インスタントラーメン【美味しくする方法】たった3つのコツでお店風

  • 2021年06月09日更新

みなさんこんにちは、管理栄養士でヨムーノライターのmihoです。

インスタントラーメンは、手軽に自宅で食べられるので常備している方も多いのではないでしょうか。色々な味が販売され、アレンジレシピも人気になっていますよね。

そんなインスタントラーメンが、ちょっとした工夫でおいしく変わる方法があるんです。特別な材料も必要なく、簡単にできる技は必見ですよ!

今回は『あさイチ』で紹介されていた、「インスタントラーメンを劇的に美味しくさせる 」裏技を同じように実践し、食レポしていきたいと思います。

インスタントラーメンを美味しくする方法①野菜は付属のスープをかけてレンチン

今回私は、3分茹でる液体スープタイプの袋麺を使用しました。(※液体スープは油分が入っているものもあるため、電子レンジで加熱する際は、分量を守って調理しましょう)

麺にトッピングする野菜を用意し、耐熱皿にのせます。にんじんなど火の通りにくい野菜は、少量を細切りにするなど、工夫をすると◎。

そこに付属のスープを一食分あたり小さじ1/2回しかけます。あとはふんわりラップをして、電子レンジで加熱するだけ!

今回は2食分作ったので、用意したカット野菜(150g)にスープ小さじ1を回しかけ、電子レンジ(500W)で2分加熱しました。

加熱時間の目安は、4人前で(500W)4分ですが、野菜の種類や加熱後の放置時間などで火の通り方は変わってくるので、短めに加熱し、様子を見て追加加熱していくといいかと思います。

インスタントラーメンを美味しくする方法②麺を入れて2分ほぐさない

鍋に水を入れ、加熱します。水分が蒸発しないように蓋をして下さい。沸騰したら、インスタント麺を投入!

麺が少し浮いてきても、沈めたり、ひっくり返したりしなくてOKです。そのまま2分間茹でます。

インスタントラーメンを美味しくする方法③残り1分、麺の1本1本を箸でほぐす

2分経ったら、箸を使って麺をほぐし、1分茹でます。茹で終わったら火を止め、丼にスープを作って、麺を投入すれば完成!

もしご家族など複数人分作る場合は、鍋に直接スープを入れたほうが味が均一になるのでおすすめですよ。

インスタントとは思えない本格的な麺に!

(左:麵を入れてすぐほぐした麺、右:裏技で作った麺)

写真では違いが判りませんが、実際に食べてみると麺の食感が全然違います。
すぐほぐしてしまった麺は、単体で食べれば気になりませんが、比較するとそのふにゃっとしたやわらかさが際立ちます。

そして裏技で作ったラーメンは、モチモチとした弾力のある麺の食感が感じられました。これは、麺がまだ硬いうちに箸を入れてほぐしてしまうと、麺が割れたりひびが入ってしまい、コシが無くなってしまうからなんだそうです。

レンチンした野菜は程よくシャキシャキ感が残っており、スープとなじみやすく、フライパンで炒めなくても、十分おいしくいただけました!

家庭で簡単においしいインスタントラーメンを!

インスタントラーメンを茹でる時、ほぐす時間に気を付けるだけなので、どなたでも簡単に実践できちゃいます。

またトッピングの野菜も、フライパンで炒める必要がなく、かつおいしく仕上がるのは嬉しいポイント。

みなさんもインスタントラーメンを作る際はぜひやってみて下さいね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事