あのイケメン「新四天王」最強コンビに悶絶♡カムバックまでに絶対見たいパクボゴム名作必見

  • 2021年09月09日更新

こんにちは、ドラマと映画のことならお任せ!ヨムーノライターのはるです。

今回は、韓国ドラマ「賢い医師生活」シーズン2の放送を控える脚本家イウジョンとシンウォンホ監督コンビによる人気ドラマ「応答せよ」シリーズ第3弾「恋のスケッチ 応答せよ1988」を紹介していきます。

韓国新四天王の一人、パクボゴム演じる純情青年テクと横町の温かさに、ぜひ魅了されてくださいね。

韓国ドラマ「恋のスケッチ 応答せよ1988」

双門洞の横町に暮らす5家族の子ども、ドクソン(ヘリ)、ジョンファン(リュ・ジュンヨル)、ソヌ(コ・ギュンピョ)、ドンリョン(イ・ドンヒ)、テク(パク・ボゴム)は小さい頃から一緒に過ごしてきた幼馴染。

天才囲碁棋士のテク以外は高校2年生で、進路について考える時期に差し掛かっていました。そんな中、女子校の友人たちに「ソヌはドクソンを好きなのでは?」と言われたドクソンは、ソヌのことを意識し始めます。

しかし時を同じくしてジョンファンもドクソンを意識し始めてしまい……。

DVD-BOX1

DVD-BOX2

DVD-BOX3

韓国ドラマ「恋のスケッチ 応答せよ1988」の見どころ

©CJ E&M Corporation, all rights reserved.

助け合い精神溢れる横町の温かさ

全編において、横町に住む人たちの温かさが溢れている本作。初回から繰り広げられるおかず交換(子供達が各家に配りにいく)や、ミラン、イルファ、ソニョンが集まってまとめておかずの下拵えをする姿(お酒を飲んだり世間話をしたりしながら)など、実際やるには難しいけれど良いなぁと思う場面が多くありました。

他にも、苦労している人には隣人同士でそっと手を差し伸べたり、頑張ろうとしている人を積極的に応援したりと、地域全体で助け合うことが当たり前の空気がとても素敵。

個の力で問題を解決することに比重が置かれている息苦しい現代だからこそ、当たり前のように家族の枠を超えて地域で支え合う人々の姿が、とても魅力的に映りました(ノスタルジーだけでなく、その時代の問題に触れているのも魅力)。

惚れやすいドクソンが結婚するのは?

相手が自分のことを好きだと思うと、好きになってしまう惚れっぽいヒロイン・ドクソン。本作では「応答せよ」シリーズ恒例の“ヒロインが誰と結婚したのか”を推測しながら観る面白さがあります。

彼女を好きなのに、友情を壊したくないという理由から告白を諦めるなど、切なく複雑な3角関係は必見です。一体誰がドクソンと結婚するのか、ぜひ前情報なしで観てみてくださいね。

併せて観て欲しい「花より青春 アフリカ編」

本作を観終わった後にぜひ観て欲しいのが、バラエティ番組「ユン食堂」や「3食ごはん」などでお馴染みの人気プロデューサー、ナ・ヨンソクが手がける「花より青春 アフリカ編」です。

これまでにペルー編、ラオス編、アイスランド編が放送されている本シリーズ。そんな人気バラエティ番組のアフリカ編には、ドラマ「恋のスケッチ 応答せよ1988」の双門洞4兄弟であるテク(パクボゴム)、ジョンファン(リュジュンヨル)、ソヌ(コギョンピ)、ジョンボン(アンジェホン)が出演しました。

個人的には、ドラマの中で重要な恋のアシストを決めていたドンリョン(イドンヒ)にも出演してほしかったのですが、ナPDがドラマの第1話を視聴した時点でキャスティングしており、イドンヒはスケジュールの調整が間に合わなかったそう。残念です。

本作はパクボゴムの飛行機乗り遅れや、リュジュンヨルの入浴撮影アクシデントなど、初回から見どころ満載。

他にも当時SNSでの発信がきっかけで辛い時間を過ごしていたコギョンピの涙シーンや、パクボゴムの家族の話など、しんみりとなるシーンもあるのでぜひチェックしてみてください。アフリカの旅を通してさらに仲を深めていく4人の姿は要チェックです。

※ドラマ本編のネタバレもあるので、ドラマが観終わってから視聴してくださいね。

気になるドラマを観て”Stay Home”を楽しみましょう

「賢い医師生活」コンビの大ヒットドラマシリーズ第3弾「恋のスケッチ 応答せよ1988」を観て、ぜひ楽しいおうち時間を過ごしてくださいね。

Netflixでご覧になれます▶︎

DVDも販売しています。

DVD-BOX1

DVD-BOX2

DVD-BOX3

※作品は予告なく配信終了となることがございます。
※2021年6月時点での情報です。

【最新】パクボゴム主演「韓国ドラマ」おすすめ記事

2021年7月に主演映画「SEOBOK/ソボク」が公開される人気俳優パクボゴム。これまでに彼が出演したおすすめ「韓国ドラマ」5作品を紹介します。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事