定番といった人気収納ボックスですが、シンプルな箱型であることと、厚みのあるものも一緒にしまえることから「子どもの作品をしまうのにベスト!」との声が多数!

サイズ展開も多く、一番小さいサイズでも縦55cm×横44cm×高さ19cmあるので、「四つ切(縦54cm×横38cm)」も折らずに収納することができます。価格は999円(税込/2021年3月現在)。

「これでも入りきれない……でも一つにまとめたい」という時は、もう一つ上の中サイズがおすすめ。
こちらは縦55cm×横69×高さ19cmとぐっと大きくなります。それでも入らない時は一番大きいサイズの縦55cm×横93cm×高さ19cmなら、大概の作品は収納できるかも!?

カラーはホワイトとブラックの2色あります。縦にも横にも置けるのも魅力ですね。

数必要ならダイソーの「skubbそっくり!?」収納ボックス

実はダイソーに「イケアのskubbそっくり!」と話題の商品があります。それがこちらの「ベッド下収納ボックス」です。

サイズは縦60cm×横40cm×高さ17cmと、skubbの小サイズ(縦55cm×横44cm×高さ19cm)と似たサイズ感。「四つ切(縦54cm×横38cm)」画用紙もすっぽり入ります。

これで価格は440円(税込/2021年3月現在)とIKEAと比べても格安だから、兄弟が多い家庭や、どうしても複数ほしいならばこちらのほうがお買い得!?

カラーはブラックとグレーの2色。残念ながらホワイトはないので、ホワイトが良い場合はイケアのskubbがおすすめです。

キャンドゥ「A3アクティブファイルケース」

子どもの作品で一番多いのが「絵」ですよね。
そうなると間違いなく「画用紙」を持ち帰ってくるわけです。

通常、事務用が主流なのでファイルケースとなるとA4サイズが多い印象ですが、キャンドゥであれば「A3」サイズのファイルケースがあります。
家にあるファイルでは入らなかった子どもの作品もこのサイズなら入るものも!また2.5cmくらいまでの厚みなら入れることもできるので、多くの枚数を一度に収納することもできます。

「絵だけを保管したい」
「アルバムみたいにすぐに見られるように本棚に」

こんなに気軽に増やせて手軽なファイルケースは他にないかも!?
価格は330円(税込/2021年3月現在)。

コストコでも買える!「作品ファイル」は秀逸

子どもの作品などをしまう専用のファイルもあります。それがレイメイ藤井の「作品ファイル」。
サイズは、縦45cm×横29.5cm×高さ4.5cmとまさにA3サイズ。でもパカーンと開くと「四つ切(縦54cm×横38cm)」も収納することができるという優れもの!

また、ポケットが6つあり、CD・DVDも8枚まで収納可能。幼稚園や学校からDVDやCDRを配布されることも最近はよくあるので、一緒に収納できるのはありがたいですね。DVDポケットは使用しない場合は、子どもが書いてくれた手紙や折り紙を入れておいても素敵。

カラーはピンク、ブルー、ホワイトの3色。楽天市場やAmazonなどでも購入かのうですが、コストコの公式オンラインストアでは5個セットで4,498円(税込/2021年3月)と、1個900円ほどでお得に購入可能ですよ。

tower新商品「作品収納ボックス」!四つ切もそのまま収納可能

towerから今年新発売され話題になったのが「作品収納ボックス」。
厚紙でできたボックスですが縦66cm×横45cm×高さ12cmあり、「四つ切(縦54cm×横38cm)」がすっぽり入ると評判です。奥行も12cmあるので立体的な作品も入りそう!

自分で組み立てる必要がありますが、説明書を見ながらつくるととても簡単に組み立てられるそうですよ。(説明書を読まずに作って失敗したというコメントも見かけるので、よく読んでから作ってくださいね。)

色はホワイトの他にブラックがあります。価格は2個セットで3,520円(税込/2021年3月現在)です。

「違う形で保存」する派のアイデアも素敵!

撮影して画像をフォトブックにすればいつでも見られる

 

現物を保存しておくのには限界がある……ここはきっちり「思い出」として線引きをして、画像保存するご家庭も多いのではないでしょうか。
しかし撮影した後、そのままになっているのであれば、このように「フォトブックにまとめる」という方法が素敵!

昨今スマホで撮影した画像を簡単にフォトブックにできるアプリもいろいろ出てきています。「アプリ フォトブック」で検索すれば出てくるので、空いた時間に気軽にまとめることができますよ。

アプリ活用が苦手な人は、写真を現像して100均のアルバムに入れるだけで、都度「子どもの作品集」が更新できます。いつでも気軽に見返すことができるし収納場所にも困らない、作品収納の最終形ですね!

子ども時代はあっという間!思い出を大事にしましょう

「子どもがつぎつぎ作品を作って持って帰ってくる」「子どもの工作が場所をとる」と悩んでいるのも今だけの話。
子どもはあっという間に大きくなり気がつけば、工作を持って帰ってくることもなくなっていきます。“今”の子どもの想いと情熱が注がれた作品、ぜひ上手に保存しておきたいですね!

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事