忙しい人の"神"調味料「カンタン酢™」時短レシピ!1本で味がキマる「主菜&副菜おかず」10選

  • 2021年04月20日公開
  • PR

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

家族の在宅時間が増えた今は、家事・子育ての負担が増!加えて、暮らしや環境に変化の多い新生活シーズンを迎えました。

「毎日3食のごはんを考えて作るのは、本当に大変!」
「少しでも時短で手間なく、でも美味しい料理をつくりたい......」

そんな、忙しい人の「ごはんづくりの悩み」にずばり答えてくれるのが、“時短料理”の救世主「カンタン酢™」です。

「カンタン酢™」は、1本あればおいしく味がととのい、失敗なく味がキマる万能調味料。「主菜」も「副菜」も、あっという間に完成します。

今回は、料理研究家の関岡弘美さんに「カンタン酢™」を使った、今すぐ食卓に取り入れたい「時短おかず」を考案していただきました。「カンタン酢™」の“うまみ”が活きるポイントと、おすすめの主菜・副菜を、厳選してご紹介します。

今回、レシピを考案したのは

【監修者紹介】料理研究家 関岡弘美さん

大学卒業後、出版社で食育誌の編集に携わり、園児のおべんとうなどのテーマを幅広く担当。その後渡仏し、 料理、製菓、ワインのプロに。現在は、本格的なフランス料理から、手軽につくれる家庭料理、お菓子まで幅広いレシピを提案する料理研究家として活動。NHK「きょうの料理」などのテレビや雑誌、広告などで活躍するほか、自宅にておもてなし料理とワインの教室を主宰。著書に、『10分・15分・20分でできる 毎日かわいい 園児べんとう』(成美堂出版)など。一児の母。
関岡先生

1本で味がキマる!「カンタン酢™」のうまみと活用のポイント

時間がなくても大丈夫!味付けが“1本で”キマる

まろやかな酸味と、甘み、旨味などのバランスが絶妙にとれた「カンタン酢™」。難しそうに見える料理でも、料理が苦手な人でも、これ1本で味が一発でキマります。忙しい時に、簡単に味付けができるのは嬉しいですね。

“ちょい足し”で、おいしさ&レパートリーが広がる

使う食材は、肉、魚、野菜など、どんな食材にもよく合います。
煮詰めたり、ドレッシングにしたりと、調理法を変えるだけで、まったく違う味付けになるので、味に飽きることもありません。また、家にある調味料と組み合わせるだけで、さらに違うメニューにも早変わり。味のバリエーションが広がります。

「カンタン酢™」には、“調味酢”ならではの「おいしさ・使いやすさ」があります。
そこで、食酢・みりん・たれカテゴリーのマーケティング戦略・ブランド戦略に携わる、ミツカン MD本部 商品企画部の吉田尚史さんに、「一発で味がキマる」秘密について伺いました。

1本で「味がまとまる」理由

「カンタン酢™」は、酸味をベースとして、あらかじめ、砂糖・塩などでまろやかな味わいに仕上げているので、「失敗せずに」味がととのうようになっています。
一から合わせ酢を作ると手間がかかる上、酢を入れ過ぎてしまうと味がばらつきやすいですが、簡単に、いろいろな主菜・副菜メニューの味をこれ1本でまとめることができます。(吉田さん)

ジャンルを問わず「使いやすい」理由

さらに、“幅広いメニュー”の味がまとまる味に仕上げています。「カンタン酢™」には、ミツカン伝統の「米酢」と「りんご酢」を使用しています。
マイルドな酸味で、酢の物・お寿司など和風料理によく合う「米酢」と、きりっとした酸味で、ピクルス・マリネなどの洋風料理によく合う「りんご酢」をバランスよく仕上げていますので、ぜひ、幅広いメニューにチャレンジしていただきたいです。(吉田さん)

さっそく、関岡さん考案「カンタン酢™」のおいしさを活かした珠玉の「主菜・副菜おかず」をご紹介します。

【主菜】の「時短レシピ」厳選BEST7

①鶏もも肉をジューシーに!「揚げない酢鶏」

たっぷりの油で揚げなくても、鶏肉に粉をまぶして焼くだけで、ジューシー。
「カンタン酢™」を煮詰めるだけのたれも、しっかりからんでうまみたっぷりに仕上がります。

【材料】(2人分)

