バカ売れでも買わない【久世福商店】人気ごはんのお供に明暗「期待はずれVS 一口でどハマり」

  • 2021年05月27日更新

こんにちは!話題のグルメ、一度は食べてみたいと思うヨムーノライターの相場一花です。

近年急激に注目度を増してきたショップはいくつかありますが、その中のひとつが「久世福商店」だと思っています。テレビや雑誌、WEBメディアで取り上げられているのを見てから、久世福商店へ足を運ぶようになりました。

今回は、久世福商店の人気商品「食べる、だし醤油」と「食べる、すき焼き」を紹介します。

ごはんがワンランク上の味わいになる、久世福商店「ごはんのお供」

久世福商店には、ごはんのお供と呼ばれる瓶詰の商品が多数販売されています。ごはんの上にさっとのせるだけで、食べ出したら止まらなくなる、ワンランク上の上品なごはんタイムを過ごすことができるでしょう。

近年では各メディアでも時々取り上げられていることもあり、知名度は徐々に上がっているのではないでしょうか。

数年前、私の周りで「久世福商店」という単語が出てくる場面はありませんでしたが、今ではたまに「久世福商店」の話題があがるようになりましたね。

久世福商店「ごはんのお供」は価格帯は高めではあるものの、一度試したら「あれもこれも」と食べてみたくなる衝動が芽生えてきました。

今回は、「食べる、だし醤油」と「食べる、すき焼き」を買ってきましたので、紹介します。

ちょこっとかけたい・久世福商店「食べる、だし醤油」140g/626円(税込)の正直レポ

月間販売実績1万個と、久世福商店の中では人気商品の部類に入ると思われる久世福商店「食べる、だし醤油」626円(税込)。

140gで626円(税込)はちょっと値段設定が高いのではないかと感じていますが、老舗醤油蔵の国産大豆と米こうじを使用しているとのことで納得はいきます。

お皿に盛ってみると、大豆の形がそのまま残っていました。醤油と奥深い大豆が混ざりあったかおりが鼻をついてくる……。

私の祖父母は醤油味噌工場を経営しているのですが、醬油味噌工場内のかおりにそっくり。個人的には既視感がありました。

ごはんのお供としては微妙かも

「ごはんのお供」ということで、まずはスタンダードにごはんの上へとかけてみました。ごはんと一緒にいただいてみると……醤油っぽい味が濃すぎて「醤油ごはん」を食べている気分に……。

好きな人は好きかもしれませんが、味が濃すぎてごはんには合わないのではないかと思いました。ごはんの上にかけるにしても、「食べる、だし醤油」はごく少量で良いと思います。

夫に「醤油と大豆の味が濃すぎて、すごく塩っぽい」とのこと。ちなみに、食塩相当量は6.1g/100g。

一気に100g使うことはないため実際にはとんでもなく塩分が高いわけではないものの、醤油と大豆の味がきつすぎて塩っぽい味がするという意見には同感です。

豆腐やトマトなどには◎

ごはんのお供なのに、ごはんとの組み合わせがイマイチ……。

でしたが、豆腐やトマトと組み合わせてみると、味の濃さが気にならなくなり、上品で深みのある「食べる、だし醤油」の味わいが最大限に活かされました。

個人的には、トマトとの組み合わせがおすすめ。トマトの酸味と奥深い大豆の味わいがマッチしています。

いつものそっけないトマトが一気にお店で出てくるような高級トマトのように……。夫や子ども達に大好評でしたよ。

続いては、久世福商店「食べる、すき焼き」をみていきましょう。

甘めの味付け・久世福商店「食べる、すき焼き」130g/626円(税込)の正直レポ

すき焼きの旨味を凝縮させたのだという久世福商店「食べる、すき焼き」。ごはんやうどん、豆腐など、なんにでもマッチするとのことです。

本醸造生醤油と五分生引きたまり醤油をブレンドさせ熟成させたとのことで、素材へのこだわりが垣間見えますね。

えのき茸、香味ビーフオイル、乾燥野菜(白菜、ねぎ)などの形が残った状態で入っていました。ペースト状になっていると思っていましたので、びっくり。

ひとくちつまんでみると「すき焼の旨味を凝縮」というフレーズがぴったりな味わい。すき焼きです。味付けは甘め。

ごはんとの組み合わせ抜群

まずは、ごはんの上に「食べる、すき焼き」と生たまごをのせて食べてみることに。これは組み合わせ最高ですね!甘みのすき焼きに生たまご、そしてごはん……。合わないわけがありません。おいしい!

朝ごはんや夜食なら、「食べる、すき焼き」生たまごごはんで、満足します。

用意する側としても簡単ですし、いざという時にも便利かも。

うどんにも合う!

うどんとも組み合わせてみました!

生たまごを入れない状態ではすき焼きの味が主張しすぎていてくどい気がしましたが、生たまごを入れるとまろやかさが加わり、すき焼きの主張が強くなり過ぎずにちょうどいい塩梅に。

すき焼き味のうどん。めんつゆなかった!なんて時でも「食べる、すき焼き」があれば安心。しかも、いつもとは違ったワンランク上の味わいになり、家族も大喜び。使い勝手も最高です。

久世福商店のごはんのお供、ごはんには合わない商品もあるようですが、使い勝手は良くて上品な味わい。機会があれば、チェックしてみてくださいね。

久世福商店の商品はネットでも買える

今回紹介した「食べる、だし醤油」と「食べる、すき焼き」をはじめ、久世福商店の商品は公式オンラインショップを介して購入可能です。

店頭まで足を運べない人はもちろんのこと、まとめ買いしたい人にもおすすめ。

公式オンラインショップから購入すると、タイミングによってはセールもしてますしお得です。また、ラッピングやのし対応もしていますので、ギフト用としてもぴったりですね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