鶏もも肉…1枚
玉ねぎ…1/2個
にんじん…1/2本
水...大さじ1
塩…ひとつまみ
小麦粉…大さじ1
「カンタン酢™」…50ml
ケチャップ…大さじ1
サラダ油…大さじ2

【作り方】

  1. 鶏肉は一口大に切り、塩をもみ込んで表面に小麦粉をまぶす。玉ねぎとにんじんは一口大に切る。
  2. 耐熱ボウルに1のにんじんと水を入れ、ふんわりとラップをかけて、600Wの電子レンジで2分加熱する(※)。
  3. フライパンにサラダ油を中火で熱し、1の鶏肉を皮目を下にして焼く。ときどき面を変えながら、5分ほどかけて中まで火を通す。1の玉ねぎと2のにんじんを加えてさっと炒め合わせ、「カンタン酢™」とケチャップを加えて炒め合わせる。

【時短のポイント】

固い野菜も下ゆでの必要なし、電子レンジ加熱で肉と同時進行できます。

※電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても、沸騰しないことがごくまれにあります。この状態の液体が、ちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります。(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。

 

②シャキシャキ食感に濃厚タレ!「れんこんのはさみ焼き甘酢だれがらめ」

ふんわりひき肉とシャキシャキれんこんのコントラストがおいしい一品。
「カンタン酢™」をからめながら煮詰めていくと、コクのあるタレに変身!
照りも出て、食欲をそそる見た目に仕上がります。

【材料】(2人分)

れんこん…200g
豚ひき肉…160g
下味の材料
 ・塩…少々
 ・ねぎ(みじんぎり)…40g
 ・しょうが(すりおろし)…1かけ分
 ・水、片栗粉…各大さじ1
「カンタン酢™」…大さじ4
しょうゆ…小さじ1
サラダ油…大さじ1/2
片栗粉…適量

【作り方】

  1. れんこんは12枚の輪切りにし、5分ほど酢水(分量外)にさらして水気を拭く。
  2. ボウルにひき肉と下味の材料を入れ、よく混ぜる。れんこんの両面に片栗粉を薄くまぶし、肉だねを1/12量ずつれんこんに乗せ、穴に押し付けて詰める。肉だねを内側にして2枚1組にしてれんこんをくっつける。
  3. フライパンにサラダ油を中火で熱し、れんこんを並べて焼く。焼き色がついたら上下を返してふたをし、弱火で約5分蒸し焼きにする。
  4. 「カンタン酢™」としょうゆを回しかけ、水分がなくなるまで煮詰めながら表面全体にからめる。

【時短のポイント】

食材は、れんこんとひき肉の2つだけ。蒸し焼きにすることで、5分で火が通ります。

③子どもも大好きな味!食べ応え満点「エビマヨ」

えびに粉をふって焼けば、ボリューム感が出て味もからみやすい!
酸味と甘みのバランスがほどよい「カンタン酢™」なら、マヨネーズ&ケチャップを混ぜるだけで簡単に味がキマります。

【材料】(2人分)

えび(バナメイなど、殻付き)…12尾
下処理の材料
 ・塩…小さじ1/2
 ・酒…大さじ1
片栗粉、サラダ油…各適量
「カンタン酢™」…大さじ1
マヨネーズ…大さじ2
ケチャップ…小さじ1
レタス(せん切り)…2~3枚
かいわれ大根…1/2パック

【作り方】

  1. えびは尾を残して殻をむき、下処理の材料をもみ込んで冷水で洗う。水気を拭いて、片栗粉を表面にまぶす。
  2. フライパンにサラダ油を中火で熱し、えびを焼く。上下を返しながら3分ほど焼いて中まで火を通す。
  3. ボウルに「カンタン酢™」とマヨネーズ、ケチャップを混ぜてえびを加え、表面全体にからめる。レタスとかいわれ大根を敷いた器に盛る。

【時短のポイント】

「カンタン酢™」と家にあるマヨネーズ、ケチャップを混ぜるだけ。野菜のドレッシングにもなるので、一石二鳥です。

④香ばしいタレがたまらない!「つくねの甘酢照り焼き」

鶏ひき肉さえあれば、かんたんに作れるつくね。
煮詰めた「カンタン酢™」をからめれば、お店で食べるような、輝きのあるうまみたっぷりの照り焼きになります。

【材料】(2人分)

鶏ひき肉…200g
玉ねぎ(みじん切り)…100g
しょうがのすりおろし…大さじ1/2
ピーマン…3個
片栗粉…大さじ2
卵…1/2個分
塩…小さじ1/4
「カンタン酢™」…大さじ5
サラダ油…大さじ1/2

【作り方】

  1. ボウルにひき肉、玉ねぎ、しょうがのすりおろし、片栗粉、卵、塩を入れ、粘りが出るまでよくこねる。6等分して丸め、上下をつぶして少し平らにする。ピーマンはへたをよけて縦3等分に切り分け、種を除く。
  2. フライパンにサラダ油を中火で熱し、つくねを並べる。焼き色がついたら上下を返し、ふたをして弱火で3分蒸し焼きにする。
  3. ふたを外して、ピーマンを加え、さっと焼く。「カンタン酢™」を加え、水分がなくなるまで煮詰めながらつくねの表面全体にからめる。

【時短のポイント】

焼いたフライパンでそのまま調味料を煮詰めるだけ。付け合わせも、火の通りやすいピーマンを同じフライパンで時間差加熱します。

⑤鶏むね肉の最強おつまみ!「蒸し鶏の酢ねぎだれがけ」

パサつきがちなむね肉は、「カンタン酢™」をからめ、レンジ蒸しでしっとりに。
ねぎだれも、「カンタン酢™」を混ぜるだけで、アッという間に味がキマります。

【材料】(2人分)

鶏むね肉…1枚
「カンタン酢™」…大さじ2
ねぎだれの材料
 ・長ねぎ(みじん切り)…50g
 ・「カンタン酢™」…大さじ3
 ・しょうゆ…大さじ1
 ・ごま油…小さじ1

【作り方】

  1. 耐熱の器に鶏肉を入れ、「カンタン酢™」を加えて表面全体にからめる。ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで2分30秒加熱する(※)。上下を返して、さらにふんわりとラップをかけ2分30秒加熱し、ラップをしたまま冷ます。
  2. ボウルにねぎだれの材料を入れ、よく混ぜ合わせる。冷ました鶏肉を食べやすくスライスし、器に盛ってたれをかける。

【時短のポイント】

加熱は電子レンジだけ。余熱でしっとり火を通している間にねぎだれを混ぜるだけで完成です。

※電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても、沸騰しないことがごくまれにあります。この状態の液体が、ちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります。(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。

 

⑥豚バラの濃厚スープにやみつき!「豚とキャベツのサワー煮」

スープは「カンタン酢™」と水だけ!
コクがあるのにさっぱりしているので、豚も野菜もたっぷり食べられます。

【材料】(2人分)

豚バラ肉(焼き肉用)…180g
塩…ひとつまみ
キャベツ…300g
玉ねぎ…1/2個
にんにく…1/2かけ
「カンタン酢™」…150ml
水…300ml
粗びき黒こしょう…少々
オリーブオイル…大さじ1/2

【作り方】

  1. 豚肉は塩をふって5分ほどおく。キャベツはくし切りに、玉ねぎは幅2㎝に切る。
  2. 鍋を中火にかけて豚肉を焼きつけ、「カンタン酢™」と水を加える。煮立ったら、キャベツ、玉ねぎ、にんにくを加え、ふたをして20分煮る。器に盛り、粗びき黒こしょうをふってオリーブオイルをまわしかける。

【時短のポイント】

味付けは、「カンタン酢™」1本のみ。豚と野菜を一緒に煮込むだけなのに、具材のうまみがしっかり感じられる濃厚な味わいになります。

⑦食がすすむ!絶妙な酸味の「鮭のエスカベッシュ」

マリネに使う調味料は「カンタン酢™」だけ。
魚と野菜の旨味が酸味とうまくマッチして、コクのある仕上がりになります。

【材料】(2人分)

生鮭…2切れ
玉ねぎ…1/4個
パプリカ(赤・黄)…各1/4個
にんにく(みじん切り)…1かけ
「カンタン酢™」…大さじ4
オリーブオイル…大さじ1
塩…小さじ1/3
小麦粉、揚げ油…各適量

【作り方】

  1. 鮭は皮を除いて3等分に切り、塩をふって5分おく。玉ねぎとパプリカは薄切りにする。
  2. 鮭から出てきた水けをペーパータオルで拭き取り、小麦粉を薄くまぶす。フライパンに深さ1㎝の揚げ油を中温(170℃)で熱し、鮭を揚げる(※)。上下を返しながら4分ほど揚げ、表面がカリっとしたら取り出し、バットなどに入れておく。
  3. フライパンの油を除き、オリーブオイルとにんにくを入れて中火にかける。香りが立ってきたら玉ねぎとパプリカを加えてさっと炒め合わせ、「カンタン酢™」を加える。2の鮭にかけ、ときどき上下を返しながら15分以上浸す。

【時短のポイント】

鮭は揚げ焼きでOK。さっと炒めた野菜に「カンタン酢™」をからめるだけで、マリネ液が完成します。

※IHクッキングヒーターをご使用の場合は、深さ1㎝(200ml)以上の油を入れてください。詳しくは、取り扱い説明書をご確認ください。

【副菜】の「時短レシピ」厳選BEST3

①食感と野菜の甘味が最高!「キャベツとにんじん、しらすの甘酢和え」

塩もみした野菜を「カンタン酢™」で和えるだけ。
野菜の優しい甘みを、「カンタン酢™」がぐっと引き立ててくれます。

【材料】(2人分)

キャベツ…160g(3枚程度)
にんじん…20g(2cm程度)
しらす…40g
塩…小さじ1
「カンタン酢™」…大さじ3

【作り方】

  1. キャベツは細切りにし、にんじんはせん切りにする。塩を水1カップに溶かして5分ほど浸し、軽くもんで水気を絞る。
  2. しらす、「カンタン酢™」を加え、全体をよく和える。

【時短のポイント】

「カンタン酢™」一つで和えるだけ。味付け調味料をそろえる手間いらずです。

②シャキッとさっぱり!「大根とツナの酢サラダ」

サラダのドレッシングも、「カンタン酢™」であっという間。
さっぱり野菜とうまみのあるツナを、「カンタン酢™」の酸味と甘みが一つにまとめてくれます。

【材料】(2人分)

大根…5㎝(150g)
水菜…50g
ツナ…1缶(70g)
「カンタン酢™」…大さじ2
ごま油…大さじ1

【作り方】

  1. 大根は皮をむいて細切りにする。水菜は長さ4~5㎝に切る。ツナは缶汁をきる。
  2. ボウルに「カンタン酢™」とごま油を入れてよく混ぜ、大根、水菜、ツナを加えて和える。

【時短のポイント】合わせるタンパク質はツナ缶で簡単に。切った野菜と和えるだけです。

③お酒も進みそう!大人の味わい「きゅうりの酢みそ和え」

酸味が立ちがちな酢みそ和えも、「カンタン酢™」ならまろやかな味わいに。
下処理いらずの“かにかま”で、彩りと旨味を簡単にプラスしています。

【材料】(2人分)

きゅうり…2本
かに風味かまぼこ…60g
塩…小さじ1
「カンタン酢™」…大さじ2
白みそ(塩分5~7%のもの)…大さじ2
白いりごま…少々

【作り方】

  1. きゅうりは薄切りにし、塩を水1カップに溶かして5分ほど浸す。軽くもんで水けを絞る。かに風味かまぼこは、斜め半分に切る。
  2. ボウルに「カンタン酢™」と白みそを入れて溶き混ぜる。きゅうり、かに風味かまぼこを加えて和え、白いりごまをふる。

【時短のポイント】

「カンタン酢™」を「和えるだけ」なのに、手の込んだ一品のような、大人の味わいに仕上がります。

「時短おかず」は、味付け一発「カンタン酢™」でキマり!

忙しい時はもちろん、「時短おかず」のレパートリーを増やしたい!そんな時、「カンタン酢™」が、毎日の食卓に大活躍します。

ぜひ、この機会に「カンタン酢™」で、幅広い「主菜・副菜おかず」を楽しんでみてくださいね。

「カンタン酢™シリーズ特設ページ」

ヨムーノメイトも実践!「カンタン酢™」で絶品おかず

▼こちらもご覧ください。

15分で超ラク!カンタン酢™「1本でキマる」VS「調味料ちょい足し」絶品おかず8選

作り置きに役立つメニューがいっぱい!こちらもご覧ください

※2021年4月20日時点の情報です。
撮影/松本祥孝
提供/株式会社Mizkan 

特集記事

連載記事

新着記事